さぶの気ままな山旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 竜ヶ岳・砂山〜御池のくーさんと竜の羊たち〜

<<   作成日時 : 2018/05/12 23:50   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年5月12日(土) 御池のくーさんを見てから、竜ヶ岳に登ってきました。

画像


今回のルート:登竜荘跡地P(10:15-10:30)〜宇賀渓遊歩道入口(10:31)
    〜水晶降り口(97)(11:02)〜砂山(564m)(11:05-11:12)
    〜砂山奥展望台(11:23)〜砂山分岐(79)(11:40)
    〜長尾滝上流(78)(11:43-12:18)〜砂山分岐(79)(12:21)
    〜小峠(12:34)〜石榑峠(12:51-12:54)〜重ね岩(13:31-13:36)
    〜竜ヶ岳(1,099.3m)(14:04-14:58)〜治田峠分岐(13)(15:14)
    〜クラ(14)(15:20-15:25)〜金山尾根降り口(15:33)
    〜遠足尾根・新道分岐(137)(16:16-16:23)〜岩山展望台(16:33)
    〜遠足尾根入口(17:01)〜宇賀渓キャンプ場P(17:21)
    〜登竜荘跡地P(17:28)

交通(行き):上飯田(6:01)==<地下鉄>==(6:36)名古屋
    ・・・近鉄名古屋(6:51)==<近鉄>==(7:11)桑名
    ・・・桑名駅東口(7:15)--<車>--(8:20)鞍掛トンネル東口P(9:25)
    --<車>--(10:15)登竜荘跡地P
  (帰り):登竜荘跡地P(17:35)--<車>--(18:40)桑名駅東口
    ・・・桑名(18:46)==<JR>==(19:16)名古屋・・・名古屋(19:22)
    ==<地下鉄>==(19:50)上飯田

    近鉄名古屋→桑名    近鉄    440円
    桑名→名古屋      JR     350円

天候: 晴


そろそろ竜の羊たちに会いに行こうと思っていたら、山友のまるこさんから、御池のクーさんに会いたいと連絡があり、それなら両方行こうと、クーさんを見てから羊さんに会いに行くことになった。
桑名駅で待ち合わせて、コグルミ谷登山口に着くと、登山口前後の駐車スペースは車で一杯。しかたなく、鞍掛トンネル東口まで駐車場所を探しながら行くが、どこも停められていて、トンネル東口駐車場の横に何とか停めることが出来た。
コグルミ谷登山口まで20分ほどかかり、竜へ行く時間が1時間程遅くなりそうだった。
水とカメラだけを持って出発した。
クマガイソウ群生地に着き、同行の二人は初めて見るクーさんに感激していた。

画像


画像


写真を撮って、すぐ引き返したが、2日前は寒さで咲いていなかったヤマブキソウが咲いていた。

画像


途中から、運転手のFさんに先に行ってもらい、車を登山口へ。
丁度登山口へ着いたら、車も到着し、羊さんに会いに宇賀渓に向かった。
宇賀渓駐車場へ着くと、こちらも駐車場は満杯で、係の人から周辺はどこも満杯ですと言われた。
しかたなく、周辺で探すことにして、石榑峠方面へ車を走らせ登竜荘跡地の駐車場に何とか停めることが出来た。
すぐ傍に砂山への遊歩道入口があり、砂山は登ったことが無かったこともあり、砂山経由で石榑峠から表道で登ることにした。
竜ヶ岳は何度か登っているが、表道のみまだ登っていなかった。
スタートが10時半と遅くなったが、山頂に着く頃は登山者も少なくなっているだろう。
道路を渡ると、すぐに遊歩道入口。

画像


遊歩道だと甘く見ていたが、石の階段が多く、砂山にはすぐには着かなかった。
砂山山頂に着くと、竜ヶ岳山頂方面が見えた。

画像


画像


尾根を歩いて行き、奥の展望台から竜ヶ岳を眺めた。

画像


長尾滝方面へ下って行き、長尾滝の上の河原で昼食タイムにした。

画像


長尾滝へのハシゴは下らず、石榑峠に向け沢を渡渉しながら登って行った。
小峠からは、舗装道路を歩いて石榑峠に着いた。

画像


石榑峠も道路脇に車列がかなり下まで続いていた。
これから登る人も数人見えたが、下って来る人たちが多く見られた。
すぐのガレ場で団体さんとすれ違った。

画像


表道は展望は良かった。

画像


重ね岩付近へ来たら、ベニドウダンやシロヤシオが見られた。

画像


画像


重ね岩には、もちろん登った。

画像


画像


しばらくシロヤシオのトンネルが続いた。

画像


道が緩やかになると、笹原の道が山頂まで続いていた。

画像


14時過ぎに竜ヶ岳山頂に到着した。

画像


今日は多い時で100名程いたと見られる山頂に、まだ多くの登山者が見えた。
羊も群れが見える場所で休憩し、コーヒータイムにした。

画像


画像


薄曇りで風も弱く気持ち良かったので、しばらく昼寝する同行者もいた。

画像


1時間弱休憩し、気づいたら誰も居なくなっていた。

画像


その後、中道から山岳部の学生たちが登って来た。
石榑峠付近でテン泊し、明日釈迦ヶ岳から下山するという。
われわれも下山開始した。
下山は、遠足尾根を歩くことになった。

画像


羊の群れを眺めながら下って行った。
左方向には、静ケ岳が見えていた。

画像


治田峠分岐を通過し。

画像


シロヤシオを眺めながら歩いて行った。

画像


時折、竜ヶ岳方面も眺め。

画像


クラを通過。

画像


この後で、カメラのキャップが無いことに気づき、辺りを探したが見つからなかった。
遠足尾根・金山尾根分岐も通過し。

画像


蕾が多かったヤマツツジだが、咲いているのもあった。

画像


遠足尾根・新道分岐から急坂を下って行き、遠足尾根入口へ無事下山した。

画像


宇賀渓観光案内所の前を通って、国道421号を歩き駐車場へ戻った。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
竜ヶ岳・砂山〜御池のくーさんと竜の羊たち〜 さぶの気ままな山旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる