猿投山・物見山~雲興寺から海上の森~

2019年4月20日(土)   
画像

猿投山(さなげやま) 629m
  愛知県豊田市・瀬戸市【瀬戸/猿投山】
  新・花の百名山、日本山岳標高1003山、日本の山1000、東海の百山、愛知の130山、愛知県の山
  山頂に、一等三角点(点名:猿投山) 629.0m
  最高峰は、東の宮裏手。 632m
物見山(ものみやま) 327m
  愛知県瀬戸市【瀬戸/猿投山】
  愛知の130山
👣今回のルート:名鉄赤津バス停(7:32)~雲興寺駐車場(7:44-7:49)~鉄塔・休憩ベンチ(8:24)~公衆トイレ(8:42)~東海自然歩道・北歩道分岐(9:13)~猿投山(9:27)~猿投山最高峰(9:51)~猿投山(10:05)~陽だまりの休憩所(10:10)~39号鉄塔(10:34-10:56)~赤猿峠(10:57)~林道・赤猿峠入口(11:10)~サルナシ湿地(11:21)~篠田池林道分岐(11:55)~物見山(12:21)~五叉路三角点入口(12:43)~三角点(12:52-13:02)~シデコブシの沢筋湿地(13:15)~屋戸川公園(13:33)~愛知環状山口駅(13:47)
🚌交通(行き):大曽根(6:43)==<名鉄>==(7:12)尾張瀬戸・・瀬戸駅前(7:18)-<名鉄バス>-(7:32)赤津
  (帰り):山口(14:05)=<愛知環状>=(14:18)高蔵寺(14:19)=<JR>=(14:36)大曽根
 大曽根 → 尾張瀬戸 名鉄 400円
 瀬戸駅前 → 赤津 名鉄バス 250円
   *manaca乗継割引あり。(80円引き)
 山口 → 高蔵寺 愛知環状鉄道 330円
 高蔵寺 → 大曽根 JR 240円

最近猿投山へは、山口駅から歩いていましたが、久しぶりに雲興寺コースで歩くことにした。
名鉄赤津バス停から、雲興寺までは、歩道の無い車の多い33号線を歩いていたが、脇道があることを知り歩いて見た。すると、車の心配もなく、アップダウンも無い歩きやすい道だった。
その道は、雲興寺の駐車場につながっていて、そこでトイレを済ませた。
33号線を横断し、橋を渡って東海自然歩道を歩いて行った。
画像

沢沿いに歩いて行ったが、階段の道を登ると、尾根へ上がった。
展望の良い白山ポイントがあり、絵が掲げられていた。
画像
 
少し霞んでいたが、能郷白山・白山とも確認できた。
    白山アップ
画像
  
鉄塔のある休憩所には、カタクリなどの花が植えられていたが、カタクリの花は終わっていた。
緩やかに下って行くと、公衆トイレがあり、そこからヤマザクラコースへ入った。
画像

少し登ると、山桜の巨木が現れた。
なぜこんな巨木があるのか、説明版もあった。
画像

花は満開を過ぎ、ほとんど散っていた。
画像

少し先には、まだ花が残っている木もあった。
画像

このまま尾根を登って行くと、赤猿峠付近へ出るが、このコースは一度歩いているので、三叉広場方面へ下り、さらに北歩道を登って行った。
画像

急坂を登って行き、サイコロ岩?を過ぎると、緩やかになった。
画像

しばらくして、東海自然歩道に合流し、歩いて行った。
恵那山展望地に着いたが、霞んでいて見えなかった。
一等三角点のある、猿投山山頂に着いた。
画像

山頂は、予想通り多くの登山者が休憩されていた。
水分補給と、田中陽希の登頂記録を確認して、先へ進んだ。
御嶽・中ア・恵那山展望所にも立ち寄ったが、霞んでいて見えない。
ヤブツバキの花が乗ったカエル石の横を通り、
画像

猿のぬいぐるみのある猿投山最高峰に着いた。
画像

東の宮へは、裏手から降り、
画像

山頂へ引き返した。
画像

帰りは、陽だまりの休憩所を通り、
画像

谷を下って行くと、妖精の池があった。
花壇?の先から尾根の東海自然歩道に上がる道があったので、そちらへ登って行った。
すると、東海自然歩道に合流し、休憩所があった。
画像

39号鉄塔の展望台で昼食タイムにした。
白山や御嶽山が見える所だが、今日は霞んでいて見えなかった。
おにぎりを食べ、とコーヒータイムを済ませると、すぐ下の赤猿峠から東海自然歩道で林道へ下った。
いつもは、ここから物見山へ尾根を歩くのだが、今日は、観察道の散策をしたかったので下った。
林道へ下り、観察道第1地区のシャラノキコースから入った。
画像

シャラノキ群生地を通り、
画像

サルナシ湿地に着いたが、湿地に花は咲いてなかった。
画像

新緑とコバノミツバツツジなどを眺めながら散策し、アジサイコースから林道へ出た。
画像

林道をしばらく歩いて行くと、海上の森へ入った。
篠田池へは行かず、湿地帯へ立ち寄りたかったので、まず物見山へ向かった。
山頂に着くと、団体さんが休憩されていたので、先に進んだ。
画像

五叉路から三角点へ向かい、三角点で休憩した。
画像

そこに先客が一人見えたが、すぐ出発され、入れ替わって女性が登って来た。
道に迷って、ひとまず三角点まで上がってきたと言う。
駐車場へ17時までに帰りたいが、物見山へ行けたら行きたいというので、簡単に説明して別れた。
貧栄養湿地でハルリンドウを眺め、
ハルリンドウ(春竜胆)【リンドウ科リンドウ属】
画像

画像

シデコブシの沢筋湿地まで足を延ばしたが、シデコブシは終わっていた。
コバノミツバツツジが沢山咲いていた。
画像

屋戸川公園付近では、ムラサキサギゴケがいっぱい咲いていた。
ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)【ゴマノハグサ科サギゴケ属】
画像

屋戸川橋を渡り、愛知環状鉄道山口駅まで歩いた。

他に出会った花たち.
リュウキンカ(立金花)【キンポウゲ科リュウキンカ属】
画像

シュンラン(春蘭)【ラン科シュンラン属】
画像

タチツボスミレ(立坪菫)【スミレ科スミレ属】
画像

フモトスミレ(麓菫)【スミレ科スミレ属】
画像

ニョイスミレ(如意菫)【スミレ科スミレ属】
画像

ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)【ケシ科キケマン属】
画像

ワサビ(山葵)【アブラナ科ワサビ属】
画像

コンロンソウ(崑崙草)【アブラナ科タネツケバナ属】
画像

ショウジョウバカマ(猩々袴)【ユリ科ショウジョウバカマ属】
画像

カンアオイ(寒葵)【ウマノスズクサ科カンアオイ属】
画像

コバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅)【ツツジ科ツツジ属】
画像

ヤマツツジ(山躑躅)【ツツジ科ツツジ属】
画像

ミヤマシキミ(深山樒)【ミカン科ミヤマシキミ属】
画像

ニガイチゴ(苦苺)【バラ科キイチゴ属】
画像

オオカメノキ(大亀の木)別名:ムシカリ【スイカズラ科ガマズミ属】
画像

アオダモ(青ダモ)【モクセイ科トネリコ属】
画像













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック