さぶの気ままな山旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 霊仙山・谷山〜ヤマシャクを探して〜

<<   作成日時 : 2017/05/08 23:50   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年5月8日(月) 滋賀県の霊仙山へ登ってきました。

画像


今回のルート:柏原駅(6:41-6:48)〜霊仙山柏原登山口(6:56)〜一合目(7:31)
         〜二合目(7:49)〜四合目(8:27-8:35)〜五合目(8:46-8:50)
         〜六合目(9:01-9:09)〜P920(9:15)〜七合目(9:27-9:40)
         〜谷山(992.7m)(9:52-9:55)〜八合目(10:16-10:19)
         〜避難小屋(10:34)〜経塚山(1,040m)(10:40-10:43)
         〜霊仙山(1,083m)(10:57-11:23)
         〜最高点(1,094m)(11:31-11:34)〜南霊山(1,030m)(11:57)
         〜お猿岩(12:40-12:43)〜見晴台(13:01)〜松林(13:09-13:36)
         〜汗拭峠(13:47)〜山小屋かなや(13:52-13:55)
         〜榑ヶ畑登山口(14:01)〜醒井養鱒場バス停(14:45)

交通(行き):大曽根(5:23)==<JR>==(5:35)名古屋(5:39)==<JR>
        ==(6:17)大垣(6:20)==<JR>==(6:41)柏原
   (帰り):醒井養鱒場(15:03)--<湖国バス>--(15:10)醒ヶ井駅
        ・・・醒ヶ井(15:35)==<JR>==(16:02)大垣(16:11)==<JR>
        ==(16:51)金山・・・金山(16:56)==<地下鉄>==(17:12)平安通(17:19)
        ==<地下鉄>==(17:20)上飯田

天候: 晴(黄砂あり)


ヤマシャクヤクが咲き始めたようなので、昨年訪れた群落へ出かけることにした。
JR柏原駅から歩き始め、名神高速の下を潜るとすぐに柏原登山口。

画像


林道を歩いて行くと、新たに獣避けの扉が設置されていた。

画像


扉を開けて入り、養鶏場の横を通って市場川に架かる橋を渡り、川沿いに林道を登って行く。
林道終点が一合目。

画像


今年の大雪で倒れた杉などが、まだ道を塞いでいるが、潜ったり乗り越えたりして進んで行く。
二合目の二本杉に到着。

画像


旧二合目、三合目の標識を通過し、避難小屋がある四合目に到着。

画像


伊吹山は木々の間から見えるが、黄砂の影響で霞んでいた。
五合目に着くと、水たまりに小さなオタマジャクシがいっぱいいた。

画像


画像


急坂を登り、六合目に到着。

画像


これから向かうP920方面を眺める。

画像


途中で右へトラバースして行く夏道があるが、そのままP920へ登る。
ピークから伊吹山方面と霊仙山方面を眺める。

画像


画像


冬道の尾根を歩いて行き、途中の岩場から谷山・霊仙山方面を眺める。

画像


鞍部まで下り、夏道と合流して左へトラバースして行くと、苔むした岩場があった。

画像


その先が七合目の継子穴で、少し登って継子穴を覗いて見た。

画像


お目当てのものを探すと、まだ蕾ばかりだった。

画像


ここが一番期待していた場所なのに残念。
斜面を登って行き、谷山との分岐に着くと、前方に避難小屋が見えた。

画像


登山道は、下って行くが、谷山へ寄り道することにした。
左へ登って行くと、三角点のある谷山山頂に到着。

画像


山頂は展望が無いので、西へ向かうと開けたところがあり、霊仙山が目の前に見えた。

画像


周りを見渡すと、お目当てのものがあり、蕾が多かったが白玉が一つだけ開いていた。

画像


先ほどの所の方が標高が低いのに開いてなく、ここで開いているとは。
山頂付近も少しは期待できるかな?
下った鞍部が八合目の四丁横崖。

画像


避難小屋へ向け、急坂を登って行く。
右手に伊吹山が見えて来たが、まだ霞んでいる。
避難小屋に着き、伊吹山方面と。

画像


避難小屋には立ち寄らず、九合目・経塚山に登り、最高点方面と。

画像


次は、三角点のある山頂へ向かう。
一旦鞍部へ下り、登り返して行く。
最高点への分岐からは緩やかになり、山頂に到着。

画像


風を避け、東側で休憩し昼食タイムにした。
食後は、最高点へ。

画像


西南尾根を歩き、フクジュソウ群生地の花の散った葉を眺めて南霊山へ。

画像


少し期待していたが、ここもまだ早かった。

画像


いつもは、ここから笹原峠へ下って行くが、今日はお猿岩から榑ヶ畑登山道で下る予定なので、バリルートでお猿岩へ向かった。
初めて通るが、先が見えているから歩けるところを歩いて行こう。
山頂方面へ下って行き、眺めると。

画像


ここからトラバースしながらお猿岩へ向かう。
最短コースでは無かったが、何とかお猿岩へ着いた。

画像


雪解けの頃は泥道で大変なところも、今日は乾燥しているが滑りやすかった。
五合目の見晴台に到着。

画像


こちらへ来た目的は、最後の望みを達成するため。
登山道を離れて探索に向かうと見えた。
結構な急斜面に、まだ待っていてくれた。
すでに半分ほど散っているようだったが、まだ沢山咲いていてくれた。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


今日の目的は達成でき、満足して登山道に戻る。
二合目の汗拭峠まで下って来た。

画像


山小屋かなやを通り、榑ヶ畑登山口へ無事下山した。

画像


長い林道を醒井養鱒場バス停まで歩き、予定より早く15時3分のバスに乗ることが出来た。


今日出会った主な花たち。

              オオカメノキ   
画像


              ハシリドコロ
画像


               ミミナグサ
画像


              アマナ
画像


              ニリンソウ
画像


              イチリンソウ
画像


              タチツボスミレ
画像


              ニョイスミレ
画像


              フッキソウ
画像


              ヒトリシズカ
画像


              ナツトウダイ
画像


              キジムシロ
画像


              キランソウ
画像


              ムラサキケマン
画像


              フデリンドウ
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
霊仙山・谷山〜ヤマシャクを探して〜 さぶの気ままな山旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる