伊吹山~秋の花を探して~

2019年10月16日(水)   
191016-ibukiyama (21).JPG
センブリ(千振)【リンドウ科】
  草丈5~20cmの1年草~越年草。
  花は白色で5つに深く裂け、裂片には紫色の筋がある。
  強い苦味があり健胃薬として有名。
伊吹山(イブキヤマ) 1,377m
  滋賀県米原市、岐阜県揖斐川町・関ケ原町【長浜/関ヶ原】
  日本百名山、新・花の百名山、一等三角点百名山、日本百低山、関西百名山、近畿百名山、近江百山、東海の百山、ぎふ百山、都道府県別最高峰(滋賀県)
  山頂に、一等三角点(点名:伊吹山) 1,377.3m
  山頂に、日本武尊像がある。
👣今回のルート:伊吹登山口バス停(9:04-9:10)~1合目(9:33)~3合目(10:17-10:25)~5合目(10:41)~8合目(11:22-11:27)~日本武尊像(11:46)~山頂南側ベンチ(11:50-12:24)~伊吹山(12:26)~山頂駐車場(12:58)~びわこ展望台(13:21-13:26)~8合目(13:40)~5合目(14:14-14:19)~高屋(14:40)~お花畑散策~1合目(15:50-15:56)~伊吹登山口バス停(16:14)
🚌交通(行き):上飯田(6:41)-<市バス>-(7:14)名古屋駅・・名古屋(7:32)=<JR>=(8:09)大垣(8:13)==<JR>==(8:37)近江長岡・・・近江長岡駅(8:45)--<湖国バス>--伊吹登山口(9:04)
  (帰り):伊吹登山口(16:49)-<湖国バス>-(17:03)近江長岡駅・・近江長岡(17:09)=<JR>=(18:08)名古屋・・名古屋(18:16)=<地下鉄>=(18:40)上飯田
  名古屋 → 近江長岡 JR 1,170円
  近江長岡駅 → 伊吹登山口 湖国バス 370円

ようやく涼しくなって来たので、伊吹山へ秋の花を見に登って来た。
上野登山口から登って行き、1合目。
191016-ibukiyama (2).JPG
メハジキやゲンノショウコの赤・白花、ナギナタコウジュなどを見ながら登って行き、3合目手前で伊吹山の姿。
191016-ibukiyama (12).JPG
カンボクの赤い実が目立ち、ヤマラッキョウやセンブリも見られた。
3合目の園地で休憩後、伊吹山を眺め、
191016-ibukiyama (22).JPG
4合目で振り返って、3合目方面を眺めた。
191016-ibukiyama (25).JPG
5合目は休憩せず、
191016-ibukiyama (26).JPG
以前ほどの群落は無いが、リュウノウギクが見られるようになった。
イブキトリカブトも点々と見られた。
7合目も通過した。
191016-ibukiyama (33).JPG
イブキジャコウソウが、まだ頑張っていた。
8合目のベンチで休憩。
191016-ibukiyama (38).JPG
山頂登山道に合流し、びわこ展望台方面を眺めた。
191016-ibukiyama (40).JPG
山頂では、リンドウが咲いていた。
日本武尊像に到着した。
191016-ibukiyama (44).JPG
白山は良く見えていたが、御嶽山は雲の中だった。
山頂南側のベンチでランチタイムにした。
南弥勒堂から山小屋方面を眺め、
191016-ibukiyama (50).JPG
一等三角点にタッチ。
191016-ibukiyama (52).JPG
白山方面を眺めた。
191016-ibukiyama (53).JPG
191016-ibukiyama (61).JPG
花は期待できないが、久しぶりに東登山道を歩いて行き、東端のP1343から山頂方面を眺めた。
191016-ibukiyama (64).JPG
ツルキジムシロの黄色い花が、所々で咲いていた。
ドライブウエイ駐車場に降り、伊吹北尾根方面を眺めた。
191016-ibukiyama (70).JPG
西登山道を登って行き、途中で駐車場方面を眺めた。
191016-ibukiyama (77).JPG
びわこ展望台に立ち寄った。
    琵琶湖方面
191016-ibukiyama (79).JPG
    山小屋方面
191016-ibukiyama (80).JPG
    3合目方面
191016-ibukiyama (83).JPG
山頂登山道分岐へ戻り、登って来た道を下って行った。
4合目付近のススキ越しに琵琶湖方面を眺めた。
    ススキと琵琶湖方面
191016-ibukiyama (90).JPG
    ススキと霊仙山方面
191016-ibukiyama (98).JPG
3合目手前から寄り道し、高屋方面を散策した。
伊吹山を眺め、
191016-ibukiyama (102).JPG
オオマムシグサの実やイブキトリカブト、ヤマラッキョウは見られた。
茂った草の中を歩いて行き、高屋の日本武尊の祠に着いた。
191016-ibukiyama (106).JPG
お花畑散策路にも入って、散策した。
リンドウやセンブリがたくさん見られた。
シロヨメナ、ツリガネニンジン、ワレモコウ、ミズヒキなども咲いていた。
散策路を出て、登山口へ下っ行った。

出会った主な秋の花は、
センブリ(千振)【リンドウ科】
191016-ibukiyama (20).JPG
191016-ibukiyama (126).JPG
191016-ibukiyama (124).JPG
イブキトリカブト(伊吹鳥兜)【キンポウゲ科】
191016-ibukiyama (16).JPG
191016-ibukiyama (108).JPG
リンドウ(竜胆)【リンドウ科】
191016-ibukiyama (42).JPG
191016-ibukiyama (123).JPG
リュウノウギク(竜脳菊)【キク科】
191016-ibukiyama (32).JPG
191016-ibukiyama (74).JPG
シロヨメナ(白嫁菜)【キク科】
191016-ibukiyama (110).JPG
191016-ibukiyama (111).JPG
ヤマラッキョウ(山辣韭)【ユリ科】
191016-ibukiyama (9).JPG
ワレモコウ(吾木香)【バラ科】
191016-ibukiyama (114).JPG
ツリガネニンジン(釣鐘人参)【キキョウ科】
191016-ibukiyama (130).JPG
ヤマハッカ(山薄荷)【シソ科】
191016-ibukiyama (151).JPG
メハジキ(目弾き)【シソ科】
191016-ibukiyama (146).JPG
ゲンノショウコ(現の証拠)【フウロソウ科】赤
191016-ibukiyama (156).JPG
ゲンノショウコ(現の証拠)【フウロソウ科】白
191016-ibukiyama (24).JPG
オオマムシグサ(大蝮草)【サトイモ科】
191016-ibukiyama (103).JPG
カンボク(肝木)【スイカズラ科】
191016-ibukiyama (10).JPG














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント