さぶの気ままな山旅

アクセスカウンタ

zoom RSS ハライド・南コブ・割谷の頭・菰野富士〜アカヤシオとミツバツツジ〜

<<   作成日時 : 2018/04/12 23:50   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年4月12日(木) 鈴鹿のハライドに登ってきました。

画像


今回のルート:湯の山温泉駅(7:23)〜菰野富士(369m)(8:07-8:11)
    〜希望荘(8:26)〜おおるりばし(8:31)〜笠岳分岐(8:56)
    〜風越峠(9:06-9:09)〜南コブ(723m)(9:33-9:51)
    〜ハライド(908m)(11:13-11:48)〜腰越峠(12:03)
    〜ハライド好展望地(12:32-12:39)
    〜青岳・裏道登山道合流(12:43)
    〜鐘突堂跡(12:50)〜割谷の頭(801m)(13:01-13:06)
    〜スカイライン冬季ゲート(14:37)〜鳥居道休憩所(14:47-14:50)
    〜湯の山温泉駅(15:14)

交通(行き):大曽根(5:53)==<JR>==(6:06)名古屋・・・近鉄名古屋(6:10)
    ==<近鉄>==(6:43)近鉄四日市(6:50)==<近鉄>
    ==(7:23)湯の山温泉
  (帰り):湯の山温泉(15:32)==<近鉄>==(15:59)近鉄四日市(16:10)
    ==<近鉄>==(16:45)近鉄名古屋・・・名古屋(16:49)
    ==<地下鉄>==(16:54)栄(16:59)==<地下鉄>
    ==(17:08)平安通(17:19)==<地下鉄>==(17:20)上飯田

天候: 晴時々曇り


コブ尾根からハライドのアカヤシオが見頃かなと思い、見に行きました。
下山は、割谷の頭からスカイラインへ下る尾根のバリルートを、初めて歩くことにした。
湯の山温泉駅から車道を歩き、東海自然歩道へ入る前に菰野富士へ登った。

画像


ツツジの植栽されている横の広い道を登って行き、途中でリボン目印から山に入った。
前回歩いているので、適当にトラバースして行き、希望荘付近からの道に出て山頂へ登った。
低山だが、展望は良い所だ。

画像


希望荘へ行くので、来た道を希望荘方面へ下って行った。
スカイラインに出ると、そこは希望荘への分岐だった。

画像


希望荘への道を歩いて行き、東海自然歩道に入って、おおるりばしから山道になった。

画像


東海自然歩道を順調に歩いて行き、風越峠に着いた。

画像


今回は、後半のバリルート歩きがあるので、笠岳、ネコはパスした。
南コブへの急登をゆっくり登って行ったら、途中でツチグリが見られた。

画像


南コブへ登り、展望の良い北側岩場へ行くとアカヤシオが満開だった。

画像


画像


天候が予報に反し悪くなって来た。
風があり、分厚い雲に覆われて来た。
しかし、ここからの尾根歩きを、アカヤシオとミツバツツジが癒してくれた。
南コブのピークを確認しコブ尾根を歩いて行った。

画像


    ミツバツツジ
画像


画像


画像


画像


    アカヤシオ
画像


画像


画像


P800辺りで、東へ尾根を下れるようなので少し偵察に行った。

画像


すぐに引き返したが、薄い踏み跡があり、次の機会に歩こうと思った。
展望の良いP820に着いた。

画像


前は切れ落ちていて、崩落している。
南側から回り込むようにコルへ出た。

画像


急坂を登って行くと、タチキランソウが沢山咲いていた。

画像


山頂近くに来ると、タムシバも見られた。

画像


アカヤシオは、山頂付近ではまだ蕾で、満開は1週間ぐらい先だろうか?
ハライド山頂に到着した。

画像


    御在所岳方面
画像


山頂は、風が強かったので、コブ尾根方面へ少し戻った広場で昼食をと思ったが、丁度4〜5名のグループが到着されそちらへ行かれたので、山頂の南端で昼食タイムにした。
腰越峠へ向け、急なガレ場を下って行った。
この辺りもアカヤシオが多い所だが、まだ少ししか咲いていなかった。
咲き始めた花や蕾が寒さと風で散っている所も見られた。
スミレは、3種類見られた。

画像


画像


    タチツボスミレ
画像


腰越峠に着き、ハライドを振り返った。

画像


アカヤシオが咲いていたら、ヤシオ尾根まで行こうと思ったが、まだなので、腰越峠・山岳寺跡登山道で行くことにした。
この道は、途中で崩落場所を迂回するため、かなり下って登り返す道になっていた。
途中でハライドが見える展望地へ寄り道した。

画像


    ハライド
画像


展望地の斜面にハルリンドウが群生していた。

画像


すぐに青岳・裏道登山道に合流し、鐘突堂跡から真っ直ぐ登り返して、割谷の頭へ向かった。

画像


界の文字が彫られた石がある割谷の頭に着いた。

画像


画像


ここから南東に下るバリルートの尾根道に前から興味があったので、下ることにした。
尾根ルートには、何色かのテープがあった。
下りは、尾根を間違えると大変なので、テープを確認しながら下って行った。
最初は薄暗い感じだったが、下って行くと気持ちの良い尾根になり、岩場も出て来て好みのルートになった。
ミツバツツジが沢山見られ、アカヤシオも咲いていた。
P724の先の平坦な所には、イワウチワが群生していた。

画像


画像


ハライドとコブ尾根が見渡せる場所もあった。

画像


痩せた岩尾根も通過した。

画像


通過してから横を見たら、う回路もあった。
気持ち良い尾根を下って行った。

画像


画像


画像


P572を通過。

画像


スカイラインが見えて来て、右手前方に下ったらスカイラインへ出た。

画像


スカイライン冬季ゲートのすぐ上だった。
スカイラインを歩いて行き、鳥居道休憩所でトイレに立ち寄り、湯の山温泉駅まで朝来た道を歩いて行った。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハライド・南コブ・割谷の頭・菰野富士〜アカヤシオとミツバツツジ〜 さぶの気ままな山旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる