さぶの気ままな山旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 南木曽岳〜紅葉と冠雪した山々〜

<<   作成日時 : 2017/10/26 23:50   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年10月26日(木) 長野県の南木曽岳に登ってきました。

画像


今回のルート:尾越バス停(8:32-8:37)〜蘭キャンプ場(8:59)
         〜南木曽岳山麓避難小屋(9:21-9:24)〜南木曽岳登山口(9:38)
         〜下山道分岐(9:52)〜金明水(10:06)
         〜岩場・木道分岐(10:30-10:37)
         〜南木曽岳(1,677.3m)(11:14-11:19)
         〜見晴台(1,679m)(11:21-11:29)
         〜女岩展望台(11:39-12:28)
         〜摩利支天第二展望台(12:43-12:48)
         〜第一展望台(12:56-12:59)〜下山道分岐(13:47)
         〜南木曽岳登山口(14:00)〜山麓避難小屋(14:10)
         〜蘭キャンプ場(14:30)〜尾越バス停(14:54)
         〜あららぎ温泉(14:58-15:46)〜木曽路館前バス停(15:47)

交通(行き):大曽根(6:25)==<JR>==(7:35)中津川(7:40)==<JR>
        ==(8:09)南木曽・・・南木曽駅(8:15)--<地域バス>--(8:32)尾越
   (帰り):木曽路館前(15:56)--<地域バス>--(16:13)南木曽駅
        ・・・南木曽(16:32)==<JR>==(16:51)中津川(16:55)==<JR>
        ==(18:03)大曽根

天候: 晴


また週末に台風が来るというので、大台ケ原行きがどうなるか分からない。
そんな中、好天に恵まれたので、展望の良い南木曽岳に行くことにした。
先月も訪れているが、地元の人から紅葉の時に来てと言われたことを思い出したこともある。
紅葉目当てだと、上の原からより蘭からの周回の方が良さそうだと思い、バスに乗り尾越バス停で下車。
林道を歩いて、蘭キャンプ場に着いた頃、携帯が鳴り、大台でのグルッペの集いが中止になったことを知らされる。
山麓避難小屋前の駐車場には、5台程車が停まっていた。
一旦、遊歩道を歩いて林道に出、南木曽岳登山口から登山道に入る。

画像


新しい橋と堰堤の所から、摩利支天方面を見上げる。

画像


期待した紅葉は見られないかもと思いながら歩いて行く。
雨が多かったせいか、登山道にも水が流れている。
下山道との分岐を左へ登って行く。
所々で紅葉が見られるようになった。

画像


水場の金明水も水が多く出ていた。

画像


一カ所、台風の影響を受けたのか、倒木が登山道を塞いでいた。

画像


左から踏み跡を辿って越えた。
鎖と階段の急登を過ぎると、休憩ベンチのある岩場・木道の分岐に着いた。

画像


岩場を登って行き、見下ろす。

画像


急登が続き、大岩の上に出たら、南アルプスが見えた。

画像


二等三角点のある南木曽岳山頂に到着。

画像


最高点の見晴台へ行くと、御嶽山や乗鞍岳が見られた。

画像


3000m級の山々は冠雪していて、御嶽山も冠雪していた。

画像


避難小屋方面へ歩いて行くと、展望が良くなった。

              恵那山
画像


              御嶽山
画像


赤い屋根の避難小屋が見えてくると、その向こうに中央アルプスが見えている。(トップの写真)
避難小屋の前を通り、女岩展望台で昼食タイム。

画像


展望台には、7名程休憩されていた。
御嶽山・乗鞍岳・穂高連峰・中央アルプス・南アルプス・恵那山と素晴らしい眺望が楽しめた。

              御嶽・乗鞍・穂高連峰
画像


              穂高連峰・大天井岳・常念岳
画像


              木曽前岳・木曽駒ヶ岳・三沢岳
画像


              空木岳・南駒ヶ岳・仙涯嶺
画像


眺望を楽しみながら、昼食とコーヒータイム後、下山開始。
一旦下って、登り返すと、P1675。

画像


ここからは、南アルプスが良く見えた。

画像


摩利支天に立ち寄り、第二展望台からも眺望を楽しむ。

              恵那山方面
画像


              南木曽岳山頂方面
画像


第一展望台にも立ち寄り、先ほど居た第二展望台方面を見上げる。

画像


急な階段の多い登山道を紅葉を眺めながら下って行く。

画像


画像


画像


画像


下山道分岐まで下ると、道も緩やかになった。
新しい橋を渡り、沢の水で顔を洗って、摩利支天方面を眺める。

画像


朝来た道を歩いて尾越バス停まで戻った。
さらに、あららぎ温泉に入る為、木曽路館前バス停まで5分程歩き、温泉で汗を流しビールを飲んでバスを待った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南木曽岳〜紅葉と冠雪した山々〜 さぶの気ままな山旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる