さぶの気ままな山旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 鎌ヶ岳〜涼を求めて、三ツ口谷から長石谷〜

<<   作成日時 : 2018/08/26 23:50   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年8月26日(日) 鈴鹿の鎌ヶ岳に登ってきました。

画像


今回のルート:三交湯の山温泉バス停(7:47-7:50)
   〜三ツ口谷・武平峠分岐(8:34)〜大滝(9:06-9:11)
   〜尾根道分岐2下(9:39)〜県境稜線・三ツ口谷分岐(10:09)
   〜鎌ヶ岳(1,161m)(10:25-11:08)〜岳峠(11:15)
   〜犬星大滝(12:15-12:24)〜長石谷入口河原(13:09-13:45)
   〜三交湯の山温泉バス停(14:05)

交通(行き):上飯田(5:35)==<地下鉄>==(5:48)大曽根・・・大曽根(5:53)
   ==<JR>==(6:06)名古屋・・・近鉄名古屋(6:10)==<近鉄>
   ==(6:43)近鉄四日市(7:00)==<近鉄>==(7:27)湯の山温泉
   ・・・近鉄湯の山温泉駅(7:40)--<三交バス>--(7:47)三交湯の山温泉
  (帰り):三交湯の山温泉(14:13)--<三交バス>
   --(14:20)近鉄湯の山温泉駅・・・湯の山温泉(14:32)==<近鉄>
   ==(14:59)近鉄四日市(15:10)==<近鉄>==(15:45)近鉄名古屋
   ・・・名古屋(15:48)==<地下鉄>==(16:14)上飯田

  近鉄名古屋  →  湯の山温泉  近鉄  850円
  近鉄湯の山温泉駅 → 三交湯の山温泉 三交バス 280円

天候: 晴


酷暑が戻って来たが、鈴鹿の山に登ることにした。
暑いので縦走は止めて、沢の水があるルートで鎌ヶ岳に登り、周回した。
バス停から歩いて、三ツ口谷から入った。

画像


入口の堰堤下に、シンテッポウユリが咲いていた。

画像


河原に下り、歩いて行くと、常連さんが水路の整備をされていた。
少し話しながら小滝の前でしばし涼んだ。
岩場のイワタバコは終わっていた。
登山道を歩いて行き、堰堤に上がると、御在所岳がスッキリ見えていた。

画像


御在所岳は、多くの人で賑わっているだろう。
堰堤上の河原では、もう一人の常連さんも水路の整備をされていた。
あいさつして、冬に氷瀑を作られている小滝を眺めた。

画像


一時水量は減っていたようだが、台風の雨で水量は程よく回復していた。
その上にも小滝があり、水も綺麗だった。

画像


長石尾根への分岐1下を通過し、大滝・迂回路分岐に着いた。

画像


昨年の大雨で荒れたままの状態だった。
地形も変わっていて、大滝への道も崩壊していたが、大滝の下まで行って、しばらく涼を取った。

画像


大滝からの直登コースは歩けそうだったので、木の根などを掴みながら登って行った。
途中で、大滝を横から眺めた。

画像


大滝の上部へ降り、その上の滝を眺めた。

画像


迂回路との分岐まで上がった。

画像


少し先で河原に下り、登山道でなく河原を歩いて行った。

画像


三ツ口谷最後の滝に着いた。

画像


滝の左岸を高巻きし、崩落場所を通過すると、尾根道分岐2下に着いた。

画像


この先、尾根に上がるか迷ったが、そのまま谷を歩いて行った。
ガレの手前で、単独男性が後ろから追い越して行った。
ガレは落石の危険があるので、間隔を取ってゆっくり登って行った。
しばらくして、落石の音がして、緊張した。

画像


落石が止まったのを確認して、足場を確認しながらガレを登って行き、県境稜線に上がった。

画像


ここまでは、先ほどの男性一人しか出会ってなかったが、急に登山者が増えた。
武平峠からの登山者が多いようだ。
山頂への直登コースは通行止めの為、迂回路を歩いて山頂に着いた。

画像


山頂南側には、珍しく誰も見えなかったが、北側には、8名程の登山者が休憩されていた。
丁度木陰の岩場が空いていたので、そこで昼食タイムを取った。
日差しは強いが、日陰は風が涼しく気持ち良かったので、雨乞岳方面を眺めながらのんびり休憩した。
その後、ぞくぞくと登山者が登って来て、岩場はいっぱいになった。
山頂からの眺望は、

   鎌ヶ岳山頂標識
画像


   雨乞岳・御在所岳方面
画像


   雲母峰方面
画像


   入道ヶ岳・鎌尾根方面
画像


岳峠へ下って行き、鎌ヶ岳を見上げた。

画像


そこから長石谷を下って行った。
昨年の大雨で荒れた谷には、倒木がまだ沢山残っていた。

画像


ここでも登山者と誰も出会わなかった。
犬星大滝まで下って来た。

画像


大滝の下で涼を取った。
滝の一段上へ登ってみたが、滝壺は無かった。
三ツ口谷でも見かけたが、ここにもヤマジノホトトギスが咲いていた。

画像


滑滝や小滝を眺めながら下って行った。

画像


画像


画像


長石谷入口の河原で休憩し、川に足を入れて涼を取った。
今日は、沢の水や滝で涼を取りながら歩いたが、汗はたっぷり掻いていた。
涼んだ後、着替えてバス停まで歩いた。
河原では、家族連れの人たちが水遊びをしていた。
バス停に着くと、ロープウェイ駐車場へ向かう車で道路も渋滞していたが、バスは予定時間に出発した。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鎌ヶ岳〜涼を求めて、三ツ口谷から長石谷〜 さぶの気ままな山旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる