さぶの気ままな山旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 御池岳〜クマガイソウが見頃でした〜

<<   作成日時 : 2017/05/15 23:50   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年5月15日(月) 鈴鹿の御池岳に登ってきました。

画像


今回のルート:西藤原駅(7:34)〜藤原簡易P(8:00-8:05)〜白瀬峠登山口(8:18)
         〜R201号鉄塔(9:27)〜藤原岳・白瀬峠分岐(9:38)
         〜白瀬峠(9:59-10:09)〜真の谷(10:32)〜P1194(11:25-11:28)
         〜東ボタンブチ(11:39-12:10)〜東端峰(12:15)〜ボタン岩(12:43)
         〜幸助池(12:49)〜ボタンブチ(12:51-12:54)
         〜奥の平(13:02-13:06)〜御池岳(1,247m)(13:15)
         〜御池岳・鈴北岳分岐(13:38)〜カタクリ峠(13:59-14:02)
         〜長命水(14:12)〜コグルミ谷登山口(14:58)

交通(行き):大曾根(5:23)==<JR>==(5:35)名古屋・・・近鉄名古屋(5:50)
        ==<近鉄>==(6:18)近鉄富田(6:33)==<三岐鉄道>==(7:34)西藤原駅
   (帰り):コグルミ谷登山口(15:25)--<車>--(15:40)西藤原駅(15:58)
        ==<三岐鉄道>==(16:46)近鉄富田(16:56)==<近鉄>
        ==(17:25)近鉄名古屋・・・名古屋駅(17:45)--<市バス>
        --(18:25)上飯田

天候: 曇りのち晴


今日は、天気は良くなってくるとの予報で出かけたが、三岐鉄道に乗っていると雨が降りだし、梅戸井駅付近で雨が本降りになっていた。
雨は電車が終点に着く頃には止むとは思っていたが、登山道がドロドロになるのではと心配になった。
予想どうり西藤原駅に着くと雨は降って無く、地面も乾いていた。
昨夜は少し降ったようだが、登山道もちょうど良い湿り具合だった。
西藤原駅から登山口へ向け歩いて行くと、いつもは歩いて登校中の子供たちに出会うが、ここの小学校が3月に廃校になり、スクールバスを待つ子供たちが集まっていた。どこまで行くことになったのかな。
藤原簡易Pに立ち寄って、白瀬峠登山口へ向かう。

画像


手前の巡視路の入口には、車が2台停まっていたが、こちらには1台も停まっていなかった。
霧が立ち込め、天気が回復してないから登山者がいないのかな。
蛙の鳴き声が聞こえる谷沿いに登って行く。
右足に痛みを感じ、何度も痛みが続くので、尾根に乗ったところで休憩し、靴を脱いで足を見た。
靴下に少し血の跡があったが何もいない。靴を覗くと中にヤマビルがいるではないか。
靴の内側に潜り込んで中々離れないが、引っ張って取った。
血はさほど出てなかったが、家に帰って風呂から出ると血が噴き出した。
休憩していると、登山者が二人巡視路から登って来た。
重そうな荷物を担いでいたので尋ねると、稜線手前の鉄塔まで行って来るとのこと。
ボッカ訓練のようで、巡視路入口に止まっていた車の人たちだった。
R201鉄塔に着くも、まだ霧が立ち込めていて周りは真っ白。

画像


ここでは休憩せず先へ進む。
白瀬峠分岐から右へ白瀬峠へ向かうと、ヤブレガサの群落が見られた。

画像


10時に白瀬峠に到着した。

画像


反対側の木には、白船峠の標識もかかっていた。

画像


カタクリは終わっていたが、初々しいイワカガミが、まとまって咲いていた。

画像


休憩後、真の谷方面へ下ると、カタクリが一株だけ咲いていた。

画像


トラバース気味に真の谷へ下って行く。
真の谷へ着くと、下流から熊さんを探しながら登って見えた二人の登山者に出会った。
二人は、そのまま真の谷を上がって行かれた。

画像


バイケイソウの中を適当に登って行くと、ケルンも見られた。

画像


シマリスも現れた。

画像


バイケイソウは最後まで見られ、ニリンソウも沢山咲いていた。
急登を終え、P1194へ着いた。

画像


テーブルランドは風が強かったので、東ボタンブチへ向かい岩陰で昼食タイムを取った。

画像


霧も晴れて、近くの山々は見えるようになっていた。

画像


画像


昼食を終え、東端峰へ行き、土倉岳方面を眺める。

画像


次は、ボタンブチへ向け、雪の無いドリーネを眺めながら歩いて行く。

画像


画像


ボタン岩にも立ち寄った。

画像


ボタンブチ手前では、幸助池にも立ち寄る。

画像


ボタンブチに着いた。

画像


ボタンブチから奥の平方面を眺める。

画像


風も強く、すぐに奥の平へ向かう。

画像


奥の平から藤原岳方面を眺める。

画像


御池岳山頂に立ち寄って、すぐに下山開始。

画像


下山は、カタクリ峠方面へ谷筋を下って行く。
八合目から尾根を回り込むと、雪が多かったところでカタクリがまだ見られた。

画像


カタクリ峠のカタクリは終わっていた。

画像


カタクリ峠で休憩していると、山頂直下ですれ違った女性が下って来た。
熊さんを探して登ったが、出会えなかったので、またこちらへ下って来たという。
一緒に熊さん探しに同行し、熊さんに出会えた。
コグルミ谷では、アナグマにも遭遇した。

画像


コグルミ谷を下り、登山口から車道を歩くというと、車で西藤原駅まで送ってくれた。
歩くと2時間かかるし、舗装道は好きでないので助かった。
鞍掛峠のトンネルが通れないので、関ヶ原から回ってきたという滋賀県の女性、ありがとう。


出会った主な花たち。

              タチキランソウ
画像


              ヤマエンゴサク
画像


              ホソバノアマナ
画像


              ニリンソウ
画像


              ヒトリシズカ
画像


              キクザキイチゲ
画像


              ミヤマカタバミ
画像


              ヤマブキソウ
画像


              ヒメレンゲ
画像


              クマガイソウ
画像


画像


画像


画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
御池岳〜クマガイソウが見頃でした〜 さぶの気ままな山旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる