御池岳~エビネとクーさん、木和田尾からコグルミ谷~

2020年5月20日(水) のち  
200520-oikedake (28).JPG
クマガイソウ(熊谷草)【ラン科】
  草丈20~40cmの多年草。
  花は、茎頂に薄い肌色の袋状に紅い筋の入った大きな花(8cm前後)を横向きにつける。
  名前の由来は、源氏の名将、熊谷直実を連想したもの。
  これは、袋状の唇弁が流れ矢を防ぐために背負った母衣を思わせることによる。
御池岳(おいけだけ) 1,247m
  滋賀県東近江市【彦根東部/篠立】
  花の百名山、日本山岳標高1003山、日本の山1000、関西百名山、近畿百名山、近江百山、滋賀県の山、三重県の山、鈴鹿10座、鈴鹿50名山
  別称:御池、丸山
  山頂部は、テーブルランドと呼ばれ、丸山(1,247m)、奥の平(1,241m)、P1194、東端峰のピークがある。
👣今回のルート:西藤原駅(7:45)~簡易Pふじわら(8:09-8:13)~白瀬峠登山口(8:26)~R201鉄塔(9:34-9:37)~白瀬峠分岐(9:49)~冷川谷源流(9:59)~白瀬峠(10:13)~真ノ谷(10:31-10:42)~P1194(11:48)~東ボタンブチ(11:55-12:16)~東端峰(12:22)~ボタン岩(12:43)~ボタンブチ(12:51)~御池岳(13:03-13:11)~鈴北岳分岐(13:25)~七合目(13:34)~カタクリ峠(13:42)~長命水(13:53-13:56)~クマガイソウ群生地(14:15-14:19)~タテ谷分岐(14:22)~コグルミ谷登山口(14:34)~国道302冬季ゲート(15:29)~簡易Pふじわら(15:48-16:07)~西藤原駅(16:34)
🚌交通(行き):大曽根(5:53)==<JR>==(6:06)名古屋・・・近鉄名古屋(6:10)==<近鉄>==(6:37)近鉄富田(6:58)==<三岐鉄道>==(7:45)西藤原
  (帰り):西藤原(16:48)==<三岐鉄道>==(17:38)近鉄富田(17:56)==<近鉄>==(18:25)近鉄名古屋・・・名古屋(18:28)==<地下鉄>==(18:50)上飯田
  近鉄名古屋 → 近鉄富田 近鉄 570円
  近鉄富田 → 西藤原 三岐鉄道 560円

御池岳コグルミ谷のクマガイソウが、終盤を迎えているとの情報に、御池岳に登ることにした。
ルートは、木和田尾から真ノ谷へ下り、散策しながらテーブルランドへ登り、探し物が見つからなかったら、コグルミ谷を下る計画で。
西藤原駅から歩き、簡易パーキングふじわらに立ち寄った後、白瀬峠登山口から登り始めた。
200520-oikedake (1).JPG
谷道を登って行き、204号鉄塔の下から谷を離れて登って行くと、5合目道標に着いた。
200520-oikedake (3).JPG
子向井山からの尾根に上がって登って行くと、ヌタ場があり、ヤマツツジが咲いていた。
200520-oikedake (8).JPG
展望の良いR201号鉄塔に着いたが、伊吹山も雲に隠れていた。
霊仙山や笙ヶ岳は見えた。
    笙ヶ岳方面
200520-oikedake (10).JPG
    霊仙山方面
200520-oikedake (9).JPG
藤原岳・白瀬峠分岐から白瀬峠へ向かった。
200520-oikedake (11).JPG
冷川谷源流からヤブレガサの群落を眺めながら登って行き、
200520-oikedake (15).JPG
白瀬峠に着いた。
200520-oikedake (18).JPG
丁度、カタクリ峠方面から単独男性が到着され、藤原岳に向かわれた。
真ノ谷へブナ林を下って行った。
200520-oikedake (19).JPG
真ノ谷へ下り、テン場適地で休憩した。
200520-oikedake (21).JPG
休憩していると、上流から単独女性が見え、来たことがあるのに道に迷ったと言われ、しばらく同行することになった。
ここから、奥の平へ登る予定だったが、東ボタンブチへ行ったことが無いと言われたので、P1194目指して登って行った。
途中で、花を散策しながら登って行った。
ヌタ場に着くと、あと少し。
200520-oikedake (37).JPG
ピークが見えて来た。
200520-oikedake (38).JPG
P1194に到着した。
200520-oikedake (40).JPG
東ボタンブチで休憩するため、東方面へ緩やかに下って行き、東ボタンブチに着いた。
200520-oikedake (41).JPG
風を避けながら岩場の陰で、藤原岳方面を眺めて、昼食タイムを取った。
食事を終え、東端峰に行き、藤原岳方面を眺め、
200520-oikedake (44).JPG
テーブルランドの縁に沿って歩いて行き、土倉岳降り口、T字尾根降り口、青のドリーネを通り、東池に着いた。
200520-oikedake (48).JPG
ボタン岩に立ち寄って、T字尾根と天狗堂を眺めた。
200520-oikedake (49).JPG
幸助の池を通り、
200520-oikedake (50).JPG
ボタンブチに着いた。
200520-oikedake (52).JPG
隣の、天狗の鼻にも立ち寄って、
200520-oikedake (53).JPG
奥の平は、今日は展望が良くないので、パスして御池岳へ向かった。
御池岳山頂に着くと、登山者が5名見えた。
200520-oikedake (54).JPG
200520-oikedake (55).JPG
少し休憩後、カタクリ峠に向け、下って行った。
谷道を下って行き、御池岳・鈴北岳分岐に着いた。
200520-oikedake (57).JPG
県境稜線を越えて下って行き、カタクリ峠に到着。
200520-oikedake (67).JPG
お目当てのクーさんには、出会っているが、白瀬峠へは、登りもあるので、コグルミ谷を下ることにした。
長命水は、水が出ていた。
200520-oikedake (69).JPG
途中、終焉を迎えていたクーさんも見て、コグルミ谷登山口へ下った。
200520-oikedake (89).JPG
後は、足に堪える舗装路を2時間程歩いて、西藤原駅に着いた。

出会った花
クマガイソウ(熊谷草)【ラン科】
200520-oikedake (31).jpg
200520-oikedake (26).JPG
200520-oikedake (25).JPG
200520-oikedake (76).JPG
200520-oikedake (78).JPG
200520-oikedake (84).JPG
エビネ(海老根)【ラン科】
200520-oikedake (24).JPG
200520-oikedake (22).JPG
ヤマブキソウ(山吹草)【ケシ科】
200520-oikedake (86).JPG
ヒメレンゲ(姫蓮華)【ベンケイソウ科】
200520-oikedake (73).JPG
イワカガミ(岩鏡)【イワウメ科】
200520-oikedake (17).JPG
ニリンソウ(二輪草)【キンポウゲ科】
200520-oikedake (39).JPG
ヒメフウロ(姫風露)【フウロソウ科】
200520-oikedake (43).JPG
クルマムグラ(車葎)【アカネ科】
200520-oikedake (72).JPG
シロヤシオ(白八汐)【ツツジ科】
200520-oikedake (65).JPG




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント