さぶの気ままな山旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 恩田大川入山〜眺望は無かったが、雪山楽しむ〜

<<   作成日時 : 2018/02/25 23:50   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年2月25日(日) 山旅仲間3名で恩田大川入山に登ってきました。

画像


今回のルート:あららぎ高原スキー場第一P(7:40-7:55)
     〜大川入山登山口(8:10-8:20)〜旧道分岐(8:59-9:05)
     〜山頂まで2km標識(10:25)
     〜恩田大川入山分岐(10:45-10:48)〜P1902(11:08-11:13)
     〜三階山(1,941m)(11:45)〜阿賀滝山標識(11:52-12:40)
     〜三階山(12:46-12:51)〜P1902(13:16-13:21)
     〜恩田大川入山分岐(13:40)〜山頂まで2km標識(13:55)
     〜旧道分岐(14:42)〜大川入山登山口(15:05)
     〜あららぎ高原スキー場第一P(15:20)

交通(行き):自宅(5:30)--<車>--小牧東IC(6:10)--<中央高速>
     --園原IC--<車>--(7:40)あららぎ高原スキー場第一P
  (帰り):あららぎ高原スキー場第一P(15:40)--<車>
     --(18:40)高蔵寺駅・・・高蔵寺(18:51)==<JR>
     ==(19:03)大曽根

天候: 曇り


松阪からのI氏と小牧東ICで合流し、中央道を走ってあららぎ高原スキー場へ向かった。
最近雪が降って無いようで、スキー場の駐車場まで車道には雪が無かった。

画像


リフト営業開始前で、誰もいないゲレンデ横を登って大川入山登山口へ。

画像


恩田大川入山もここが登山口。
前方に先行者の姿が見えた。
登山口からトレースがしっかり付いていて踏み固まっていたので、ツボ足で歩いて行った。
1時間程で旧道分岐の尾根に着いた。

画像


トレースを外れると踏み抜くところもあったので、その先の急坂を登ったところでスノーシューを履いた。
左手に大川入山が見えてきた。

画像


後方には、蛇峠山も見えていた。

画像


大川入山山頂まで2km標識を通過した。

画像


恩田大川入山と大川入山分岐に着いた。

画像


アイゼンの先行者のトレースは、大川入山へ向かっていた。
われわれは、冬季限定の恩田大川入山へ向かった。
展望が良くなってきたが、P1902の手前に倒木があった。

画像


しかし、通るのに支障は無く、急坂を登ってP1902に着いた。
360度の展望がある場所だが、遠望は望めなかった。

     後方に大川入山
画像


気持ち良く雪庇の横を歩いて行った。

画像


前方に恵那山が見えた。

画像


恩田大川入山の最高点、三階山で右に向かうと、阿賀滝山のプレートがある所に着いた。

画像


三角点は少し下った所にあるが、雪の中なので、ここの恵那山が見える場所で昼食タイムにした。

画像


恵那山の右側には、御嶽山が見えるのだが、今日は見えてない。
昼食、コーヒータイムを終えて引き返した。
三階山から鯉子山方面に雪庇が出来ていた。

画像


雪庇の先から鯉子山へ向かう尾根を眺めた。

画像


気持ち良さそうな尾根で下って行きたいが、時間も無く、戻るのも大変だ。
雪庇の尾根を歩いて行った。

画像


P1902まで戻り、小休憩。

画像


無事、登山口へ戻って来た。

画像


スノーシューのままゲレンデ横を下り、駐車場へ着いた。




  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
恩田大川入山〜眺望は無かったが、雪山楽しむ〜 さぶの気ままな山旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる