南木曽岳~シャクナゲ裏年、蘭から周回~

2020年6月2日(火)   
200602-nagisodake (48).JPG
キョウマルシャクナゲ(京丸石楠花)【ツツジ科】
  ツクシシャクナゲの変種。
  樹高3~4mの常緑低木。
  淡いピンクの花を枝端に6-10個輪生状につけます。
  花冠は5裂、ときに6-7裂します。
  VU:絶滅危惧II類
南木曽岳(なぎそだけ) 1,679m
  長野県木曽郡木曽町【妻籠/南木曽岳】
  別名:泣きびそ岳、金時山、揚籠山
  日本三百名山、日本山岳標高1003山、日本の山1000、信州百名山、甲信越百名山、東海の百山、信州ふるさと120山、長野県の山、木曽三山、日本山岳遺産認定
  山頂に、二等三角点(点名:南木曽) 1,677.3m
  最高点は、三角点から北東100mの展望台 1,679m
👣今回のルート:南木曽岳山麓避難小屋(8:25-8:33)~木橋・堰堤(9:01)~登山道分岐(9:11)~金明水(9:31)~上の鎖場・迂回路(10:07-10:12)~南木曽岳(10:56-11:00)~展望台(11:02)~南木曽岳避難小屋(11:17)~女岩展望台(11:20-11:55)~摩利支天展望台分岐(12:16)~第一展望台(12:26-12:31)~登山道分岐(13:27)~木橋・堰堤(13:36-13:39)~南木曽岳山麓避難小屋(13:58)
🚌交通(行き):大曽根(6:25)==<JR>==(7:29)美乃坂本・・・美乃坂本駅前(7:32)--<車>--(8:25)南木曽岳山麓避難小屋
  (帰り):南木曽岳山麓避難小屋(14:05)--<車>--(14:56)美乃坂本駅前・・・美乃坂本(15:26)==<JR>==(16:23)大曽根・・・大曽根②(16:33)--<市バス>--(16:42)上飯田南町

久しぶりに、山友3名で蘭登山口から南木曽岳に登った。
山麓避難小屋前の駐車場に車を停め、遊歩道から入って行った。
200602-nagisodake (1).JPG
ヒメシャガが、昨夜の雨に濡れて咲いていた。
ヒメシャガ(姫射干)【アヤメ科】
200602-nagisodake (2).JPG
木橋・堰堤から山頂を眺めると、雲が覆っていた。
200602-nagisodake (4).JPG
付近には、カキドオシが咲いていた。
カキドオシ(垣通し)【シソ科】
200602-nagisodake (5).JPG
緩やかな登山道を登って行き、登山道分岐で左の登りコースに入る。
200602-nagisodake (6).JPG
金時の洞窟の横を通って、岩場を登って行くと、ギンリョウソウが見られた。
ギンリョウソウ(銀竜草)【イチヤクソウ科】
200602-nagisodake (7).JPG
昨夜は降ったが、最近あまり降ってないようで、金明水は枯れていた。
200602-nagisodake (8).JPG
シャクナゲ群生地に入って来たが、花どころか蕾も付いてない木が目立つ。
ようやく咲いているシャクナゲがあった。
ここのシャクナゲは、ツクシシャクナゲの変種でキョウマルシャクナゲというようだ。
キョウマルシャクナゲ(京丸石楠花)【ツバキ科】
200602-nagisodake (9).JPG
200602-nagisodake (14).JPG
200602-nagisodake (21).JPG
昨年は、この辺り一面咲いていたが、今年は探さないと見つからないぐらいだ。
上の鎖場・迂回路手前のベンチで休憩した。
200602-nagisodake (22).JPG
鎖場を登り、恵那山を眺めたが、雲に隠れていた。
イワカガミとツボスミレが、所々に見られるようになった。
イワカガミ(岩鏡)【イワウメ科】
200602-nagisodake (27).JPG
ツボスミレ(壷菫)【スミレ科】別名:ニョイスミレ
200602-nagisodake (25).JPG
ベニドウダンエリアに入ったが、全く花が見られなかった。
今年は、シャクナゲだけでなく、ドウダンツツジも花がついてない。
南アルプスが見える岩に上がると、南アルプスは見られた。
200602-nagisodake (28).JPG
その先の笹原に、ツクバネソウが咲いていた。
ツクバネソウ(衝羽根草)【ユリ科】
200602-nagisodake (30).JPG
二等三角点のある南木曽岳山頂に着いた。
200602-nagisodake (32).JPG
ここは展望が無いので、最高点の展望台に行き、御嶽山を眺めたが、山頂部は雲がかかっていた。
200602-nagisodake (33).JPG
避難小屋に向かうと、タケシマランが多く見られた。
タケシマラン(竹縞蘭)【ユリ科】
200602-nagisodake (36).JPG
前方に、避難小屋と中央アルプスが見えて来た。
200602-nagisodake (37).JPG
避難小屋には立ち寄らず、その先の女岩展望台で、昼食タイムにした。
200602-nagisodake (38).JPG
登山口で出会った御夫婦が休憩されていた。
天気が良く、風が気持ち良い。
眺望は、雲が少し邪魔していた。
    御嶽山・乗鞍岳方面
200602-nagisodake (39).JPG
    中央アルプス
200602-nagisodake (40).JPG
岩の上で
200602-nagisodake (43).JPG
休憩を終え、下山コースを歩いて行くと、
白い花のイワカガミが咲いていた。
ヒメイワカガミ(姫岩鏡)【イワウメ科】
200602-nagisodake (44).JPG
キョウマルシャクナゲも所々で見られ、
200602-nagisodake (49).JPG
200602-nagisodake (45).JPG
ミヤマシキミも咲いていた。
ミヤマシキミ(深山樒)【ミカン科】
200602-nagisodake (50).JPG
一旦下って、登り返すと、南アルプスが見える所があった。
200602-nagisodake (51).JPG
摩利支天展望台はパスして下って行き、第一展望台に立ち寄った。
    恵那山
200602-nagisodake (55).JPG
    南木曽岳山頂・摩利支天
200602-nagisodake (56).JPG
急坂を滑らないよう慎重に下って行くと、花を付けたサラサドウダンが見られた。
サラサドウダン(更紗満天星)【ツツジ科】
200602-nagisodake (62).JPG
さらに下ったところに、咲き始めたヤマツツジがあった。
ヤマツツジ(山躑躅)【ツツジ科】
200602-nagisodake (63).JPG
急坂を終え、登山道分岐に着いた。
木橋・堰堤で休憩し、見上げると、山頂が見えていた。
200602-nagisodake (64).JPG
林道脇には、ヒメシャガ、ジシバリ、ニガイチゴが咲いていた。
ジシバリ(地縛り)【キク科】別名:イワニガナ
200602-nagisodake (65).JPG
ニガイチゴ(苦苺)【バラ科】
200602-nagisodake (66).JPG
無事、駐車場に戻った。
JR美乃坂本駅まで送ってもらい、ホームから恵那山が見えていた。
200602-nagisodake (67).jpg



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント