さぶの気ままな山旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 大峰山(八経ヶ岳)・明星ヶ岳・弥山〜行者環トンネル西口から〜

<<   作成日時 : 2018/05/05 23:50   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年5月5日(土) 奈良県の大峰山にバドさんと登ってきました。

画像


今回のルート:駐車スペース(6:38-6:48)〜行者環トンネル西口(6:54)
    〜奥駈出合(7:39)〜弁天の森(7:57-8:04)〜聖宝ノ宿跡(8:26)
    〜弥山小屋(9:07)〜弥山(1,895m)(9:10-9:15)
    〜弥山小屋(9:18)〜八経ヶ岳(1,915.2m)(9:39-9:51)
    〜明星ヶ岳(1,894m)(10:09-10:50)〜八経ヶ岳(11:07-11:10)
    〜弥山小屋(11:31-11:37)〜聖宝ノ宿跡(12:22)
    〜弁天の森(12:45-12:53)〜奥駈出合(13:07)
    〜行者環トンネル西口(13:53)〜駐車スペース(13:57)

交通(行き):自宅(3:00)--(19)--勝川IC--(名二環)--名古屋西IC
    --(東名阪)--亀山IC--(名阪)--針IC--(369・165・169・309)
    --(6:38)行者環トンネル西口
  (帰り):行者環トンネル西口(14:05)--(309・169・370・369)--針IC--(名阪)
    --亀山IC--(東名阪)--名古屋西IC--(名二環)--勝川IC--(19)
    --(18:50)自宅

天候: 晴


名古屋から4時間程かかる大峰山へ深夜に出発して登ることにした。
行きは、ナビに従って天川村から入ったが、川迫川渓谷は道が狭く走行に気を使った。
行者環トンネル西口手前の駐車スペースに駐車して、車道を少し歩いて登山口へ。
登山口の有料駐車場には、かなりの車が停まっていた。

画像


登山口からしばらく、新緑の平坦な道を歩いて行った。

画像


橋を渡ると、急登が始まった。

画像


急坂を登って行くと、シャクナゲが咲いていた。

画像


帰りに、ゆっくり眺めよう。
笹が現れ、出会いはもうすぐだろう。

画像


奥駈出合に到着した。

画像


ここから道は緩やかになって、気持ち良く歩いて行った。

画像


三等三角点のある弁天の森に着いた。

画像


前方に、弥山と八経ヶ岳が見えて来た。

画像


理源大師聖宝の坐像がある聖宝ノ宿跡に着いた。

画像


ここから最後の急坂が始まり、途中から木道の階段が現れた。

画像


大普賢岳方面が良く見える場所があった。

画像


ジグザグに登って行き、弥山小屋に到着した。

画像


小屋で休憩せず、弥山神社のある山頂へ向かった。

画像


鳥居を二つ潜って、天河大辨財天奥宮(弥山神社)に到着。

画像


ここが、弥山山頂になるが、山頂標識は無かった。
奥宮を一周し、これから向かう八経ヶ岳を眺めた。

画像


弥山小屋へ戻り、八経ヶ岳へ向かった。
途中のオオヤマレンゲ群生地は、獣害避けの柵があり、扉を開け閉めして通過した。
大峰山最高峰の八経ヶ岳に着いた。

画像


山頂には、登山者が多いと思ったが、冷たい風が吹いていたので、すぐに帰られる登山者が多いのか、少なかった。

画像


われわれは、明星ヶ岳まで行くことにした。

画像


釈迦ヶ岳方面へ奥駈道を歩いて行き、明星ヶ岳に着いた。

画像


ここは、山頂部が広いし展望も良く、登山者も少ないので、ここで少し早めの昼食にした。

    弥山・八経ヶ岳方面
画像


    釈迦ヶ岳方面
画像


食事を終え、八経ヶ岳へ戻った。

画像


山頂には、登山者が多くなっていたし、弥山小屋へ戻る道でも、多くの登山者とすれ違った。
弥山小屋で休憩した後、朝来た道を下って行った。
花は、あまり目につかなかったが、ワチガイソウ・コミヤマカタバミ・フモトスミレなど、小さな花が少し見られた。

    ワチガイソウ
画像


画像


    コミヤマカタバミ
画像


    フモトスミレ
画像


    ミヤマシキミ
画像


    オオカメノキ
画像


新緑に映えるミツバツツジも、一か所で咲いていた。

画像


シャクナゲは、上部はまだ蕾だったが、下って行くと、咲いている木も多かった。

画像


画像


画像


登山口へ無事下山した。

画像


しかし、これから名古屋への帰りが大変だ。
東名阪は、どれだけ渋滞しているだろう。
亀山までも、二ヶ所程普段渋滞しない所で渋滞があった。
亀山から四日市あたりまでは、ノロノロ運転が続いたが、1時間早く出られたので、予定の時間に帰宅できた。

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大峰山(八経ヶ岳)・明星ヶ岳・弥山〜行者環トンネル西口から〜 さぶの気ままな山旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる