弥勒山・大谷山・道樹山・西高森山~細野キャンプ場から周回、シデコブシ~

2020年3月26日(木)   
200326-mirokuyama (99).JPG
シデコブシ(四手辛夷)【モクレン科】
  高さ4~5mの落葉小高木。
  花は葉が展開する前に開き、径7~10cm。
  花弁は狭楕円形で12~18個、淡紅色~白色で紅色を帯び、縁は多少波打つ。
  雄しべと雌しべは多数ある。
弥勒山(みろくやま) 437m
  愛知県春日井市、岐阜県多治見市【瀬戸/高蔵寺】
  東海の百山、愛知の130山、続・ぎふ百山、愛知県の山、春日井三山
  山頂に、二等三角点(点名:廻間村) 436.6m
道樹山(どうじゅさん) 429m
  愛知県春日井市、岐阜県多治見市【瀬戸/高蔵寺】
  東海の百山、愛知の130山、愛知県の山、春日井三山
  山頂の東のピークに、四等三角点(点名:秋葉) 416.3m
大谷山(おおたにやま) 425m
  愛知県春日井市、岐阜県多治見市【瀬戸/高蔵寺】
  東海の百山、愛知県の山、春日井三山
西高森山(にしたかもりやま) 215m
  愛知県春日井市【瀬戸/高蔵寺】
  山頂に、四等三角点(点名:明知) 214.7m
👣今回のルート:細野バス停(8:07)~細野キャンプ場(8:26-8:37)~縁者不動の滝(8:46)~東海自然歩道・沢道分岐(9:07)~道樹山(9:19)~大谷山(9:32)~弥勒山(9:45-9:57)~県道・道標16(10:36)~西高森山(10:54-11:14)~道標5(11:31)~シデコブシ群生地(11:45-12:02)~築水の小屋(12:08)~春日井市緑化植物園ベンチ(13:02-13:12)~名鉄細野バス停(13:27)
🚌交通(行き):大曽根(7:24)==<JR>==(7:42)高蔵寺・・・高蔵寺駅北口(7:50)--<名鉄バス>--(8:07)細野
  (帰り):細野(13:33)--<名鉄>--(13:50)高蔵寺駅北口・・・高蔵寺(13:58)==<JR>==(14:14)大曽根
  大曽根 → 高蔵寺 JR 240円
  高蔵寺駅北口 → 細野 名鉄バス 310円

シデコブシの開花が聞かれたので、どこへ行こうか迷ったが、近場で築水池付近に咲いているようなので、春日井三山に登ってから見に行くことにした。
春日井三山は、これまで定光寺駅から東海自然歩道を歩いて行ったが、今回は、名鉄細野バス停から歩いて、細野キャンプ場から登ることにした。
200326-mirokuyama (1).JPG
道樹山へは、多くの人が尾根道で登っているが、沢道で登ることにした。
しばらく登って行くと、懐かしい二宮金次郎の像があった。
200326-mirokuyama (5).JPG
沢沿いに緩やかに登って行き、橋も渡った。
200326-mirokuyama (6).JPG
縁者不動の滝を見て、
200326-mirokuyama (8).JPG
すぐ先に、尾根道への分岐もあったが、そのまま真っすぐ登って行くと、東海自然歩道に合流した。
200326-mirokuyama (12).JPG
そこは、道樹山と大谷山の鞍部で、大谷山に近い位置だった。
道樹山へ向かうと、すぐに御嶽山の好展望地があった。
200326-mirokuyama (13).JPG
階段を下って、登り返すと、道樹山に着いた。
200326-mirokuyama (16).JPG
展望の無いところなので、神社に参拝し、すぐ引き返して大谷山へ。
200326-mirokuyama (17).JPG
大谷山山頂を通過した。
200326-mirokuyama (18).JPG
最後の急坂を頑張って弥勒山山頂に着いた。
200326-mirokuyama (20).JPG
山頂では多くのハイカーに出会った。
今日は、展望が良く、東方面には、乗鞍・御嶽・中央アルプス・恵那山が見え、北方面には、白山・能郷白山が見られた。
    乗鞍岳・御嶽山
200326-mirokuyama (22).JPG
    中央アルプス
200326-mirokuyama (23).JPG
    恵那山
200326-mirokuyama (24).JPG
    白山
200326-mirokuyama (27).JPG
    能郷白山
200326-mirokuyama (28).JPG
伊吹山も見られたが、少し霞んでいた。
しばらく休憩後、北方面へ標識31まで歩いた後、県道へ下った。
200326-mirokuyama (34).JPG
県道をしばらく歩き、標識16から西高森山へ向かった。
200326-mirokuyama (40).JPG
緩やかな道を、コバノミツバツツジを眺めながら歩いて行った。
コバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅)【ツツジ科】
200326-mirokuyama (41).JPG
200326-mirokuyama (42).JPG
広い道から外れて、一登りで西高森山山頂に着いた。
200326-mirokuyama (50).JPG
山頂には、四等三角点と立派な東屋があった。
山頂北側に行くと、木の間から白山が見られた。
200326-mirokuyama (48).JPG
東屋に戻って、南西方面を眺めながら、ベンチで昼食タイム。
200326-mirokuyama (47).JPG
休憩後は、築水池に向け、コバノミツバツツジを眺めながら下って行った。
200326-mirokuyama (53).JPG
200326-mirokuyama (54).JPG
200326-mirokuyama (55).JPG
お目当てのシデコブシを探しながら湿地付近も歩いたが、見つからず、築水池に着いた。
200326-mirokuyama (56).JPG
堰堤を渡って池の南側を歩くと、シデコブシの木があったが、まだ少ししか咲いていなかった。
200326-mirokuyama (58).JPG
丁度通りかかった人に、下の群生地に沢山咲いているよと教えてもらったので、堰堤の下へ行くと、シデコブシが沢山植えられていて、満開を迎えていた。
200326-mirokuyama (67).JPG
200326-mirokuyama (79).JPG
200326-mirokuyama (70).JPG
200326-mirokuyama (76).JPG
ここには、他にも沢山の花が植えられていて、名札も付いていた。
ニリンソウ、カタクリ、ミズバショウの花が見られた。
ニリンソウ(二輪草)【キンポウゲ科】
200326-mirokuyama (77).JPG
カタクリ(片栗)【ユリ科】
200326-mirokuyama (83).JPG
ミズバショウ(水芭蕉)【サトイモ科】
200326-mirokuyama (84).JPG
シデコブシをしっかり堪能したので、築水池の北側を歩いて帰ることにした。
築水の小屋の前から、弥勒山・大谷山方面を眺め、
200326-mirokuyama (86).JPG
周回散策路を歩いて行った。
木道が現れると、
200326-mirokuyama (97).JPG
そこにもシデコブシがたくさん見られた。
200326-mirokuyama (98).JPG
200326-mirokuyama (103).JPG
200326-mirokuyama (101).JPG
木道脇には、ハルリンドウも咲いていた。
ハルリンドウ(春竜胆)【リンドウ科】
200326-mirokuyama (94).JPG
200326-mirokuyama (106).JPG
周回散策路を出て、植物園に入ると、コブシが満開だった。
コブシはシデコブシに似ているが、花弁が6枚。(シデコブシは倍以上ある)
コブシ(辛夷)【モクレン科】
200326-mirokuyama (113).JPG
植物園のベンチで休憩後、細野バス停に向かった。

他に出会った花は、
ショウジョウバカマ(猩々袴)【ユリ科】
200326-mirokuyama (85).JPG
200326-mirokuyama (15).JPG
シハイスミレ(紫背菫)【スミレ科】
200326-mirokuyama (36).JPG





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント