御在所岳・鎌ヶ岳~本谷から長石谷~

2020年6月6日(土)   
200606-gozaisyo (29).JPG
御在所岳(ございしょだけ) 1,212m
  三重県菰野町、滋賀県東近江市【御在所山/御在所山】
  正式名は御在所山。
  日本二百名山、日本百低山、日本山岳標高1003山、日本の山1000、東海の百山、関西百名山、近畿百名山、三重県の山、鈴鹿50名山、鈴鹿7M、鈴鹿10座
  山頂に、一等三角点(点名:御在所山) 1,209.4m
  最高点は、望湖台 1,212m 
鎌ヶ岳(かまがたけ) 1,161m
  三重県菰野町、滋賀県甲賀市【亀山/伊船】
  別称:冠ヶ嶽
  日本の山1000、関西百名山、近畿百名山、近江百山、東海の百山、三重県の山、鈴鹿50名山、鈴鹿7M
👣今回のルート:旧三交湯の山温泉バス停(7:48)~御在所山の家(8:14-8:17)~不動滝(8:49-8:52)~畳岩(9:07-9:17)~大黒滝(9:29)~ジョーズ岩(9:41)~大黒岩(10:13-10:19)~一等三角点(10:42)~御在所岳(10:45)~峠登山道口(11:00)~天指岩(11:10)~武平峠(11:31)~鎌ヶ岳(12:31-13:05)~岳峠(13:14)~犬星大滝(14:10-14:15)~長石谷入口河原(15:03-15:25)~御在所ロープウエィ前バス停(15:50)
🚌交通(行き):大曽根(5:53)==<JR>==(6:06)名古屋・・・近鉄名古屋(6:10)==<近鉄>==(6:43)近鉄四日市(7:00)==<近鉄>==(7:28)湯の山温泉・・・近鉄湯の山温泉駅(7:40)--<タクシー>--(7:48)旧三交湯の山温泉バス停
  (帰り):湯の山温泉・御在所ロープウエィ前(16:14)--<三交バス>--(17:25)名鉄バスセンター・・・名古屋(17:32)==<地下鉄>==(18:00)上飯田
  近鉄名古屋 → 湯の山温泉 近鉄 870円
  御在所ロープウエィ前 → 名鉄バスセンター 三重交通 1,430円

久しぶりに本谷を登った。
近鉄湯の山温泉駅からのバスが、平常に戻っていると思っていたが、発車時刻になっても来ないので確認すると、まだ臨時運行になっていた。
丁度、同じ電車の男性が見えたので、声をかけてタクシーで入った。
御在所山の家横から、本谷コースへ入り、堰堤上から山頂方面を眺めた。
200606-gozaisyo (2).JPG
河原を歩いて行き、滑滝をいくつか超えていった。
200606-gozaisyo (5).JPG
200606-gozaisyo (7).JPG
200606-gozaisyo (10).JPG
所々に、オカタツナミソウが咲いていた。
オカタツナミソウ(丘立浪草)【シソ科】
200606-gozaisyo (8).JPG
200606-gozaisyo (17).JPG
不動滝に着いたが、滝の水が無かった。
200606-gozaisyo (14).JPG
不動滝を高巻きし、畳岩の上で休憩。
そこへ男性が登って見え、しばらく会話を交わす。
畳岩から二股を右へ入り、落石の谷を避けて登って行った。
200606-gozaisyo (19).JPG
大黒滝を見上げ、
200606-gozaisyo (21).JPG
大黒滝も高巻きし、急坂を登ると、ジョーズ岩が見えて来た。
200606-gozaisyo (23).JPG
ジョーズ岩は、潜らず越えて行き、その先の大岩で休憩し振り返った。
    白い鉄塔
200606-gozaisyo (26).JPG
登って行くと、タニウツギが咲き始めていて、タテヤマリンドウ、イワカガミも見られた。
タニウツギ(谷空木)【スイカズラ科】
200606-gozaisyo (27).JPG
タテヤマリンドウ(立山竜胆)【リンドウ科】
200606-gozaisyo (33).JPG
イワカガミ(岩鏡)【イワウメ科】
200606-gozaisyo (35).JPG
本谷を登り詰め、振り返った。
200606-gozaisyo (34).JPG
大黒岩方面へ、ロープを頼りによじ登り、大黒岩へ。
200606-gozaisyo (36).JPG
大黒岩には、大黒尾根を登って来た登山者が3名と、畳岩で出会った男性が見えた。
大黒岩からの眺望は、
    白い鉄塔方面
200606-gozaisyo (37).JPG
    鎌ヶ岳
200606-gozaisyo (39).JPG
鎌ヶ岳まで行く予定なので、ゆっくり休んでいられない。
ゲレンデを歩いて行き、
200606-gozaisyo (41).JPG
人の多い三角点を通過し、御在所岳山頂へ。
200606-gozaisyo (42).JPG
望湖台にも、人が多い。
200606-gozaisyo (44).JPG
峠道方面へ歩いて行くと、コナスビなどが見られた。
コナスビ(小茄子)【サクラソウ科】
200606-gozaisyo (49).JPG
タテヤマリンドウ(立山竜胆)【リンドウ科】
200606-gozaisyo (47).JPG
カマツカ(鎌柄)【バラ科】
200606-gozaisyo (51).JPG
峠道に入り、下って行くと、天指岩。
200606-gozaisyo (52).JPG
武平峠まで下った。
200606-gozaisyo (55).JPG
鎌ヶ岳へ登って行くと、サラサドウダンとベニドウダンが見られた。
サラサドウダン(更紗満天星)【ツツジ科】
200606-gozaisyo (62).JPG
ベニドウダン(紅満天星)【ツツジ科】
200606-gozaisyo (65).JPG
三ツ口尾根分岐から少し登った展望地で休憩し、
    雨乞岳
200606-gozaisyo (64).JPG
    鎌ヶ岳
200606-gozaisyo (63).JPG
緑の中にヤマツツジが目立っていた。
ヤマツツジ(山躑躅)【ツツジ科】
200606-gozaisyo (71).JPG
三ツ口谷分岐から御在所岳を眺め、
200606-gozaisyo (73).JPG
迂回路で鎌ヶ岳山頂に着いた。
200606-gozaisyo (76).JPG
北側の岩場は、涼しい風が吹いていたので、昼食タイムにした。
下山は、長石谷を下ることにした。
鎌尾根を眺め、
200606-gozaisyo (78).JPG
岳峠へ下って行った。
200606-gozaisyo (79).JPG
長石谷を下って行くと、オカタツナミソウ、コナスビ、アマドコロなどが見られた。
オカタツナミソウ(丘立浪草)【シソ科】
200606-gozaisyo (81).JPG
アマドコロ(甘野老)【ユリ科】
200606-gozaisyo (84).JPG
犬星大滝に立ち寄って休憩。
200606-gozaisyo (86).JPG
何度も渡渉しながら下って行った。
    小滝
200606-gozaisyo (87).JPG
    淵
200606-gozaisyo (88).JPG
最後に、シライトソウの群落があった。
シライトソウ(白糸草)【ユリ科】
200606-gozaisyo (89).JPG
長石谷入口の河原で休憩し、水で体を冷やしてからバス停に向かった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント