鳩吹山・西山・土田山~犬山遊園駅から縦走、ニリンソウ群落~

2020年4月15日(水)   
200415-hatobikiyama (123).JPG
ニリンソウ(二輪草)【キンポウゲ科】
  草丈15~55cmの多年草。
  花は白色で、径2cm位で萼片は5~7枚。
  花柄は名のとおり2本ずつ出るものが多いが、1~3本まで変化がある。
  茎葉に柄がないのが、イチリンソウ、サンリンソウと識別のポイントになる。
鳩吹山(はとぶきやま) 313m
  岐阜県可児市【美濃加茂/小泉】
  東海の百山、愛知の130山
  山頂に、三等三角点(点名:天神山) 313.3m
西山(にしやま) 340m
  愛知県犬山市【岐阜/犬山】
  別名:両見山
  山頂に、四等三角点(点名:西山) 339.8m
土田山(どたさん) 172m
  岐阜県可児市【美濃加茂/小泉】
  土田城跡で、第一峰~第四峰がある
  最高峰は、第一峰(本丸跡) 172m
  第四峰(金子山出丸)に、四等三角点(点名:塩) 171.8m
👣今回のルート:犬山遊園駅(7:09)~不老公園(7:30)~桃太郎公園口(7:46)~橋を渡って尾根へ(8:07)~鉄塔(8:22)~石原ルート合流(8:44)~北廻り・石原ルート分岐(8:50)~西山(9:02)~第五展望台(9:09-9:13)~一休さん(9:25)~岩のテラス(9:35-9:51)~沢渡渉(10:09)~鳩吹山(10:50)~馬頭観音(11:17)~土田山登山口(11:27)~土田山一峰(11:37)~展望台(11:39-11:56)~土田山二峰(12:01)~土田山三峰(12:06)~土田山四峰(12:18-12:28)~イチリンソウ群生地(12:49-12:52)~ニリンソウ群生地(12:54-13:00)~大脇公民館(13:08)~可児川駅(13:20)
🚌交通(行き):上飯田(6:32)=<名鉄>=(7:03)犬山(7:08)=<名鉄>=(7:09)犬山遊園
  (帰り):可児川(13:36)=<名鉄>=(13:49)犬山(13:57)=<名鉄>=(14:28)上飯田
  上飯田 → 犬山遊園 名鉄 510円
  可児川 → 上飯田 名鉄 620円

先月は、鳩吹山へ大平山ルートから歩いたが、今回は桃太郎公園から、せせらぎルートで歩くことにした。
犬山遊園駅から、車に注意しながら車道脇を桃太郎公園まで歩いた。
200415-hatobikiyama (7).JPG
桃太郎公園トイレの横、桃太郎公園口の道標から入った。
すぐに、沢出合(滝見台)があり、滝の上で、沢を石飛で渡渉した。
200415-hatobikiyama (10).JPG
緩やかな沢沿いの道を歩いて行き、大平山への分岐を過ぎると、橋があった。
200415-hatobikiyama (12).JPG
ここから、せせらぎルートを離れ、橋を渡って、急斜面を登って行った。
少し道が緩やかになると、気持ち良い道になり、木々の向こうに大平山も見えていた。
200415-hatobikiyama (13).JPG
尾根に上がり、しばらく歩くと、鉄塔があり下を通過した。
200415-hatobikiyama (16).JPG
尾根道は、アップダウンもあったが、ゴマギやツツジが咲いていて、眺めながら歩いて行った。
二つ目の鉄塔まで来た。
200415-hatobikiyama (25).JPG
そこで振り返ると、歩いて来た尾根と、後方に継鹿尾山も見えていた。
200415-hatobikiyama (24).JPG
そして、石原-140道標で石原ルートに合流した。
200415-hatobikiyama (29).JPG
少し下って、登り返し、北廻りルートに入った。
200415-hatobikiyama (30).JPG
少し先のピークで伊吹山方面を眺めたが、伊吹山は霞んでいた。
200415-hatobikiyama (32).JPG
展望岩から下って登り返すと、西山山頂に着いた。
200415-hatobikiyama (35).JPG
山頂は、南側が切り開かれて、休憩スペースも出来ていた。
第五展望台に立ち寄った。
200415-hatobikiyama (36).JPG
御嶽山は目視できたが、霞んでいた。
200415-hatobikiyama (38).JPG
北回りルートに戻り、ヒカゲツツジの咲く岩場を下った。
200415-hatobikiyama (39).JPG
展望岩から、先ほど居た第五展望台を見上げ、
200415-hatobikiyama (41).JPG
一休さんに着くと、ハイカーが一人休憩されていた。
一息入れた後、下って行き、岩のテラスでコーヒータイムを取った。
200415-hatobikiyama (42).JPG
時々、木曽川方面の景色を眺めながら歩いて行き、
200415-hatobikiyama (46).JPG
200415-hatobikiyama (57).JPG
鳩吹山山頂に着いた。
200415-hatobikiyama (59).JPG
鳩吹山山頂や東屋には、家族連れのハーカーが多く見えたので、すぐ下山開始。
次に登る、土田山を眺めながら下って行った。
200415-hatobikiyama (61).JPG
馬頭観音を通り、
200415-hatobikiyama (65).JPG
大脇登山口の反対側から土田山へ登りかけたが、すぐに工事中通行止めの看板があり、引き返した。
200415-hatobikiyama (68).JPG
しかたなく、大脇公民館に回って遊歩道から入った。
カタクリの花がまだ咲いていたので眺め、すぐ先の登山口から登って行った。
200415-hatobikiyama (76).JPG
急坂を登って行き、土田山(一峰)山頂に着いた。
200415-hatobikiyama (77).JPG
北側の本丸跡の看板がある展望台へ行くと、荷揚げ用のレールが設置されていた。
200415-hatobikiyama (78).JPG
ここで鳩吹山を眺めながら昼食にした。
200415-hatobikiyama (80).JPG
休憩後、四峰まで縦走したが、途中で二人組のハイカーとすれ違った。
四等三角点のある四峰から下ろうとしたら、花探しに登って来た男性と会い、しばらく一緒に散策した後、遊歩道へ下った。
可児川沿いの遊歩道を歩いて行き、イチリンソウ群落とニリンソウ群落で花見をし、
    イチリンソウ群落(ニリンソウも多く咲いていた)
200415-hatobikiyama (114).JPG
    ニリンソウ群落
200415-hatobikiyama (122).JPG
大脇公民館まで戻った。
農道を歩いて、可児川駅へ向かった。

出会った花たちは。
カタクリ(片栗)【ユリ科】
200415-hatobikiyama (71).JPG
ホタルカズラ(蛍蔓)【ムラサキ科】
200415-hatobikiyama (94).JPG
ジュウニヒトエ(十二単)【シソ科】
200415-hatobikiyama (98).JPG
イチリンソウ(一輪草)【キンポウゲ科】
200415-hatobikiyama (115).JPG
ニリンソウ(二輪草)【キンポウゲ科】
200415-hatobikiyama (127).JPG
キクザキイチゲ(菊咲一華)【キンポウゲ科】
200415-hatobikiyama (125).JPG
ヒメウズ(姫鳥頭)【キンポウゲ科】
200415-hatobikiyama (96).JPG
フイリフモトスミレ(斑入麓菫)【スミレ科】
200415-hatobikiyama (75).JPG
ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)【シソ科】
200415-hatobikiyama (105).JPG
ヒカゲツツジ(日陰躑躅)【ツツジ科】
200415-hatobikiyama (21).JPG
ミツバツツジ(三葉躑躅)【ツツジ科】
200415-hatobikiyama (17).JPG
ヤマツツジ(山躑躅)【ツツジ科】
200415-hatobikiyama (19).JPG
ゴマギ(胡麻木)【スイカズラ科】
200415-hatobikiyama (15).JPG
ヤマブキ(山吹)【バラ科】
200415-hatobikiyama (86).JPG









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント