さぶの気ままな山旅

アクセスカウンタ

zoom RSS ハライド・国見岳・青岳・笠岳・菰野富士〜コブ尾根のアカヤシオ〜

<<   作成日時 : 2017/04/28 23:50   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年4月28日(金) 鈴鹿のハライド・国見岳などへ登ってきました。

画像


今回のルート:近鉄湯の山温泉駅(7:23)〜菰野富士(369m)(8:00-8:10)
         〜希望荘(8:24)〜笠岳分岐(8:52)〜笠岳(547m)(9:00-9:04)
         〜風越峠(9:20)〜南コブ(723m)(9:42-9:55)
         〜ハライド(908m)(11:29-11:58)〜腰越峠(12:07)
         〜ハライド・山岳寺跡分岐(12:31)〜きのこ岩(12:51)
         〜青岳(1,102m)(12:57)〜国見岳(1,175m)(13:12-13:20)
         〜ゆるぎ岩(13:32-13:37)〜国見尾根南端岩場(13:55-14:04)
         〜藤内小屋(14:45)〜裏道一合目(15:23-15:31)
         〜三交湯の山温泉バス停(15:36)

交通(行き):大曾根(5:53)==<JR>==(6:06)名古屋・・・近鉄名古屋(6:10)
        ==<近鉄>==(6:43)近鉄四日市(6:50)==<近鉄>==(7:23)湯の山温泉
   (帰り):三交湯の山温泉(15:45)--<三交バス>--(15:52)湯の山温泉(15:59)
        ==<近鉄>==(16:25)近鉄四日市(16:28)==<近鉄>
        ==(17:03)近鉄名古屋・・・名古屋駅(17:16)--<市バス>
        --(18:06)上飯田

天候: 晴


ハライドへのコブ尾根のアカヤシオが見頃のようだったので歩いてきた。
近鉄湯の山温泉駅から歩き始め、途中で菰野富士にまだ登って無かったので立ち寄ることにした。
清気橋バス停から右へ上がり、湯の山スカイラインへ出て、みろく苑付近から菰野富士を見上げる。

画像


その先に、つつじの植樹が行われたところがあり、右横に道があったので登って行った。
しかし、その道は途中で行き止まりだったが、なんとか歩けそうだったので、そのままトラバース気味に歩いて行くと、山頂への道があり、登って行くと菰野富士山頂に着いた。

画像


画像


菰野富士の山頂からは、360度の展望が楽しめた。
下りは、整備された緩やかな道を下って行くと、東海自然歩道に合流した。
東海自然歩道で希望荘前を通り歩いて行くと、おおるりばしがあり、ここからまた山道へ入った。

画像


沢沿いに時々渡渉しながら歩いて行く。
今日は笠岳やネコには登らないつもりだったが、笠岳分岐から笠岳には登った。

画像


山頂は展望は良くないが、木の間からネコの反射板が見えた。
そこでネコにも行こうかと思ったが、往復1時間程かかりそうなのでパスした。
東海自然歩道に戻り、登って行くと風越峠に到着。

画像


ここでは休憩せず、コブ尾根へ少し登ったところで小休憩。
近くで樒を伐採されている人が見えた。
南コブまでは、急登で落ち葉が滑りやすいかった。
南コブピーク手前の大岩で休憩し、山頂部をピークも含め少し探索。

画像


ここから先、アカヤシオが見られるようになった。
最初の方は散り始めているのもあった。
アップダウンのあるコブ尾根を、アカヤシオとミツバツツジを眺めながら歩いて行く。

              アカヤシオ
画像


画像


              ミツバツツジ
画像


途中のコブで展望の良い所もあった。

              釈迦ヶ岳方面
画像


崩壊が進んでいる場所は、新たな迂回路が出来ていた。

画像


段々アカヤシオが多く見られるようになって来た。

画像


画像


画像


ハライド山頂に到着。

画像


山頂には、数人の団体さんが休憩して見えたし、風があったので東側の広場へ戻って昼食休憩にした。
食事後、山頂へ行くと団体さんは出発されていて、女性が2名木陰で休憩されていた。
しばらくすると、また数人の団体さんが朝明方面から登って見えたので、出発した。
ガレた登山道を急降下し、腰越峠へ下った。

画像


この下り斜面にもアカヤシオは多いのだが、花が少なく峠付近は散りかけていた。
時間もあるし、足もまだ大丈夫だったので、アカヤシオは咲いていないが国見岳まで足を延ばすことにした。
急坂を登り返していると、先ほどの団体さんに追いつき追い越した。
藤内小屋方面からの道と合流し、緩やかになった登山道を歩いて行く。
きのこ岩にも立ち寄った。

画像


青岳山頂は、ここも団体さんが休憩されていたのでパスした。

画像


国見岳手前の溝道の登山道には、雪渓が多く残っていた。
登山道は、横に付いていたので雪渓は歩かなくてよかった。
国見岳山頂に到着。

画像


御在所や歩いて来たコブ尾根を眺める。

画像


画像


下山は、国見尾根を下ることにした。
途中でゆるぎ岩に上る。

画像


尾根を下って行き、P1004の岩場で休憩。
その先は、時々アカヤシオやタムシバが見られたが少なかった。
ハルリンドウは沢山咲いていた。

画像


国見尾根の登山口を出て、木橋を渡ると藤内小屋。

画像


小屋でも休憩せずに下って行き、裏道一合目へ無事下山した。
三滝川で休憩後、三交湯の山温泉バス停に向かった。


他に出会った花たちは。

              タムシバ
画像


              シキミ
画像


              ミヤマシキミ
画像


              バイカオウレン
画像


              イワウチワ
画像


              ショウジョウバカマ
画像


              タチツボスミレ
画像


              シハイスミレ
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハライド・国見岳・青岳・笠岳・菰野富士〜コブ尾根のアカヤシオ〜 さぶの気ままな山旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる