さぶの気ままな山旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 霊仙山〜風は強かったが、展望よく雪山楽しむ〜

<<   作成日時 : 2018/02/12 23:50   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年2月12日(月) 滋賀県の霊仙山に山旅仲間4名で登ってきました。

画像


今回のルート:醒井養鱒場P(8:00-8:08)〜榑ヶ畑登山口(9:01-9:06)
    〜汗拭峠(9:28-9:31)〜見晴台(10:10-10:15)
    〜お猿岩(10:45-10:55)〜お池(11:07-11:12)
    〜避難小屋(11:51-12:29)〜経塚山(1,040m)(12:36)
    〜最高点(1,094m)(12:53-12:58)
    〜霊仙山(1,083.5m)(13:12-13:20)〜西峰(13:30)
    〜お猿岩(13:45-13:55)〜見晴台(14:08)〜汗拭峠(14:29-14:32)
    〜榑ヶ畑登山口(14:47-14:50)〜醒井養鱒場P(15:35)

交通(行き):自宅(6:30)--<車>--春日井IC--<名神>--(7:10)養老SA(7:15)
    --<名神>--関ヶ原IC--<車>--(8:00)醒井養鱒場P
  (帰り):醒井養鱒場P(15:45)--<車>--関ヶ原IC--<名神>--養老SA
    --<名神>--一宮IC--<名二幹>--勝川IC--<車>--(17:20)自宅

天候: 曇り時々晴れ間


強風予報で天気が心配でしたが、霊仙山へ予定通り登ることにした。
養老SAでIさんと合流し、榑ヶ畑登山口へ向かったが、醒井養鱒場先は積雪があり、そこから林道を歩くことにした。

画像


凍結して滑りやすい林道を歩き、1時間弱で榑ヶ畑登山口に着いた。

画像


山小屋かなやの前を通って登って行った。

画像


2合目汗拭峠に到着。

画像


雪は締まっていたし、トレースも残っていたのでアイゼン等無しで登って行った。
5合目に近づくと、山頂付近に樹氷が見え、テンションアップした。

画像


5合目見晴台からは、琵琶湖方面が良く見えた。

画像


5合目からは、7合目へ直登トレースを登って行った。

画像


画像


青空も見え始め。

画像


樹氷も見られるようになってきた。

画像


急坂の途中で雪面が固くなり、アイゼンを付けていた方が歩きやすかったが、そのまま7合目お猿岩まで登った。

画像


ここでスノーシューを履き、お池へ向かって歩いて行った。

画像


お池は雪の中だが、鳥居があった。

画像


ここから西側の縁沿いに歩いて避難小屋へ向かった。

画像


最高点・山頂方面を眺めながら。

画像


こんなところもあった。

画像


樹氷も眺めて。

画像


画像


避難小屋が見えてきた。

画像


経塚山には登らず、回り込んで行った。

画像


そして、避難小屋に到着した。

画像


避難小屋には、柏原からの2名が休憩されていた。
ここで昼食タイムにした。
食後のコーヒーを飲み、スノーシューは履かずに経塚山へ向かったが、風が強くあおられた。
経塚山山頂も風が強く、すぐ最高点へ向かった。

画像


風に悩まされながらも急斜面を登り、最高点に着いた。

画像


西南尾根・霊仙山方面を眺めた。

画像


東方面の樹氷に陽があたって美しい。

画像


最高点から少し下って、三角点のある山頂へ向かった。

画像


登り返して行くと、霊仙山山頂に到着。

画像


伊吹山山頂には、まだ雲がかかっていた。

画像


ここから西峰に向かった。

画像


西峰にて私だけスノーシューを履き、樹氷の林を抜けてお猿岩へ向かった。

画像


7合目お猿岩へ戻って来た。

画像


スノーシューをアイゼンに変え、快調に下って行った。
林道も凍結していたので、駐車場までそのままアイゼンで歩いた。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
霊仙山〜風は強かったが、展望よく雪山楽しむ〜 さぶの気ままな山旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる