さぶの気ままな山旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 穂高縦走(2)〜横尾から穂高岳山荘〜

<<   作成日時 : 2018/08/02 23:50   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

8月2日(木) 横尾山荘〜穂高岳山荘

画像


2日のルート:横尾山荘(4:50)〜本谷橋(5:40-6:00)
   〜涸沢小屋(7:37-7:50)〜北穂南稜梯子(上)(9:24-9:38)
   〜北穂分岐(11:05)〜北穂高岳(3,106m)(11:17-12:05)
   〜北穂分岐(12:13)〜涸沢岳三角点(14:28-14:35)
   〜涸沢岳(3,110m)(14:39-14:50)〜穂高岳山荘(15:05)(泊)

天候: 晴のち時々ガス


昨夜は、二段ベッドの上段だったせいで、少し暑かったこともあり熟睡できてない。
朝食はあまり食べられないので、朝食抜きで弁当のパンセットにし、夜明けとともに歩き始めた。

画像


途中で、屏風岩に朝日が差し始めた。

画像


50分程で本谷橋に到着した。

画像


河原で休憩し、弁当のパンセットを食べた。
野菜ジュースも入っていて、美味しかった。
これまでは、緩やかだった道も急になって来た。
花などを眺めながら、ゆっくり登って行った。
前方に、奥穂高岳が見え、涸沢まであと少しだ。

画像


ここから日影が無いので暑くなってきた。
沢の水で再度タオルを濡らし、首を冷しながら登って行った。
涸沢ヒュッテの分岐は、今回は真っ直ぐ登って行った。

画像


涸沢ヒュッテには立ち寄らず、涸沢小屋のテラスで休憩した。

画像


前穂、涸沢カールを眺めた。

画像


天気も良いし、時間もたっぷりあり、少しバテ気味だが北穂経由で穂高岳山荘まで行けそうだ。
北穂への登山道は整備され、木で土止めがされ階段になっていた。
少し登った水場で再度タオルを濡らし、ゆっくり登って行った。
ニッコウキスゲやシナノオトギリなどの花や景色に癒されながら登って行ったが、日差しは暑かった。

画像


南稜の取付きに着くと、鎖場の下山者があったので、しばらく待った。

画像


鎖場、梯子を登り、南稜に上がった。

画像


ここで前穂をバックにパチリ。

画像


登って行く南稜を見上げた。

画像


南陵は急登続きで、岩場やガレ場を登って行った。

画像


画像


途中で振り返り、涸沢方面を眺めた。

画像


右前方に、北穂高小屋も見えていた。

画像


少し緩やかになり、南稜テラスを抜け、北穂分岐まで登って来た。

画像


北穂沢源頭部をトラバースし、北穂へ少し登って振り返ると、松濤岩と南峰山頂に人が立っているのが見えた。

画像


最後の登りを頑張り、北穂高岳山頂に到着した。

画像


360度の展望が素晴らしい、槍ヶ岳もはっきり見えていた。

    大キレットから槍ヶ岳へ続く縦走路。
画像


    前穂・奥穂方面
画像


    大天井岳・常念岳方面
画像


    笠ヶ岳方面
画像


北穂山頂に到着して10分後には、槍ヶ岳にはガスがかかって来た。
途中で、下山者から山頂は人でいっぱいだったと聞いたが、着いた時は、5〜6人しか見えなかった。
バテ気味だったので、ここで大休憩を取り、昼食タイムを取った。
食事を作る予定は無かったが、水を2L持ってきたし、時間もあるので、お湯を沸かし、ドライカレーを食べ、コーヒーを煎れて飲んだ。
北アルプスの山々を眺めながら。
途中で北穂から涸沢岳まで歩けるか不安もあったが、食事を済ませると体力も回復してきた。
穂高岳山荘へは、15時頃までに着けばよいので、ゆっくり歩いて行けばよい。
丁度日差しも遮られて、風が冷たく気持ち良いので、好きな岩場歩きを楽しんで歩いて行こう。
先ほどの北穂分岐まで戻り、右へ登ると南峰の稜線に出た。
右手のピークが南峰山頂だが、パスして進んだ。

画像


滝谷側を急降下して、ドームの左側から回り込んで行った。

画像


さらに急降下して行った。

画像


振り返った。

画像


また下っては振り返った。

画像


画像


1時間程歩き、展望の良い所で休憩した。

画像


目指す涸沢岳方面を眺めた。

画像


前穂北尾根や涸沢カールの眺めが良かった。

画像


最低鞍部へ下って行く途中で、ミネウスユキソウが咲いていた。

画像


鎖場とハシゴの登りが始まった。

画像


連続する二つのハシゴを登って行き、見下ろした。

画像


涸沢岳直下の雪渓から、最後の急登だ。

画像


最後は岩をよじ登って稜線へ出た。

画像


すぐ先のピークが三角点で立ち寄った。

画像


ガスで見え隠れしていたが、すぐ先に涸沢岳の山頂が見えていた。
山頂へも立ち寄った。

画像


涸沢方面と山荘方面を眺めた。

画像


画像


しばらく山頂で休憩し、穂高岳山荘へ下った。
山荘で宿泊の受付を済ませ、缶ビールを買って外でしばらく過ごした。
山荘の夕食後、テン場まで上がり、夕陽を眺めた。

画像


画像


明日も天気が良いことを祈って就寝。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
穂高縦走(2)〜横尾から穂高岳山荘〜 さぶの気ままな山旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる