さぶの気ままな山旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 室兼高屋〜ヒカゲツツジとミツバツツジ〜

<<   作成日時 : 2017/04/14 23:50   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年4月14日(金) 岐阜県七宗町の室兼高屋へ登ってきました。

画像


今回のルート:林道口バス停(8:10-8:13)〜岩井谷林道分岐(8:40)
         〜本谷渡渉(脚立の橋)(8:51-8:56)〜565P(10:00)
         〜室兼高屋(678.6m)(10:31-11:05)〜山頂部北端(11:10)
         〜室兼高屋(11:15)〜650P(11:34-11:45)〜640P(11:52-12:00)
         〜308P(12:40)〜石作谷林道登山口(12:48)
         〜石作谷林道終点(12:50-13:05)〜石作谷林道ゲート(13:40)
         〜上麻生駅(14:11)

交通(行き):上飯田(6:32)==<名鉄>==(7:03)犬山(7:08)==<名鉄>
        ==(7:12)新鵜沼・・・鵜沼(7:18)==<JR>==(7:52)上麻生(7:55)
        --<七宗町営バス>--(8:10)林道口
   (帰り):上麻生(14:50)==<JR>==(15:10)美濃太田(15:29)==<JR>
        ==(15:40)鵜沼・・・新鵜沼(15:48)==<名鉄>==(15:52)犬山(15:57)
        ==<名鉄>==(16:28)上飯田

天候: 晴


昨日の伊吹山と連チャンになったが、天気が良かったので七宗町のツツジを見に行った。
室兼高屋は、4月に登ろうと予定していて、初めてのルートで本谷方面から入ることにした。
上麻生駅から七宗町営バスで室兼林道入口まで行く。
運転手からは、鹿や猿もいるが、熊と手負いの猪は危ないから気を付けるよう言われた。
林道口バス停で降り、室兼林道を入って行く。

画像


しばらくして、林道の山側には花が目立ってきて、写真を撮りながら歩いて行く。

              ショウジョウバカマ
画像


              ヤマルリソウ
画像


              タチツボスミレ
画像


              マルバスミレ
画像


花に気を取られていて、気が付いたら岩井谷林道入口の標識まで来ていた。

画像


この辺りは、本谷も深く、気持の良い所だ。

画像


もっと奥まで入って行きたいが、今日のルートとは違うので林道を戻りながら谷へ下りれるところを探していると、踏み跡があったので下りて見た。

画像


しかし、そこでは渡れるところが無かったので、渡渉場所を探しながら沢を下って行く。
一旦林道に上がって、さらに戻って行くと、脚立が目に留まった。
捨てられたものかと思ったが、良く見ると橋の代わりに置いてあった。

画像


谷へ下りる道も付いていたので、谷へ下り脚立の橋で渡渉した。
薄い踏み跡で上流へ歩いて行くと、獣の檻が解体されて積み上げられていた。

画像


そこから尾根を登って行く。
しばらく登ると、ヒカゲツツジが見られるようになった。

画像


画像


ミツバツツジも咲いている。

画像


画像


開けたところからは、納古山も見えた。

画像


岩も越えて行く。

画像


展望の良い岩場もあった。

画像


岩尾根も歩いて行く。

画像


ヒカゲツツジとミツバツツジが、いたるところに咲いている。

画像


画像


565Pへの登りは、踏み跡が不明瞭になり、木々の間を歩きやす所を選んで登って行く。
登りは良いが、下りでは方角を確認して下らないと迷いそうだ。
565Pへ到着した。

画像


ここからの展望は無かった。
また岩尾根も現れ、登って行く。

画像


昨年秋に確認のための来た展望の良い岩場へ着いた。

画像


今日は、天気は良いが白山や御嶽山は霞んでいて見えない。
イバラダワとの分岐へは行かず、手前で山頂方面へ直登した。
山頂尾根に出て、少し北へ歩くと室兼高屋山頂に到着した。

画像


ここで昼食タイムを取る。
目の前のシャレ山を眺めながら。

画像


食後は、山頂部の北端まで行く。

画像


断崖絶壁の前には、今日はパスしたイバラダワ。

画像


途中に白山展望地もあるが、白山は見えない。
山頂へ戻り、石作谷方面へ下山開始。
一旦下って登り返した所から眺める室兼高屋はカッコいい。

画像


岩尾根を歩いて登れば、650Pに到着。

画像


ヒカゲツツジとタムシバが見られた。

画像


画像


次は、640Pから少し下がった岩場で休憩。

画像


石作谷から514Pを通ってシャレ山へ登る尾根が良く見える。
今度は、あの尾根を歩いてシャレ山へ登ろう。
ミツバツツジが多く見られる登山道を下って行く。
展望は無いが、308Pにも立ち寄った。

画像


植林帯を下ると石作谷登山口に下りた。

画像


時間もあるので、シャレ山への取付きを確認するため、林道終点まで行き、河原へ下りて取付きを確認した。
ついでに河原でしばらく休憩。

画像


石作谷上流方面はいい雰囲気だ。

画像


石作谷林道を歩き、ゲートを出た。

画像


民家の近くには、満開の桜があった。

画像


画像


野花や民家の庭の花などを眺めながら、上麻生駅まで歩いた。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
室兼高屋〜ヒカゲツツジとミツバツツジ〜 さぶの気ままな山旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる