金毘羅山・明王山・迫間山・城山・勝山・陰平山~うぬまの森から南・北尾根ルートで周回~

2021年1月11日(月)祝 のち一時  
210111-myououzan (58).JPG
金毘羅山(こんぴらやま) 383m
  岐阜県各務原市・関市【岐阜/犬山】
  東海の百山、各務原(関南)アルプス
  山頂に、二等三角点(点名:鵜沼村) 383.0m
明王山(みょうおうざん) 384m
  岐阜県各務原市・関市・坂祝町【岐阜/犬山】
  各務原(関南)アルプス
迫間山(はざまやま) 309m
  岐阜県関市【岐阜/美濃関】
  各務原(関南)アルプス
  迫間城跡
城山(しろやま) 265m
  岐阜県坂祝町【岐阜/美濃関】
  別名:猿啄城展望台
  各務原(関南)アルプス
  猿啄城跡で展望台がある
勝山(かつやま) 284m
  岐阜県坂祝町【岐阜/美濃関】
  山頂に、四等三角点(点名:城山) 284.1m
陰平山(かげひらやま) 241m
  岐阜県各務原市【岐阜/犬山】
  山頂東のピークに、四等三角点(点名:宝積寺) 237.6m
👣今回のルート:名鉄新鵜沼駅(8:42)~合戸池(9:02)~ふるさと眺望の丘(9:08-9:11)~展望塔広場(9:19)~陰平山(9:22)~センターハウス(9:39-9:44)~明王山・城山分岐(10:27)~城山(10:49-10:52)~猿啄城展望台登山口(11:07)~北尾根登山口(11:08)~北尾根17号鉄塔(11:23-11:45)~勝山(11:57)~北尾根コース出口(12:18)~迫間山(12:31)~多賀坂峠(12:44-12:47)~どうだんのみち入口(12:56)~健脚のみち入口(13:02)~金毘羅山(13:29)~明王山(13:40-14:00)~金毘羅山分岐(14:16)~センターハウス(14:38-14:43)~名鉄新鵜沼駅(15:05)
🚌交通(行き):上飯田(8:01)==<名鉄>==(8:32)犬山(8:38)==<名鉄>==(8:42)新鵜沼
  (帰り):新鵜沼(15:11)==<名鉄>==(15:15)犬山(15:27)==<名鉄>==(15:58)上飯田
  上飯田→新鵜沼 名鉄 510円

雪山が続いていたが、天気が今一だったので、里山を歩くことにした。
城山から明王山の南北尾根を歩くルートで、後は歩きながら決めることにした。
新鵜沼駅から歩き始め、合戸池に立ち寄ると、空はどんより曇っていた。
陰平山に登るため、まず、ふるさと眺望の丘に登り、東屋から伊木山方面を眺めた。
210111-myououzan (1).JPG
展望台に向かう途中で、平和観音像に立ち寄った。
210111-myououzan (2).JPG
すぐに、展望台のある展望塔広場に着いた。
210111-myououzan (3).JPG
ここも展望の良いところだが、展望台には登らず、伊木山方面を眺めて通過した。
210111-myououzan (5).JPG
平坦な道を、しばらく歩くと、陰平山山頂標識があった。
210111-myououzan (7).JPG
そのまま真っすぐ進み、東端の四等三角点(点名:宝積寺)にも立ち寄った。
210111-myououzan (8).JPG
少し戻って、しばらく舗装路を歩いたが、舗装路には雪が残っていて滑りやすく歩きにくかった。
途中で舗装路から離れて下って行き、センターハウスのトイレに立ち寄った。
しばらく石畳の中山道を歩いた後、アルプスハイキングコースへ入った。
210111-myououzan (10).JPG
緩やかなアップダウンはあるが、ほとんど平坦な道を歩いて行ったが、金毘羅山分岐からは急坂になった。
登りきると、分岐の稜線に出て、猿啄城展望台へ向かった。
210111-myououzan (12).JPG
尾根を気持ち良く歩いて行ったが、南側の木々が所々切られて見通しが良くなっていた。
鉄塔の下を通過し、
210111-myououzan (14).JPG
前方に猿啄城展望台が見える所から急降下した。
210111-myououzan (17).JPG
登り返すと、猿啄城展望台に着いた。
210111-myououzan (28).JPG
ここで昼食休憩の予定だったが、家族連れなどハイカーが見えたので、蜜を避けて展望台に上がり写真だけ撮った。
    鳩吹山方面
210111-myououzan (24).JPG
    陰平山・伊木山方面
210111-myououzan (27).JPG
    御嶽山
210111-myououzan (26).JPG
    これから歩く北尾根
210111-myououzan (20).JPG
展望台では休憩せず、所々に雪の残る登山道を慎重に下って行った。
赤い橋を渡ると、登山口に着いた。
210111-myououzan (31).JPG
すぐ先の登山者駐車場は満車だった。
北尾根登山口は、この駐車場だ。
210111-myououzan (32).JPG
北尾根は、緩やかな登りで歩きやすかった。
紅白の鉄塔に着くと、展望も良かったので、鉄塔の土台に腰を掛けて昼食タイムにした。
210111-myououzan (33).JPG
猿啄城展望台を眺めながら。
210111-myououzan (35).JPG
東側には、御嶽山も頭を出していた。
北尾根は、今まで静かだったが、周回で歩く人が増えたのか、数人とすれ違った。
勝山の四等三角点(点名:城山)を通過した。
210111-myououzan (37).JPG
少し急なところを登って、雪の付いた岩場を越えると、
210111-myououzan (40).JPG
北尾根ルートも終わり、舗装路に出た。
210111-myououzan (41).JPG
明王山は後にして、迫間山へ向かうが、舗装路は雪で滑りそうだったので、いつもの山道を通ってから舗装路へ。
迫間八方不動明王の奥の院を通過して、
210111-myououzan (42).JPG
迫間城跡の迫間山に着いた。
210111-myououzan (44).JPG
当初は、引き返して金毘羅山から南尾根を下ろうと思っていたが、多賀坂峠から南ルートへ下り、健脚のみちで金毘羅山へ登り返すことにした。
多賀坂峠に着き、下る道に迷ったが、
210111-myououzan (47).JPG
標識の野鳥の森方面へ下った。
岩場もあり、面白い道だったが、すぐに南ルートへ降りた。
210111-myououzan (48).JPG
どうだんのみち標識から登って行くと、
210111-myououzan (50).JPG
神ノ手があり、
210111-myououzan (51).JPG
舗装路の多賀坂林道に出た。
横断して階段を登り、健脚のみちへ入った。
210111-myououzan (53).JPG
この道も前半は緩やかな歩きやすい道だったが、最後に急坂が待っていた。
登りきると、金毘羅神社のある金毘羅山に着いた。
210111-myououzan (54).JPG
明王山の電波塔を見ながら歩いて行くと、
210111-myououzan (57).JPG
電波塔の周りの日陰は凍っており、慎重に歩いて、明王山山頂に着いた。
210111-myououzan (59).JPG
山頂からの眺望は、
    鳩吹山・猿啄城展望台方面
210111-myououzan (61).JPG
    各務原アルプス(迫間山・金山方面)
210111-myououzan (64).JPG
    笠置山・恵那山方面
210111-myououzan (67).JPG
    御嶽山
210111-myououzan (68).JPG
しばらく休憩し、14時になったので、下山開始。
猿啄城展望台への分岐から、朝来た道を戻って行った。
うぬまの森のセンターハウス前で小休憩後、歩道を歩いて行き、
210111-myououzan (69).JPG
合戸池に再度立ち寄った。
210111-myououzan (70).JPG
新鵜沼駅まで歩いて電車で帰った。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント