金毘羅山・明王山・迫間山・陰平山・八木三山~鵜沼駅から羽場駅~

2019年10月13日(日)   
191013-kagamiharaarupusu (24).JPG
金毘羅山(こんぴらやま) 383m
  岐阜県各務原市・関市【岐阜/犬山】
  東海の百山、各務原(関南)アルプス
  山頂に、二等三角点(点名:鵜沼村) 383.0m
明王山(みょうおうざん) 384m
  岐阜県各務原市・関市・坂祝町【岐阜/犬山】
  各務原(関南)アルプス
迫間山(はざまやま) 309m
  岐阜県関市【岐阜/美濃関】
  各務原(関南)アルプス
  迫間城跡
八木山(やぎやま) 296m
  岐阜県各務原市【岐阜/犬山】
  東海の百山、八木三山
双子山(ふたごやま) 247m
  岐阜県各務原市【岐阜/犬山】
  八木三山
愛宕山(あたごやま) 268m
  岐阜県各務原市【岐阜/犬山】
  八木三山
  山頂に、四等三角点(点名:愛宕山) 268.5m
陰平山(かげひらやま) 241m
  岐阜県各務原市【岐阜/犬山】
  山頂東のピークに、四等三角点(点名:宝積寺) 237.6m
👣今回のルート:新鵜沼駅(7:15)~合戸池(7:35-7:40)~眺望の丘(7:47-7:53)~展望塔広場(8:00-8:03)~陰平山(8:06)~陰平山三角点(8:09)~展望台(8:20)~中山道・アルプスハイキングコース分岐(8:33)~金毘羅山分岐(8:55)~金毘羅山(9:18-9:27)~明王山(9:34-9:39)~迫間山(9:55-9:58)~多賀坂峠(10:10)~四ツ辻(10:24)~各務野自然遺産の森(10:45-10:55)~各務野自然遺産の森入口(11:02)~八木山北登山口(11:04)~昼食(11:45-12:16)~八木山(12:20)~双子山(12:331)~愛宕山(12:51-12:57)~愛宕山西登山口(13:13)~羽場駅(13:26)
🚌交通(行き):上飯田(6:30)==<名鉄>==(7:02)犬山(7:11)==<名鉄>==(7:15)新鵜沼
  (帰り):羽場(13:55)==<名鉄>==(14:03)犬山(14:12)==<名鉄>==(14:43)上飯田
  上飯田→新鵜沼 名鉄 510円
  羽場→上飯田 名鉄 570円

台風一過の秋晴れになり、月曜日は雨模様なので、近場の里山を歩いて来た。
名鉄新鵜沼駅からJR鵜沼駅を通って、うぬまの森へ坂道を登って行った。
合戸池に着き、金毘羅山方面を眺めた。
191013-kagamiharaarupusu (1).JPG
すぐ横の入口から眺望の丘へ登って行き、東屋から眺望を楽しんだ。
191013-kagamiharaarupusu (2).JPG
鵜沼平和観音に立ち寄ってから、展望塔広場に着いた。
191013-kagamiharaarupusu (7).JPG
展望塔に上がったが、御嶽山は雲に隠れていた。
広場に降り、ススキ越しに伊木山方面を眺めた。
191013-kagamiharaarupusu (8).JPG
遊歩道を東方面へ歩いて行くと、陰平山山頂の標識があった。
191013-kagamiharaarupusu (11).JPG
さらに東へ真っすぐ歩いて行くと、東端に四等三角点(点名:宝積寺)があった。
191013-kagamiharaarupusu (12).JPG
北側の尾根をを下って行くと、木曽川の見える展望の良いところに出た。
191013-kagamiharaarupusu (14).JPG
薄い踏み跡をたどってトラバースして行くと、踏み跡が無くなり、藪になったが、前方に展望デッキへの階段が見えたので藪漕ぎで階段に出て、展望デッキへ上がった。
東方面へは立ち入り禁止の看板があった。
191013-kagamiharaarupusu (15).JPG
展望デッキから階段を下り、平坦な遊歩道を歩いて行くと、アルプスハイキングコースと中山道との分岐に着いた。
191013-kagamiharaarupusu (17).JPG
アルプスハイキングコースを歩いて行き、急な登りになったところに金毘羅山への分岐があり、金毘羅山へ向かった。
191013-kagamiharaarupusu (20).JPG
このコースは、未整備と書いてあり、一部不明瞭なところもあった。
山頂手前で、南尾根コースに合流し、金毘羅山山頂に着いた。
191013-kagamiharaarupusu (32).JPG
先ほど展望塔からは、雲に隠れていた御嶽山も顔を出していた。
191013-kagamiharaarupusu (31).JPG
恵那山もくっきり見えた。
191013-kagamiharaarupusu (29).JPG
金毘羅神社の横を通り、電波塔の立つ明王山へ向かった。
191013-kagamiharaarupusu (35).JPG
舗装路に並行した登山道を歩いて行き、明王山山頂に着いた。
191013-kagamiharaarupusu (37).JPG
金毘羅山には、誰も見えなかったが、ここは展望が良く人気の山、8名程休憩されていた。
御嶽山や恵那山も良く見えた。
    御嶽山方面
191013-kagamiharaarupusu (38).JPG
    笠置山・恵那山方面
191013-kagamiharaarupusu (39).JPG
これから向かう迫間山など各務原アルプスの山も見えた。
191013-kagamiharaarupusu (41).JPG
少し休憩した後、急坂を下り、舗装路を歩いて行くと、迫間不動明王があった。
鳥居を潜って歩いて行き、迫間城跡の迫間山山頂に着いた。
191013-kagamiharaarupusu (47).JPG
ここからも、御嶽山方面の眺望は良かった。
191013-kagamiharaarupusu (49).JPG
一旦多賀峠まで下り、北尾根コースを歩いて行き、峠の辻手前の展望の良いところで振り返った。
金毘羅山や明王山が見えた。
191013-kagamiharaarupusu (55).JPG
峠の辻を通過し、四ツ辻に着いた。
191013-kagamiharaarupusu (57).JPG
今日は、大岩見晴台には行かず、各務野自然遺産の森へ下った。
自然遺産の森に着くと、花が見られた。
ゲンノショウコ(現の証拠)【フウロソウ科】
191013-kagamiharaarupusu (62).JPG
ミゾソバ(溝蕎麦)【タデ科】
191013-kagamiharaarupusu (68).JPG
アザミ(薊)【キク科】
191013-kagamiharaarupusu (65).JPG
ヤマハギ(山萩)【マメ科】
191013-kagamiharaarupusu (60).JPG
ベンチで休憩後、自然遺産の森を出て車道を少し歩き、八木山北登山口へ。
191013-kagamiharaarupusu (72).JPG
急坂を登り、尾根道を歩いて行き、岩が出てくると、前方に八木山が見えた。
展望の良い大岩に上がり、周りを眺めた。
    八木山
191013-kagamiharaarupusu (81).JPG
    双子山・愛宕山方面
191013-kagamiharaarupusu (78).JPG
    伊吹山方面
191013-kagamiharaarupusu (76).JPG
ここでランチタイムにしようと思ったが、木陰が無く暑いので、少し先の木陰で休憩した。
食後、岩場の道をしばらく歩くと、八木山山頂に到着した。
191013-kagamiharaarupusu (85).JPG
山頂には、7名程休憩されていた。
北尾根は誰にも会わず静かだったが、八木山も人気の山だ。
ここからの展望も良く、伊木山の奥に小牧山や名駅ビル群も見えていた。
191013-kagamiharaarupusu (88).JPG
ここでは休憩せず、先に進んだ。
すぐ先の岩場道は、スズメバチの巣があるようで通行止めになっていた。
里山では、この時期スズメバチの看板が目立つ。
双子山山頂は通過し、
191013-kagamiharaarupusu (90).JPG
上り下りの登山道が分かれた岩場の道を登ると、
191013-kagamiharaarupusu (91).JPG
愛宕山山頂に着いた。
191013-kagamiharaarupusu (94).JPG
愛宕山には、誰も見えなかった。
少し休憩後、西登山道を下って行った。
途中で、苧ヶ瀬池の眺めが良いところで、休憩されている男性がいた。
191013-kagamiharaarupusu (98).JPG
山腹を東へ下って行き、愛宕山登山口に着いた。
191013-kagamiharaarupusu (102).JPG
名鉄羽場駅まで歩いた。














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント