富士見台高原・神坂山・千両山~オオヤマレンゲ、神坂峠から鳥越峠~

2020年6月29日(月) のち   オオヤマレンゲ(大山蓮華)【モクレン科】   別名:ミヤマレンゲ   高さ4~5mの落葉小高木~低木。   花は芳香があり、径5~10cm。   花被片は9個あって外側の3個の萼片は卵形で小型。   花弁は6個、倒卵形で…
コメント:0

続きを読むread more

御在所岳~本谷から中道~

2020年6月27日(土)    御在所岳(ございしょだけ) 1,212m   三重県菰野町、滋賀県東近江市【御在所山/御在所山】   正式名は御在所山。   日本二百名山、日本百低山、日本山岳標高1003山、日本の山1000、東海の百山、関西百名山、近畿百名山、三重県の山、鈴鹿…
コメント:0

続きを読むread more

鎌ヶ岳・弥一ヶ岳~ショウキラン、イワキンバイ。長石谷から長石尾根~

2020年6月24日(水)    ショウキラン(鐘馗蘭)【ラン科】   草丈10~30cmの腐生ラン。   茎は太く、白色でやや淡紅色を帯び、半円形の鱗片葉をまばらにつける。   花は、茎頂に長い花柄を持った花を2~8個つける。   花被片や萼片は、淡紅紫色で楕円形、長さ約2cm。…
コメント:0

続きを読むread more

伊吹山~ナイトハイク~

2020年6月21日(日)前夜発    伊吹山(いぶきやま) 1,377m   滋賀県米原市、岐阜県揖斐川町・関ケ原町【長浜/関ヶ原】   日本百名山、新・花の百名山、一等三角点百名山、日本百低山、日本の山岳標高1003山、日本の山1000、関西百名山、近畿百名山、近江百山、東海の…
コメント:0

続きを読むread more

納古山~コアジサイが咲いていた。中級から塩の道・尾根コース~

2020年6月9日(火)    納古山(のこやま) 633m   岐阜県川辺町・七宗町【金山/上麻生】   東海の百山、続・ぎふ百山、岐阜県の山   山頂に、二等三角点(点名:岩戸山) 633.0m 👣今回のルート:上麻生駅(7:52-7:56)~中級コース登山口(8:21)~…
コメント:0

続きを読むread more

御在所岳・鎌ヶ岳~本谷から長石谷~

2020年6月6日(土)    御在所岳(ございしょだけ) 1,212m   三重県菰野町、滋賀県東近江市【御在所山/御在所山】   正式名は御在所山。   日本二百名山、日本百低山、日本山岳標高1003山、日本の山1000、東海の百山、関西百名山、近畿百名山、三重県の山、鈴鹿5…
コメント:0

続きを読むread more

伊吹山~ゆっくり花散策~

2020年5月28日(金)    伊吹山(いぶきやま) 1,377m   滋賀県米原市、岐阜県揖斐川町・関ケ原町【長浜/関ヶ原】   日本百名山、新・花の百名山、一等三角点百名山、日本百低山、日本の山岳標高1003山、日本の山1000、関西百名山、近畿百名山、近江百山、東海の百山、…
コメント:0

続きを読むread more

御池岳~エビネとクーさん、木和田尾からコグルミ谷~

2020年5月20日(水) のち   クマガイソウ(熊谷草)【ラン科】   草丈20~40cmの多年草。   花は、茎頂に薄い肌色の袋状に紅い筋の入った大きな花(8cm前後)を横向きにつける。   名前の由来は、源氏の名将、熊谷直実を連想したもの。   これは…
コメント:0

続きを読むread more

霊仙山・谷山~白ポコが見ごろ、柏原から醒ヶ井~

2020年5月13日(水) 時々黄砂あり   ヤマシャクヤク(山芍薬)【ボタン科】   草丈30~60cmの多年草。   花は茎頂に1個つき、上向きに咲く。   花弁は5~7個、白色で半開し芳香がある。   雌しべは普通3個、花柱の先は赤くて、短く外に曲がる。…
コメント:0

続きを読むread more

金毘羅山・明王山・迫間山・八木山・双子山・愛宕山・陰平山・表平山~うぬまの森からアルプスコースを歩き、八木三山へ~

2020年4月23日(木) のち一時   ヤマイワカガミ(山岩鏡)【イワウメ科】   草丈10~20cmの常緑の多年草。   花は花茎の先に白色の花を5~10個付ける。花冠は径1~1.5cm。   ヒメイワカガミに比べると鋸歯の数が多く、…
コメント:0

続きを読むread more

鳩吹山・西山・土田山~犬山遊園駅から縦走、ニリンソウ群落~

2020年4月15日(水)    ニリンソウ(二輪草)【キンポウゲ科】   草丈15~55cmの多年草。   花は白色で、径2cm位で萼片は5~7枚。   花柄は名のとおり2本ずつ出るものが多いが、1~3本まで変化がある。   茎葉に柄がないのが、イチリンソウ、サンリンソウと識別の…
コメント:0

続きを読むread more

納古山・遠見山・権現山~遠見山から縦走、トリプルツツジ~

2020年4月9日(木)    ヒカゲツツジ(日陰躑躅)【ツツジ科】   高さ1~2mの常緑低木。   花は枝先に2~4個、散形状につく。   花冠は漏斗状鐘形、淡黄色で径4~5cm。   5中裂し、上側の裂片内側に緑色の濃色の斑点がある。   花柄は長さ1~1.5mm、円形の鱗…
コメント:0

続きを読むread more

藤原岳・多志田山・草木・丸山~孫田尾根をのんびり歩き花めぐり~

2020年4月7日(火)    ミノコバイモ(美濃小貝母)【ユリ科】   別名:コバイモ   草丈10~25cmの多年草。   花は茎頂に1個、鐘形で下向きに咲く。   花被片は紫褐色の斑紋があり、斑紋は内側の方が濃い。   花被片の基部から3分の1の位置に密腺があり、そこで角ば…
コメント:0

続きを読むread more

鎌ヶ岳・湯の峰~馬ノ背尾根から長石尾根・長石谷~

2020年4月4日(土) 時々   アカヤシオ(赤八汐)【ツツジ科】    別名:アカギツツジ、アケボノツツジの変種。   高さ2~6mの落葉低木。   花は枝先に1~2個が葉の展開前に咲き、花冠は明るい淡紅紫色、広く開いた杯形で径5~6cm、5深裂する。  …
コメント:0

続きを読むread more