さぶの気ままな山旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 霊仙山(その1)〜柏原駅から霊仙山避難小屋〜

<<   作成日時 : 2018/01/07 23:00   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年1月7日(日) 滋賀県の霊仙山に登ってきました。

画像


今回のルート:JR柏原駅(6:41-6:58)〜柏原道登山口(7:06)
     〜一合目(7:51)〜二合目(8:12)〜旧二合目(8:29)
     〜三合目(8:41)〜四合目避難小屋(8:59-9:11)
     〜六合目(9:50)〜P920(9:59-10:06)〜旧七合目(10:15)
     〜谷山分岐(10:33)〜八合目四丁横崖(10:43)
     〜避難小屋(11:12-11:42)〜経塚山(1,040m)(11:50)
     〜最高点(1,094m)(12:07-12:10)
     〜霊仙山(1,083.5m)(12:29-12:34)〜お池(13:04)
     〜お猿岩(13:13-13:16)〜見晴台(13:32)〜汗拭峠(13:53)
     〜山小屋かな屋(13:58)〜榑ヶ畑登山口(14:06)
     〜醒井養鱒場旧バス停(14:47-14:53)〜JR醒ヶ井駅(15:36)

交通(行き):大曽根(5:23)==<JR>==(5:35)名古屋(5:39)==<JR>
     ==(6:17)大垣(6:20)==<JR>==(6:41)柏原
  (帰り):醒ヶ井(16:12)==<JR>==(16:40)大垣(16:41)==<JR>
     ==(17:18)金山・・・金山(17:22)==<地下鉄>
     ==(17:38)平安通(17:49)==<地下鉄>==(17:50)上飯田

天候: 晴


冬の霊仙山は、いつ出かけようか様子を見ていましたが、天気が良く風も収まるとの予報を信じて、出かけました。
柏原駅に着いて天候が悪そうならば養老山への変更も考えていましたが、天気は申し分なし、柏原駅からスタートしました。
JR柏原駅の後ろには、伊吹山がはっきり見えてました。

画像


車道を歩いて、名神高速のガードを潜ると、柏原道登山口に着いた。

画像


養鶏場の横を通って歩いて行くと、最終駐車地の橋に到着。

画像


ここから先は雪道になった。
林道を歩いて行き、振り返ると朝日を浴びた伊吹山が見えた。

画像


林道終点が一合目、谷道に入って行くが、登山道にトレースがはっきり付いていて、アイスバーンになっていないのでアイゼン無しでザックザックと音をたてて歩いて行けた。
二合目二本松まで登って来た。

画像


スノーシューのトレースの上を歩くと、まったく沈まず順調に登って行った。
四合目手前は、雪の乗った木の間を潜り抜けるためいつも苦労するが、ここもトレースに沿って進んだ。

画像


雪のトンネルを通過すると、四合目避難小屋に着いた。

画像


ちょっと木が邪魔しているが、伊吹山が見えていた。
コンテナの避難小屋で小休憩し、ここからスノーシューを履いた。
少し進むと、吹き溜まりが馬酔木を覆っていて段差が出来ていた。
ここもトレースがあるので難無く越えて行けた。
前方に霊仙山山頂方面が見えた。

画像


冬場は五合目を通らないが、上の尾根から五合目の木が見えた。

画像


この辺りから、樹氷が見られるようになった。

画像


雪が多くなってきたが、トレースがしっかり付いていた。

画像


展望が良くなって六合目に到着した。

画像


遠くに九合目の避難小屋が見えた。

画像


これから登って行く気持ち良い冬道の尾根とP920。

画像


この先は、スノーシューのトレースは消えていたが、アイゼンの踏み跡が一本付いていた。
本日の先行者のものだろうか。

画像


振り返ると、六合目の後ろに伊吹山が見えていた。

画像


新たなトレースを付けながら気持ちよく登り、P920へ着いた。

画像


少し霞んでいるが、白山・御嶽山・乗鞍岳・中央アルプスが確認できた。
前方には、谷山・霊仙山が見えた。

画像


谷山・霊仙山を眺めながら、尾根を歩いて行った。

画像


一旦旧七合目先の鞍部へ下り、登り返して行った。

画像


樹氷の中を眺めながら」登って行った。

画像


道が平坦になり、左へ方向を変える所で、先行者のトレースは尾根を真っ直ぐ伸びていた。
ここは私も以前間違えて真っ直ぐ進んだところだった。
そのため、ここから先は、ノートレースになった。
今はルートは熟知しているので、迷うことなく歩いて行った。
谷山分岐まで来ると、前方に避難小屋が見えた。

画像


谷を下って行き、旧八合目の標識を確認。

画像


ここからトラバースして行くと、右手に伊吹山が見え、回り込んで行くと八合目四丁横崖に着いた。

画像


ここから避難小屋まで登りが続く。
樹氷の間を抜けて登って行く。

画像


最後の急坂を右手に伊吹山を眺めて一歩一歩登って行った。

画像


左手前方に避難小屋が見えてきた。

画像


平坦な所で振り返り、トレースと谷山を眺めた。

画像


この辺りから、眺望が素晴らしくなったが、風も強く吹いていた。

画像


伊吹山から谷山の後方に、御嶽山・乗鞍岳・白山などが見えていた。
前方には、避難小屋までの最後の登り斜面。

画像


避難小屋まで登り、伊吹山を眺めた。

画像


避難小屋へ到着したら、5人グループが榑ヶ畑方面から到着され小屋に入られる所だった。

画像


スノーシューを外し、風が強いので避難小屋で昼食タイムを取った。




霊仙山(その2)へ続く・・・・








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
霊仙山(その1)〜柏原駅から霊仙山避難小屋〜 さぶの気ままな山旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる