納古山・遠見山・権現山~遠見山から縦走、トリプルツツジ~

2020年4月9日(木)   
200409-nokoyama (143).JPG
ヒカゲツツジ(日陰躑躅)【ツツジ科】
  高さ1~2mの常緑低木。
  花は枝先に2~4個、散形状につく。
  花冠は漏斗状鐘形、淡黄色で径4~5cm。
  5中裂し、上側の裂片内側に緑色の濃色の斑点がある。
  花柄は長さ1~1.5mm、円形の鱗状毛が散生する。
  雄しべは10本、花糸の下部に白色の軟毛が散生する。
  花柱は無毛、子房には円形の鱗状毛が密生する。
納古山(のこやま) 633m
  岐阜県川辺町・七宗町【金山/上麻生】
  東海の百山、続・ぎふ百山、岐阜県の山
  山頂に、二等三角点(点名:岩戸山) 633.0m
遠見山(とおみやま) 260m
  岐阜県川辺町【金山/上麻生】
  下麻生城跡
  2019年2月登山道整備
  山頂に、秋葉神社の祠がある
権現山(ごんげんやま) 397m
  岐阜県川辺町【金山/上麻生】
  別名:御嶽山、麻生権現山
  山頂に、三等三角点(点名:笠ヶ谷) 396.8m
  山頂に、御嶽神社の祠、摩利支天石碑、夫婦岩
👣今回のルート:下麻生駅(7:46)~飛騨川橋(7:57)~四等三角点(8:06)~星神社参道入口(8:08)~星神社(8:14-8:17)~電波塔広場(8:23)~権現山(8:45-8:47)~夫婦岩(8:49)~第二展望台(8:54-8:56)~権現山(9:00)~電波塔広場(9:15)~遠見山登山口(9:39)~P246(9:56)~見晴らし岩(10:04-10:06)~遠見山(10:12)~遠見岩(10:16)~中電66号鉄塔(10:27)~鞍部(11:11)~小牧谷分岐の鉄塔(11:34)~納古口・小牧谷分岐(12:26)~納古山(12:34-12:37)~西尾根入口のベンチ(12:39-12:57)~初級・中級コース分岐(13:03)~第二展望台(13:12-13:15)~天空岩展望台(13:22)~最後の水場(13:30-13:34)~中級コース登山口(13:47)~上麻生駅(14:08)
🚌交通(行き):上飯田(6:32)==<名鉄>==(7:03)犬山(7:08)==<名鉄>==(7:12)新鵜沼・・・鵜沼(7:18)==<JR>==(7:46)下麻生 
  (帰り):上麻生(14:49)==<JR>==(15:09)美濃太田(15:30)==<JR>==(15:41)鵜沼・・・新鵜沼(15:48)==<名鉄>==(15:52)犬山(15:57)==<名鉄>==(16:28)上飯田
  上飯田 → 新鵜沼 名鉄 510円
  鵜沼 → 下麻生 JR 420円
  上麻生 → 鵜沼 JR 510円

2月に初めて遠見山に登った時、納古山へ縦走できそうだったので挑戦することにした。
下麻生駅から歩き、飛騨川橋まで来たが、遠見山に登る前に反対側の権現山にも登ることにした。
飛騨川橋を渡って歩いて行き、星神社参道入口手前にある四等三角点(点名:本郷)に立ち寄った。
200409-nokoyama (5).JPG
星神社参道入口(御嶽山登山口)から登り始めた。
200409-nokoyama (8).JPG
400段を越える石段を登って行き、鳥居を二つ通ると星神社に着いた。
200409-nokoyama (10).JPG
南方面へ行くと、虚空蔵菩薩堂や三層塔があった。
200409-nokoyama (20).JPG
そのまま南へ歩いて林道に合流し、電波塔広場に着いた。
満開の桜の先に権現山。
200409-nokoyama (22).JPG
林道から整備された登山道を登って行き、振り返ると、奥に納古山も見えていた。
200409-nokoyama (24).JPG
山頂手前に第一展望台があり立ち寄った。
200409-nokoyama (28).JPG
すぐに、御嶽神社祠があり、三等三角点(点名:笠ヶ谷)もある権現岳山頂に着いた。
200409-nokoyama (31).JPG
山頂を東へ行くと、夫婦岩があり、
200409-nokoyama (38).JPG
さらに奥へ行くと、石碑「天之御中主大神」があり、御嶽山が見えるようだ。
200409-nokoyama (39).JPG
山頂に戻り、西へ行くと、第二展望台があった。
200409-nokoyama (42).JPG
再度、山頂に戻り、来た道を下って行った。
200409-nokoyama (45).JPG
電波塔広場まで下り、星神社へは行かず、林道を下り、飛騨川橋まで戻って来た。
200409-nokoyama (60).JPG
国道を渡って、遠見山登山口のトンネルを潜り、
200409-nokoyama (63).JPG
階段の急坂を登り、分岐からP249へ向かった。
200409-nokoyama (65).JPG
絶壁の上の岩場を歩き、先ほど登った権現山方面を眺めた。
200409-nokoyama (67).JPG
P249で行き止まりなので折り返し、岩場を歩いて戻った。
200409-nokoyama (73).JPG
見晴らし岩に立ち寄り、
200409-nokoyama (75).JPG
見晴らし岩から東方面を眺め、小休憩。
200409-nokoyama (76).JPG
城池を通り、
200409-nokoyama (84).JPG
秋葉神社祠のある、遠見山山頂に着いた。
200409-nokoyama (80).JPG
城池まで戻って、すぐ西にある遠見岩にも立ち寄った。
200409-nokoyama (85).JPG
巡視路を北へ歩いて行き、66号鉄塔を通過し、
200409-nokoyama (90).JPG
65号鉄塔分岐から巡視路を離れた。
道は不明瞭になり、少し迷ったが、前方にこれから向かう鉄塔が見える所を下った。
200409-nokoyama (101).JPG
急降下して鞍部まで下り、登り返しのところに読解不明の石柱があった。
200409-nokoyama (103).JPG
そこで、小休憩後、登り返したが、歩きやすい道がついていて、トラバース気味に左山で登って行った。
稜線に上がると、33号鉄塔の標識があり、少し歩くと小牧谷分岐でもある33号鉄塔に着いた。
200409-nokoyama (109).JPG
ここからまた道が不明瞭になったが、尾根を歩いて行き、一度下った後、急坂を登って行くと、納古口からの道と合流した。
200409-nokoyama (113).JPG
くぐり松を潜り、
200409-nokoyama (114).JPG
納古山山頂に着いた。
200409-nokoyama (116).JPG
山頂からは、御嶽山や白山が見られた。
200409-nokoyama (117).JPG
200409-nokoyama (119).JPG
山頂のアカヤシオも、かなり咲いていた。
200409-nokoyama (121).JPG
山頂には多くのハイカーが休憩されていたので、西尾根入口のベンチに移動した。
ここは、アカヤシオが多く一番きれいなところだ。
200409-nokoyama (129).JPG
ここで軽く昼食にした。
下山は中級コースにした。
第二展望台に着くと、20数名の団体さんが登って来たので、御嶽山方面を眺めてしばらく待った。
200409-nokoyama (146).JPG
天空岩から御嶽山を眺め、
200409-nokoyama (154).JPG
水場で休憩し、顔を洗い、
200409-nokoyama (155).JPG
中級コース登山口へ下山した。
林道を歩いて上麻生駅に着くと、丁度特急「飛騨」が駅を通過するところだった。
200409-nokoyama (160).JPG

今日、出会った花は。
アカヤシオ(赤八汐)【ツツジ科】
200409-nokoyama (128).JPG
200409-nokoyama (123).JPG
200409-nokoyama (129).JPG
200409-nokoyama (138).JPG
ヒカゲツツジ(日陰躑躅)【ツツジ科】
200409-nokoyama (88).JPG
200409-nokoyama (145).JPG
200409-nokoyama (96).JPG
ミツバツツジ(三葉躑躅)【ツツジ科】
200409-nokoyama (136).JPG
200409-nokoyama (100).JPG
200409-nokoyama (93).JPG
ギンリョウソウ(銀竜草)【イチヤクソウ科】
200409-nokoyama (105).JPG
シハイスミレ(紫背菫)【スミレ科】
200409-nokoyama (52).JPG
タチツボスミレ(立坪菫)【スミレ科】
200409-nokoyama (57).JPG
カントウマムシグサ(関東蝮草)【サトイモ科】
200409-nokoyama (53).JPG
ショウジョウバカマ(猩々袴)【ユリ科】
200409-nokoyama (58).JPG
カキドオシ(垣通し)【シソ科】
200409-nokoyama (62).JPG
ミヤマハコベ(深山繁縷)【ナデシコ科】
200409-nokoyama (159).JPG
タムシバ(田虫葉)【モクレン科】
200409-nokoyama (112).JPG
ヤマザクラ(山桜)【バラ科】
200409-nokoyama (55).JPG
200409-nokoyama (157).JPG




"納古山・遠見山・権現山~遠見山から縦走、トリプルツツジ~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント