さぶの気ままな山旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 鎌ヶ岳・水沢岳〜三ツ口谷・長石尾根から鎌尾根〜

<<   作成日時 : 2018/09/23 23:50   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年9月23日(日) 山旅仲間3名で、鈴鹿の鎌ヶ岳に登り、鎌尾根を歩いて来ました。

画像


今回のルート:湯の山パーキングセンター(7:50-7:53)
   〜中道・武平峠分岐(8:21-8:26)〜三ツ口谷・武平峠分岐(8:47)
   〜三ツ口谷最初の滝(8:51)〜大滝(9:15-9:20)
   〜最後の滝(9:46-9:51)〜長石尾根分岐(10:02)
   〜鎌ヶ岳(1,161m)(11:00-11:52)〜岳峠(12:00)
   〜ザレ場上部(12:26)〜衝立岩(12:49-13:01)
   〜西端尾根分岐(13:09-13:15)〜キノコ岩下(13:40)
   〜水沢岳(1,029.3m)(13:54-14:01)〜水沢峠(14:16-14:24)
   〜水沢岳登山口(15:22-15:27)〜宮妻峡キャンプ場(15:58)

交通(行き):上飯田(5:48)==<地下鉄>==(6:17)名古屋・・・近鉄名古屋(6:31)
   ==<近鉄>==(7:04)近鉄四日市(7:13)==<近鉄>
   ==(7:43)湯の山温泉・・・近鉄湯の山温泉(7:45)--<タクシー>
   --(7:50)湯の山パーキングセンター
  (帰り):宮妻峡キャンプ場(15:58)--<車>--(16:05)宮妻口バス停
   ・・・宮妻口(16:22)--<三交バス>--(17:12)近鉄四日市駅
   ・・・近鉄四日市(17:31)==<近鉄>==(18:07)近鉄名古屋
   ・・・名古屋(18:12)==<地下鉄>==(18:40)上飯田

  近鉄名古屋 → 湯の山温泉  近鉄  850円
  近鉄湯の山温泉 → 湯の山パーキングセンター タクシー 1,130円
  宮妻口  →  近鉄四日市駅 三交バス 790円
  近鉄四日市 → 近鉄名古屋 近鉄 620円

天候: 晴


鎌ヶ岳は、先週に続き2週連続になったが、山旅仲間のリクエストもあり、鎌尾根を歩くことになった。
今回も電車・バス利用なので、湯の山温泉から入り、鎌ヶ岳に登ってから鎌尾根を歩くコースにした。
鎌ヶ岳へは、三ツ口谷から長石尾根へのルートで計画した。
武平峠との分岐から河原に下り、三ツ口谷へ入った。
登り口にある小滝も、以前大雨の影響で埋まっていたが復活していた。

画像


登山道に入り、堰堤を右岸から登ると、御在所岳が見えた。

画像


河原を歩いて行くと、いつも週末に泊まり込みで河原の整備をされている常連さん会い、挨拶した。
冬場に人工氷瀑を作られてる滝を眺めた。

画像


その一段上にも滝があり、水がきれいだ。

画像


長石尾根への下の分岐を通過し、緩やかに登って行くと、大滝と迂回路の分岐に着いたが、この辺りは荒れていた。

画像


大滝への道も崩壊している所もあり、渡渉して進み大滝の下に着いた。
 
画像


滝の水量は多い方だった。
滝の横を直登するルートで木の根やロープを頼って登って行った。
途中で大滝を横から眺めた。

画像


大滝を上部からも眺めた。

画像


大滝の上で、一旦沢へ下りると、すぐ上にも滝があった。

画像


さらに直登すると迂回路と合流し、緩やかな道になった。
再度沢を歩く道になり、最後の滝まで沢を歩いて行った。

画像


滝の下で休憩し、左岸を高巻きし、しばらくして長石尾根への分岐に着いた。

画像


ここから長石尾根に上がり、尾根を登って行った。
御在所岳方面が好展望のガレ場で休憩した。

画像


仲間の一人は、体調が良く無いようで遅れ気味になっていた。
急坂を登って行き、鎌ヶ岳山頂手前の好展望地へ出た。

画像


入道ヶ岳も見えた。

画像


最後の急登を一気に登り、鎌ヶ岳山頂に着いた。

画像


予想通り、山頂は多くの登山者で賑わっていた。
日陰を探し、北側の岩場で昼食タイムにした。
宮妻口16時22分のバスに乗るので、体調の良くない仲間がいたが、16時着を予定して12時前に出発した。
鎌尾根を眺めてから、岳峠へ下って行った。

画像


途中で岳峠方面を眺めた。

画像


岳峠からは、鎌ヶ岳を見上げた。

画像


鎌尾根からも鎌ヶ岳を眺めた。

画像


アップダウンが続き、ザレ場上部に着いた。

画像


遅れ気味の仲間を待ちながら、ゆっくり歩いて行った。
好展望の衝立岩で休憩。

画像


鎌尾根の先に水沢岳が見えているが、そこへ遅くても14時には着きたい。

画像


衝立岩を滋賀県側から回り込んで下り、登り返して行くと、西端尾根分岐に着いた。

画像


振り返ると、今いた衝立岩の全容が見えた。

画像


方角を90度変え、水沢岳に向かって歩いて行くと、衝立岩の横に鎌ヶ岳も見えるようになった。

画像


平坦な広場には、ススキも見られ、その先に入道ヶ岳。

画像


水沢岳とキノコ岩のザレ場も見えた。

画像


キノコ岩の下部に着き、ザレ場を眺めた。

画像


登山道は、ザレ場の右についているが、そのままザレ場を登って行った。

画像


好展望のキノコ岩の上部で仲間を待ち、水沢岳山頂に着いた。

画像


何とか14時に山頂を出発出来た。後は下るのみ。
急坂を下って水沢峠に着いたが、下りでも遅れ気味の仲間。

画像


登山道が荒れていて、崩壊ヶ所もあった。

画像


15時半に登山口の林道に出た。

画像


林道を歩き始めると、ペースが上がったので、バス停まで急ぐことにした。
宮妻峡キャンプ場を通過した時、車が停まり「乗って行くか」と声を掛けられた。
このままでは、バスの時間に間に合わなかったので乗せてもらった。
天の助けか?
以前も、イブネに行った帰り、最終バスが出た後にバス停に着いたが、その日は僧兵祭りのシャトルバスがあり、無料で乗ったことがあった。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鎌ヶ岳・水沢岳〜三ツ口谷・長石尾根から鎌尾根〜 さぶの気ままな山旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる