さぶの気ままな山旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 南米の旅(9)〜クスコからリマへ、リマ歴史地区観光、帰国の途へ〜

<<   作成日時 : 2014/06/13 11:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

6月2日(月) 10日目
  ウルバンバからクスコへ、そしてリマへ、世界遺産リマ歴史地区観光。

画像



朝食を食べた後、ホテルの庭を散策。

画像


煙が上がっていたので、何か燃やしているのかなと思っていたが、だんだん煙が大きくなっていった。

画像


ホテルの従業員たちも出てきて、火事だとわかった。
Kaさん夫婦は、外で散歩中に火事に遭遇されたようだ。
08時30分ホテルを出発。クスコへ行くのにコースを変更して走ってくれるそうだ。
まず、ウルバンバ川沿いに、ウルバンバ渓谷眺めながらを走って行く。
カルラ村、ラマイ村、ピサック村まで走り、ピサックでウルバンバ川を渡って、山を登って行く。
遺跡を眺めながら走って行く。展望の良い高台で車を降りる。

画像


画像


小さな動物園にも立ち寄る。
アルパカやピクーニャの系統の説明があったが、あまりわからない。

画像


画像


画像


画像


自由に草を与えることができる。

画像


コンドルはいなかったが、模型が作ってあった。

画像


クスコに向かって走っていると、車窓からプカプカラが見えた。

画像


11時頃クスコ空港に到着。搭乗手続き前にお弁当を食べる。ここで4日間お世話になったガイドの赤井さんとお別れ。彼女はこの後すぐに次の仕事が入っているとのこと。
12時40分LA-2020でリマへ向かう。(1時間25分)
14時05分リマ到着後、コンドルトラベルのバスに乗り、シンゴさんのガイドでリマ歴史地区の観光。
旧市街のアルマス広場でしばらくフリータイム。

画像


アルマス広場の周りには、リマ市庁舎・大統領府・カテドラルなどが立ち並ぶ。

              リマ市庁舎
画像


              大統領府
画像


              カテドラル
画像


歩いて周辺の観光。
大統領府の横を通ると、兵士が交替の光景が見られた。

画像


今工事中の、デサンバラードス駅。

画像


駅前を右に歩いて行くと、サンフランシスコ教会。

画像


教会には鳩がいっぱい留まっていて、時々一斉に飛び立ちびっくりする。
観光はこれで一応終わりだが、時間があるのでと日本人ペルー移住史資料館を案内してくれた。

画像


写真撮影はダメだったが、移住の歴史や日本文化の展示がしてあった。
さらに、人質事件で有名な日本大使館跡へも案内してくれた。

画像


建物は無いが、壁には銃弾の跡があり、その穴から中が覗けた。
最後は、ミラフローレスの海岸沿いを走り、恋人たちの公園。
そこには、抱き合う恋人たちのモニュメントがあった。

画像


また、ちょうど夕日が沈む時間になったので、しばらく夕日を眺めていた。

画像


画像


日本人の経営するお土産店に立ち寄った後、夕食は日本食を食べる。
全日程を終え、帰国の途に。リマ空港で荷物を羽田までで預け、出国手続き。
出発までは、VIPラウンジで休憩。


6月3日(火) 11日目
  リマ発ロサンゼルス、サンフランシスコ経由して帰国の途へ。

01時30分LA-0600でロサンゼルスに向かう。(8時間40分)
08時10分ロサンゼルスに到着。一旦荷物を受け取り預け直し。乗り継ぎ。
13時15分AA-1143でサンフランシスコへ向かう。(1時間20分)
14時35分サンフランシスコに到着。出国手続き後、免税店で買い物。乗り継ぎ。
19時10分JL-0001ビジネスで羽田に向かう。(10時間10分)機内食で日本食を希望したが、手前で品切れになり洋食に。それも口に合わなかった。


6月4日(水) 12日目
  羽田空港到着、ホテル泊

22時20分羽田に到着。通関後荷物を受け取るとスーツケースの鍵部分が壊れている。
添乗員さんがJALのカウンターに申し出るようアドバイスを受け、JALのカウンターに行くと手荷物事故報告書を書いてくれ、保険請求で使ってくださいと言われた。
今回の旅はここで解散。地方からの人たちはそれぞれ宿泊ホテルへ向かう。
われわれ中部組3名と大阪組2名は同じホテルでエクセルホテル東急へ向かう。


6月5日(木) 13日目
  羽田から中部国際空港へ。

06時30分にホテルを出て、羽田空港に向かう。
JALのカウンターで搭乗券を受け取り、搭乗手続き後朝食を食べる。
日本食の朝食を食べ、帰ってきた実感が湧く。
08時00分JL-0141で中部国際空港へ向かう。(1時間)
しかし、搭乗前に天候が悪く引き返すことがありますとの表示が出ていた。
最後の最後にどうなることかと心配したが、中部国際空港に着く頃は雨も降っていなく、風も弱かったので無事着陸で来た。
松坂組とはここで別れたが、後で聞いたニュースでは、津までの船が運行中止になっていた。
電車で帰られたのかな?












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
報告ありがとうございます。
従妹のN子嬢にこのページ聞いて初めて見ました。
改めて。凄い旅、いい旅だったと思いました。
皆さんのDVDのいただきましたありがとうございます。
今後もよろしく…。  6/21
e-sin
2014/06/21 23:19
sinziさん こんにちは

2週間の長旅もあっという間に終わってしまいましたね。これもみなさんと楽しく旅ができたおかげだと思っています。ありがとうございました。
sabu
2014/06/25 14:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
南米の旅(9)〜クスコからリマへ、リマ歴史地区観光、帰国の途へ〜 さぶの気ままな山旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる