さぶの気ままな山旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 御在所岳・国見岳・青岳・割谷の頭〜本谷から地獄谷・ヤシオ尾根〜

<<   作成日時 : 2018/11/18 23:50   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年11月18日(日) 鈴鹿の御在所岳・国見岳に登ってきました。

画像


今回のルート:御在所ロープウエイ前バス停(7:48-7:54)
   〜御在所山の家(8:19-8:22)〜不動滝(8:51-8:54)〜畳岩(9:04-9:09)
   〜大黒滝(9:25)〜ジョーズ岩(9:38)〜大岩(9:45-9:50)
   〜大黒岩(10:01-10:16)〜一等三角点(10:32)
   〜御在所岳(1,212m)(10:34-10:37)〜地獄谷出合(11:17-11:22)
   〜ハンバーガー岩(11:44)〜国見峠(11:46)〜石門(12:00)
   〜国見岳(1,175m)(12:03-12:41)〜青岳(1,102m)(12:49)
   〜きのこ岩(12:52)〜鐘突堂跡(13:27)
   〜割谷の頭(790m)(13:35-13:40)〜スカイライン旧冬季ゲート(15:00)
   〜鳥居道休憩所(15:07-15:12)〜湯の山温泉駅(15:41)

交通(行き):大曽根(5:53)==<JR>==(6:06)名古屋・・・近鉄名古屋(6:10)
  ==<近鉄>==(6:43)近鉄四日市(7:00)==<近鉄>==(7:28)湯の山温泉
  ・・・近鉄湯の山温泉駅(7:40)--<三交バス>--(7:48)御在所ロープウエイ前
  (帰り):湯の山温泉(15:59)==<近鉄>==(16:25)近鉄四日市(16:31)
  ==<近鉄>==(17:06)近鉄名古屋・・・名古屋(17:12)==<地下鉄>
  ==(17:40)上飯田

  近鉄名古屋 → 湯の山温泉 近鉄 850円
  近鉄湯の山温泉駅 → 御在所ロープウエイ前 三重交通 350円

天候: 晴

御在所岳(ございしょだけ) 1,212m
   正式名は、御在所山
   日本二百名山、関西百名山、鈴鹿セブンマウンテン、鈴鹿10座
   一等三角点(点名:御在所山) 1,209.4m
   最高点は望湖台 1,212m
国見岳(くにみだけ) 1,175m
青岳(あおだけ) 1,102m
割谷の頭(われたにのかしら) 790m


今日は、御在所岳に登ってから、国見岳方面を歩くことにした。
久しぶりに本谷に入り、堰堤上から御在所岳を眺めた。

画像


最初の大岩を越える。

画像


滑滝の横を登って行く。

画像


いくつかの小滝も、横を登り越えて行く。

画像


ここまで誰にも会わず静かに登って来たが、不動滝の手前で休憩していた2人の登山者に出会った。
先行し、不動滝に到着した。

画像


高巻きして谷へ下りる手前で見上げると、白い鉄塔とゴンドラが見えた。

画像


畳岩を左側からよじ登り、岩の上で休憩した。

画像


右手の谷を登って行くと、倒木が行く手を阻んでいた。

画像


倒木を避けて、左側から回り込み何とか通過した。
見上げると、大岩の上に紫の実が見えた。

画像


紫の実は、ムラサキシキブだった。

画像


左の谷の岩をよじ登って、しばらく登ると大黒滝に着いた。
滝の手前の倒木は、片付けられていたが、滝の下にはまだ倒木が残っていた。

画像


上を見上げると、ここからも白い鉄塔とゴンドラが見えた。

画像


大黒滝を高巻きしたところで、下山者とすれ違った。
ロープのかかる急坂を登り、谷へ下りると、すぐにジョーズ岩。

画像


潜らずに岩を越えて行き、この上の好展望の大岩で休憩した。

画像


本谷を振り返り、白い鉄塔方面を眺めた。

画像


画像


大黒岩を真下から見あげた。

画像


本谷から大黒岩方面へ、太いロープを頼りによじ登り、大黒岩で休憩した。
大黒岩には、登山者が一人見えただけだった。
しばらく眺望を楽しんだ。

画像


    白い鉄塔方面
画像


    富士見岩展望台方面
画像


    鎌ヶ岳
画像


静かなひと時を過ごし、山頂へ向かったら観光客も含め一気に人が増え、望湖台も人でいっぱいだった。

画像


ゲレンデからショートカットで国見峠に下る予定だったが、望湖台から地獄谷を下ることにした。
誰にも出会わないで、地獄谷を下って行き、滝に着いた。

画像


これまでは、登山道で巻いていたが、直接滝の横を下れそうだったので、下って行った。
途中で滝を眺めながら。

画像


足場がしっかりしていて、滝の下まで降りた。

画像


地獄谷出合に着き、河原で昼食とも考えたが、国見岳山頂で食べることにして、行動食を食べた。
休憩していると、下から登って来た2名の登山者が、ここで昼食を取られた。
登山者と言葉を交わし、プレートを確認してから国見峠へ向かった。

画像


前回、雨乞岳の帰りは、この登り返しがきつかったが、今日はまだ余裕があった。
ハンバーガー岩に着き、振り返るとイブネが正面に見えた。

画像


すぐに国見峠に着くと、登山者が増え、国見岳までも多くの登山者に出会った。
久しぶりに石門に立ち寄った。

画像


石門の上にも上がって、雨乞岳を眺め、すぐに国見岳山頂へ。

画像


山頂の岩に登って見渡した後、北側の好展望岩場で昼食タイムにした。

画像


霞んでいたが、御嶽山が見えていた。

画像


下山は、ヤシオ尾根を通り、割谷の頭からスカイラインへ下るルートで。
青岳、きのこ岩に立ち寄り、ヤシオ尾根を下って行った。

    青岳
画像


    きのこ岩
画像


ブナ清水分岐、ハライド分岐を通過し下って行くと、前方に雲母峰が見え、手前にはこれから越えて行く小ピークが見えていた。

画像


腰越峠分岐を通過し、鐘突堂跡から登り返して割谷の頭に着いた。

画像


ここには、「界」の岩があり、国見尾根にある「界」の岩方面が見えた。

画像


ここからのバリルートは、春に歩いているが、所々迷いやすい所もあるので、テープなどを確認しながら下って行った。
岩を巻くところや、岩場の痩せ尾根もあり、楽しめる。

画像


画像


気持ち良い尾根歩きもあり、紅葉も楽しめた。

画像


画像


画像


終盤にロープ場の急降下があり、スカイラインの旧冬季ゲート付近に出た。

画像


鳥居道園地でトイレ休憩し、近鉄湯の山駅まで歩いた。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
御在所岳・国見岳・青岳・割谷の頭〜本谷から地獄谷・ヤシオ尾根〜 さぶの気ままな山旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる