さぶの気ままな山旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨乞岳・東雨乞岳・三人山〜武平峠から国見峠〜

<<   作成日時 : 2018/10/08 23:50   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年10月8日(月) 滋賀県の雨乞岳に登ってきました。

画像


今回のルート:御在所ロープウエイ前バス停(7:48)〜武平峠・中道分岐(8:13)
   〜武平峠・三ツ口谷分岐(8:31)〜スカイライン3標識(8:50)
   〜鎌ヶ岳登山道ザレ場(9:12)〜武平峠(9:18)
   〜武平トンネル西登山口(9:23-9:26)〜沢谷峠(9:56)
   〜一ぷく峠(10:00)〜沢谷ノ頭(10:15-10:25)
   〜三人山(1,014m)(10:52-10:57)
   〜好展望地(昼食)(11:28-12:04)
   〜東雨乞岳(1,225m)(12:09-12:12)
   〜雨乞岳(1,237.7m)(12:23-12:28)〜北尾根岩場(12:34-12:38)
   〜杉峠(12:51-12:54)〜御池鉱山旧跡標識(13:10)
   〜神崎川上流(13:32)〜コクイ谷出合(13:42)
   〜上水晶谷出合(13:57)〜V字滝(14:06-14:11)
   〜地獄谷出合(14:30)〜ハンバーガー岩(14:57)〜国見峠(14:59)
   〜藤内壁出合標識(15:28)〜藤内小屋(15:45-15:49)
   〜裏道国道入口(16:12)〜裏道1合目(16:35)
   〜御在所ロープウエイ前バス停(16:40)

交通(行き):大曽根(5:53)==<JR>==(6:08)名古屋
  ・・・近鉄名古屋(6:10)==<近鉄>==(6:43)近鉄四日市(7:00)
  ==<近鉄>==(7:28)湯の山温泉・・・近鉄湯の山温泉(7:40)
  --<三交バス>--(7:48)御在所ロープウエイ前
  (帰り):御在所ロープウエイ前(17:00)--<三交バス>
  --(17:08)近鉄湯の山温泉・・・湯の山温泉(17:17)==<近鉄>
  ==(17:43)近鉄四日市(17:46)==<近鉄>==(18:23)近鉄名古屋
  ・・・名古屋(18:28)==<地下鉄>==(18:50)上飯田

  近鉄名古屋 → 湯の山温泉  近鉄  850円
  近鉄湯の山温泉 → 御在所ロープウエイ前 三交バス 350円

天候: 晴


丁度1年ぶりの雨乞岳、これまでは武平峠からのスタートだったが、今回は単独でバス利用なので、ロープウエイ前バス停からの周回になった。
武平峠登山道を順調に歩いて行き、中道分岐、三ツ口谷分岐を通過して、表道分岐まで来た。

画像


この先には、渡渉や崩落ヶ所があったが、無事通過した。

画像


画像


スカイライン脇を登ったり、歩いてスカイライン3標識まで来た。

画像


この先で、駐車場方面への標識があり、そこを上がればよかったが、武平峠への標識もあったので行けると思い、先へ進んだら登山道が無くなっていた。
そこで河原へ下りて、進んで行ったのが間違いのもとになった。
しばらく河原を歩いた後、通れそうなところがあったので、尾根方面へ上がった。

画像


その後、尾根の急坂を登って行ったら、鎌ヶ岳登山道のザレ場に飛び出した。

画像


これから向かう雨乞岳が遠くに見えていた。
武平峠を通り、トンネル西登山口へ降りたが、予定外の時間と体力を費やした。

画像


バス停から90分もかかったが、天気も良いし17時までにはバス停に戻る予定で出発した。
登山道の崩落の為、ロープが張られ迂回路があったところのロープが無くなっていて、登山者が下って来たので歩いて行ったら、崩落場所は通れるようになっていた。
沢谷峠の分岐から軍界尾根に入り、一ぷく峠に着いた。

画像


アップダウンの尾根を歩いて行き、沢谷ノ頭で休憩していると、単独男性が下って見えたので、登山道の状態を聞いた。

画像


三人山を回り込む迂回路もあったが、三人山山頂に立ち寄った。

画像


三人山山頂は、展望は無いので、すぐに出発した。
迂回路と合流するところで、単独男性から「どちらから見えました」と聞かれ、すぐそこが三人山だと教えた。
その男性は、すぐに追いつき追い越して行った。
樹林帯を抜け、展望が良い所に出て、少し登ると休憩に良い岩があったので、山頂は登山者も多いことを考え、ここで昼食タイムを取った。鎌ヶ岳方面の眺望を楽しみながら。

画像


画像


後方には、雨乞岳も見えていた。

画像


食事とコーヒータイムを終え、緩やかな登山道を登って行くとリンドウが咲いていて、すぐに東雨乞岳山頂に着いた。

画像


画像


東雨乞岳山頂には、15名程の登山者が休憩されていた。
子犬を連れた4人組が雨乞岳へ向かわれた。
360度の眺望を楽しみ、雨乞岳に向かった。

画像


途中で紅葉した木も見られた。

画像


笹の生い茂る登山道を抜け、雨乞岳に到着した。

画像


山頂にある、大峠の澤にも行って見た。

画像


杉峠に向け北尾根を下って行き、途中の岩場から東雨乞岳方面を眺めた。

画像


山頂には、登山者の姿が確認できた。
北方面には、イブネが見えていた。

画像


急坂を下って行くと、杉峠に着いた。

画像


何度か渡渉して下って行き、神崎川上流まで来た。

画像


橋は無かったので、石飛で渡渉した。
コクイ谷出合では、コクイ谷側へロープ場を下った。

画像


そこで渡渉して、上水晶谷へ向かった。
上水晶谷も渡渉し、上水晶谷沿いに国見峠へ登って行った。

画像


登りになって足に疲れを感じ始め、V字滝で休憩した。

画像


スピードダウンしてゆっくり登って行き、地獄谷出合を通過した。

画像


登りを終えて、ハンバーガー岩まで来た。

画像


すぐ先に国見峠。

画像


裏道を藤内壁を眺めて下って行き、藤内小屋で休憩。

画像


裏道1合目に無事下山した。

画像


予定の17時前にバス停に戻った。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨乞岳・東雨乞岳・三人山〜武平峠から国見峠〜 さぶの気ままな山旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる