さぶの気ままな山旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊吹山〜山頂は寒かったが、雪山楽しむ〜

<<   作成日時 : 2018/02/09 23:50   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年2月9日(金) 滋賀県の伊吹山に登ってきました。

画像


今回のルート:伊吹登山口バス停(9:05-9:19)〜1合目(9:42-9:50)
    〜3合目東屋(10:46-10:51)〜5合目(11:13)
    〜6合目避難小屋(11:28)〜山頂登山道分岐(12:21)
    〜日本武尊像(12:29-12:34)
    〜伊吹山(1,377.3m)(12:40-12:43)〜昼食(12:47-13:00)
    〜琵琶湖展望台(13:27-13:30)〜6合目避難小屋(13:56)
    〜5合目(14:07)〜3合目東屋(14:21-14:46)〜1合目(15:28)
    〜上野登山口(15:43-15:48)〜JR近江長岡駅(16:48)

交通(行き):上飯田(6:26)--<市バス>--(6:59)名古屋駅
    ・・・名古屋(7:16)==<JR>==(8:37)近江長岡
    ・・・近江長岡駅(8:45)--<湖国バス>--(9:05)伊吹登山口
  (帰り):近江長岡(17:09)==<JR>==(18:07)名古屋
    ・・・名古屋駅(18:22)--<市バス>--(19:06)上飯田

天候: 晴


好天予報に伊吹山へ向かい、近江長岡駅前から伊吹山を眺めた。

画像


平日なのに、マイクロバスは満員で初めて立って乗った。
3割は奥伊吹へのスキー客。
上野登山口から登り初め、踏み固められて滑りやすい登山道を登って行った。
1合目に到着し、アイゼンを付けた。

画像


日差しがあり風も無かったのでジャンバーは脱ぐ。
急坂が緩やかになった所で振り返り、霊仙山方面を眺めた。

画像


2合目からは、直登のトレースを登って行った。

画像


トレースを外すと腿まで踏み抜くところもあった。
徳蔵山を回り込んだところから、伊吹高原ホテル跡への直登トレースを登って行った。

画像


前方には、伊吹山が見えてきた。

画像


3合目の東屋で休憩後、4合目からも直登トレースを登って行った。
雪がふわふわでワカンの方が登りやすかったが、そのまま登って行った。
トレースが2本あり、右側を登ったら、5合目下で登山道に合流した。
登山道を歩いて5合目に到着した。

画像


6合目の避難小屋横を通り、直登が続いた。

画像


画像


段々傾斜がきつくなってきたが、階段状のトレースで歩きやすかった。
平等岩の高さまで登って来た。

画像


最後の急斜面を登って行ったが、雪が柔らかくピッケルは使わず、アイゼン無しでも登れそうだった。

画像


急斜面を登って振り返った。

画像


山頂台地に上がり、霊仙山方面を眺めた。

画像


途中では、樹氷が見られなかったが、山頂には見られた。

画像


山頂の山小屋が見えてきた。

画像


日本武尊像に到着した。

画像


御嶽山や白山は見えないが、展望は良かった。

     山頂部と琵琶湖方面
画像


     北方面
画像


一等三角点までトレースを辿ったが、膝まで沈んだ。

画像


山小屋の片隅で昼食にしたが、風があって寒くゆっくりできなかった。
雪が柔らかかったので、アイゼンをワカンに変えた。
ワカンで西登山道ラインを歩いて行き、琵琶湖展望台へ。

画像


琵琶湖展望台から山小屋方面を眺めた。

画像


9合目付近へ戻り下山開始、急斜面をトレースを避けて下って行った。

画像


画像


5合目からは、西側の新たなコースを下って4合目へ行った。
山頂でゆっくりできなかったので、3合目東屋でコーヒータイムを取った。
3合目からも少しコースを変えてまっすぐ下った。
登りでは、徳蔵山の中央付近から登って来たが、右方面へ真っ直ぐ下った。

画像


2合目を過ぎると、琵琶湖が光って見えた。

画像


旧ゲレンデを下り、1合目のトイレでワカンを外した。
上野登山口へ無事下山した。

画像


バスの時間まで1時間程あったので、近江長岡駅まで歩いた。
上野口あたりから伊吹山を眺めた。

画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
伊吹山〜山頂は寒かったが、雪山楽しむ〜 さぶの気ままな山旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる