さぶの気ままな山旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 弥勒山・大谷山・道樹山〜定光寺駅から東海自然歩道で〜

<<   作成日時 : 2017/12/14 23:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年12月14日(木) 

画像


今回のルート:JR定光寺駅(7:46)〜東海自然歩道春日井コース入口(7:55)
     〜玉野園地(8:04-8:10)〜外之原峠(8:44)
     〜三角点(点名:諏訪村)(9:01)〜繪峠(9:23)
     〜三角点(点名:秋葉)(9:42)〜道樹山(429m)(9:45)
     〜大谷山(425m)(10:00-10:03)
     〜弥勒山(436.6m)(10:16-10:30)〜P352(10:48)
     〜分岐34(11:06)〜大谷山(11:14)〜道樹山(11:28)
     〜南側展望ベンチ(11:32-11:55)〜繪峠(12:09)
     〜諏訪公民館(12:54)〜JR古虎渓駅(13:13)

交通(行き):大曽根(7:23)==<JR>==(7:46)定光寺
   (帰り):古虎渓(13:49)==<JR>==(14:14)大曽根

天候: 晴


明日は健康診断があり、先週土曜日から歩いていないので、定光寺駅から弥勒山まで歩くことにした。
JR定光寺駅で下車し、東海自然歩道春日井コース入口まで車道を歩く。

画像


自然歩道を登って行くと、左手にクライミング練習の出来る岩場があるが、橋を渡って右手に登って行く。
展望台に立ち寄ったが、東屋があるだけで展望は無し、通過して行く。
坂を登り切ると、玉野園地があり、東屋に立ち寄る。
玉野御嶽神社の宮司が参道の落葉を掃除機で吹き飛ばしておられた。
御嶽神社に参拝し、通り抜けて自然歩道に入る。

画像


羊歯の生い茂る所もある歩道を歩いて行く。
外之原峠で林道を横切り、緑の階段を登った。

画像


急坂になり、ゆっくり登って行く。
第三ベンチに着くと、腕章をした男性がベンチの落ち葉を払っておられた。
あいさつして通り過ぎる。
三等三角点(点名:諏訪村)のピークから雪を被った恵那山が見えた。

画像


第六ベンチからは、急な階段を下って行った。

画像


橋を渡り林道中洞線に出て、右へ繪峠に向け歩いて行く。

画像


繪峠に着くと、緑の階段を登って行く。

画像


そこから長い階段が続くので、なるべく階段を避け脇を歩いて行った。

画像


三角点(点名:秋葉)の手前南側に、展望の良い休憩場が作ってあった。
日当たりが良いし、北風もあたらないから休憩に最適だ。
三角点を通過して、登り返すと道樹山に到着した。

画像


山頂の神社にお参りして、展望は無いので先へ進んだ。
今度は、北側に御嶽山の展望台が作られていた。

画像


画像


展望は良いが、北風が冷たい。
大谷山山頂に到着した。

画像


ここからは、伊吹山方面の展望が良いが、伊吹山は雲に隠れていた。
徐々にハイカーの姿が増えてきた。
最後の急坂の階段を登って行くと、弥勒山山頂に着いた。

画像


山頂には、平日にも関わらず多くのハイカーが見えた。
御嶽山・中央アルプス・恵那山が良く見えた。

            御嶽山
画像


            中央アルプス
画像


東屋からは、西側の眺望が得られたが、遠くの山々は雲がかかっていた。
昼食には時間が早いので、寄り道して古虎渓駅へ下ることにした。
まず、地図で気になっていた東方面のP352まで行って見ることにした。
廿原方面へ下って行き、途中で登山道と離れて真っ直ぐ進んで行った。
地図の破線を頼りに薄い踏み跡を辿ると、P352には祠が建っていた。

画像


どこかで展望を期待したが、ここまで全く展望は無かった。
登山道まで引き返し、さらに少し戻ると左への登山道があり、地図にも破線表示があったので歩いて行った。
途中で弥勒山方面の標識があり、安心して歩いて行った。
自然歩道へは、分岐34で合流した。
繪峠まで戻るので、大谷山、道樹山を越えて行く。
どこかで昼食タイムを取ろうと探しながら歩いて行く、最初に御嶽山展望台と思ったが、北風が冷たい。
そこで、日当たりの良い南側展望ベンチで休憩することにした。
ここは、ハイカーも少ないし、静かに休憩できた。

画像


コーヒーも飲み終えた頃、男性が一人来られたので場所を譲り出発した。
長い階段を下り、繪峠に着いた。
ここからは、初めてのルート、まず池まで下って行く。
池にはすぐ着いた。

画像


林道から離れ、池を回り込むように薄い踏み跡を辿って山へ入った。
諏訪町へ出るには、山を越えて行く。
途中からナビを確認しながら歩いた。
道らしき道は無い状態だったが、何とか諏訪町へ下って来た。

画像


獣被害が多いのか、電気鉄線?が張ってあり、跨いで行った。
車道へ出て下って行くと、諏訪公民館前に着き、案内板もあった。
ここからは、車道を下って行き古虎渓駅に着いた。

画像


駅の前に来たら、名古屋行きが出発するところで間に合わず、37分の時間待ち。
ここは普通しか停まらないため、特急1本と快速2本が通過するのを眺めていた。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
弥勒山・大谷山・道樹山〜定光寺駅から東海自然歩道で〜 さぶの気ままな山旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる