さぶの気ままな山旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 猿投山・物見山〜海上の森から周回〜

<<   作成日時 : 2017/04/25 23:50   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年4月25日(火) 愛知県の猿投山へ登ってきました。

画像


今回のルート:山口駅(7:31-7:35)〜四ツ沢(7:57)〜篠田池(8:16)
         〜篠田池林道分岐(8:43)〜観察道入口(8:58)
         〜サルナシ湿地(9:08)〜東海自然歩道・登山口(9:20)
         〜赤猿峠(9:39)〜39号鉄塔(9:40-9:45)
         〜猿投山(629.0m)(10:17-10:30)〜カエル石(10:40)
         〜猿投山最高峰(632m)(10:48-10:51)〜東の宮(10:53)
         〜御船石(11:06-11:24)〜西の宮(11:30)
         〜二ツ釜の滝(11:57-12:02)〜血洗いの滝(12:06)〜赤猿峠(12:29)
         〜40号鉄塔(12:36-12:39)〜三条峠(12:55)
         〜物見山(327m)(13:19-13:30)〜物見山登山道入口(13:44)
         〜五輪の塔(14:00-14:03)〜貧栄養湿地(14:10-14:19)
         〜屋戸橋(14:34)〜山口駅(14:43)

交通(行き):大曾根(6:59)==<JR>==(7:13)高蔵寺(7:18)==<愛知環状鉄道>
        ==(7:31)山口
   (帰り):山口(15:00)==<愛知環状鉄道>==(15:13)高蔵寺(15:19)==<JR>
        ==(15:36)大曽根

天候: 晴


猿投山に登るのにどこから入ろうか考えたが、今回も愛知環状鉄道の山口駅から歩くことにした。
これまで冬場しか歩いていないので、この時期はどんな花に出会えるか楽しみもあった。
山口駅から海上の森を通って行く。
屋戸橋を渡り、左へ沢沿いに歩いて行くと海上の森Pがあり、その先の四ツ沢から森へ入って行く。
すると、野鳥を撮影するため大きな望遠カメラを持った人たちが数人見えた。
美しい鳥のさえずりも聞こえてくる。
堰堤を越えて登って行くと、チゴユリが多く咲いていた。

画像


坂を登り切り、反対側へ少し下ると篠田池に到着した。

画像


山桜は見られるが、他の花は見られなかった。
ここはカンアオイの生息地で、ギフチョウの幼虫の食草になり、ギフチョウが見られるか期待したが見られなかった。
カンアオイの葉は沢山見られ、花(萼筒)もあった。

画像


タチツボスミレやミツバツツジもよく見られた。
海上の森を抜けて、林道を歩いて行き、先回も立ち寄った観察道にも立ち寄ることにした。
ツツジが3種類見られた。

モチツツジ(年中咲いているようだ)
画像


ミツバツツジ(あちこちに咲いていて、今が旬)
画像


赤いヤマツツジは蕾が膨らんでいて、これからだ。

サルナシ湿地まで行ったが、湿地に花は無かった。

画像


シャラノキ群生地を通って林道に戻り、しばらくすると東海自然歩道に合流した。

画像


ここが猿投山への登山口でもある。
自然歩道を登って行き、赤猿峠へ着いた。

画像


オオカメノキ(別名ムシカリ)の木があり、花が咲いていた。

画像


ここでは休憩せず、すぐ上の39号鉄塔まで上がり、ベンチで休憩した。
天気は良いが、霞んでいて遠望は望めなかった。
白山や御嶽山が見えるはずなのに残念。
整備され、歩きやすい尾根を登って行き、猿投山山頂に到着。

画像


山頂では、猿投神社方面から登って来られた高齢の男性と、しばらくお話した。
ここへは、週一ぐらいで登られているようだ。
休憩後、東の宮方面へ向かい、御嶽山展望地へも立ち寄るが見えない。
カエル石の横を通って、最高峰にも立ち寄って行く。

画像


東の宮の裏手から降り、真っ直ぐ下ろうとしたが、こちらは登山者が多いようなので、西の宮へ向かう。
途中の御船石の上で昼食タイムを取った。

画像


景行天皇皇子大碓命墓から急な石段を下ると、西の宮に着いた。

画像


さらに階段を下って行くと、西の宮の鳥居で林道に出たが、今回は林道を歩かず、山道でP504方面へ登って行く。
登り切った辺りから西へ尾根への道があり入って行った。
途中でピークを越えると、左から武田道方面からの道と合流し、さらに西へ下って行く。
一カ所展望の良い所もあった。

画像


林道へ出て、少し南の二ツ釜の滝に立ち寄った。

画像


少し下流まで行ったが東屋で引き返し、沢に沿って林道を北上する。
小さな血洗いの滝も眺めた。

画像


林道が西へカーブしている所から山道へ入り、登って行くと赤猿峠へ着いた。

画像


赤猿峠からは、尾根歩きで物見山へ向かう。
何度か歩いているので迷うことはない。
三条峠、猿投温泉方面への分岐も通過して、物見山へ到着。

画像


ここでしばらく休憩し、不知火を食べた。
誰も見えなかったが、休憩していると赤猿峠で休憩されていた男性が到着されたので出発した。
登山道を下って行き、登山口の林道へ下りた。

画像


再度山道へ入り、五叉路で五輪の塔へ向かう。
五輪の塔は二度目だが、久しぶりの訪問になった。

画像


少し戻って、屋戸橋方面へ歩いて行くと、湿地があった。
こちらの湿地には、ハルリンドウが咲き誇っていた。

画像


画像


画像


しかし、ハルリンドウ以外の花は無かった。
屋戸川砂防堰堤を越え、車道に出て屋戸橋を渡り山口駅まで歩いた。


他に出会った花は。

              マムシグサ
画像


              マルバスミレ
画像


              ミヤマシキミ
画像


              タチツボスミレ
画像


              オオタチツボスミレ
画像


              キランソウ
画像


              ムラサキサキゴケ
画像


              カンアオイ
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
猿投山・物見山〜海上の森から周回〜 さぶの気ままな山旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる