御池岳・冷川岳・子向井山~木和田尾から周回、花めぐりが新雪歩きに~

2019年3月18日(月)   
画像

御池岳(おいけだけ) 1.247m
  滋賀県東近江市【彦根東部/篠立】
  別名:御池、丸山
  花の百名山、日本山岳標高1003山、日本の山1000、関西百名山、近畿百名山、近江百山、滋賀県の山、三重県の山、鈴鹿50名山、鈴鹿10座
  南北約3km、東西数百mの広い平らな空母のような山容の山頂部は「テーブルランド」と呼ばれている。
  山頂部には、多くのドリーネの池とカレンフェルトが点在するカルスト地形が見られる。
冷川岳(ひやかわだけ) 1,054m
  滋賀県東近江市、三重県いなべ市【彦根東部/篠立】
  別名:荷ヶ岳
  白瀬峠とカタクリ峠の中間に座する小ピーク。
子向井山(こむかいやま) 647m
  三重県いなべ市【彦根東部/篠立】
  鈴鹿300山
  木和田尾の中間に座する小ピーク。
👣今回のルート:西藤原駅(7:15)~藤原簡易P(7:41-7:44)~白瀬峠山口登山口(7:57)~5合目道標(8:45)~R201鉄塔(9:12-9:16)~白瀬峠分岐(9:27)~白瀬峠(9:52-9:59)~真ノ谷(10:17-10:24)~P1194(11:25-11:28)~東ボタンブチ(11:36-12:19)~東端峰(12:25)~T字尾根下降点(12:31)~青のドリーネ(12:38)~ボタン岩(12:45)~幸助の池(12:49)~ボタンブチ(12:54)~奥の平(13:05-13:18)~御池岳(13:29-13:34)~御池岳・鈴北岳分岐(13:50)~カタクリ峠(14:07-14:12)~冷川岳(14:38)~白瀬峠(14:47)~白瀬峠分岐(15:03)~R200鉄塔(15:07)~坂本谷(15:20-15:43)~子向井山(16:07)~204鉄塔(16:18)~巡視路入口(16:40-16:50)~藤原簡易P(16:58-17:08)~西藤原駅(17:36)
🚌交通(行き):大曽根(5:23)==<JR>==(5:35)名古屋・・・近鉄名古屋(5:50)==<近鉄>==(6:18)近鉄富田(6:20)==<三岐鉄道>==(7:15)西藤原
  (帰り):西藤原(17:51)==<三岐鉄道>==(18:36)近鉄富田(16:36)==<近鉄>==(19:06)近鉄名古屋・・・名古屋(19:10)==<地下鉄>==(19:30)上飯田:
  近鉄名古屋 → 近鉄 富田 近鉄 560円
  近鉄富田 → 西藤原 三岐鉄道 520円

天気が良かったので、御池岳まで足を延ばして花散策する予定だったが、昨日雪が降ったようで、山は白くなっていた。
白瀬峠山口登山口から登り初め、途中で節分草群生地に立ち寄った。
画像

画像

ここの節分草は、終盤なのか雪の為か、少し元気が無かった。
木和田尾を登って行くと、白瀬峠分岐辺りから、雪道になった。
画像

先行者のトレースもあり、白瀬峠分岐からのトラバースもアイゼン無しで歩いて行けた。
白瀬峠に着くと、頭陀ヶ平方面からのトレースもあったが、真ノ谷へ下ったトレースは無く、冷川岳方面へ向かっていた。
画像

少し迷ったが、積雪は少ないので、谷を真っ直ぐ下らず、トラバース道で真ノ谷へ向かった。
画像

何度か歩いているので、登山道が雪で隠れていても迷わず下って行った。
画像

真ノ谷を渡渉し、休憩した。
画像

テーブルランドへ向け、歩きやすい所を登って行った。
画像

斜面は、所々土が見えていたが、泥道にはなっていなかった。
雪も新雪で柔らかく、アイゼンを付けても利かないだろう。
後半は少しバテ気味になったが、ゆっくり登って行った。
目指すP1194は、もうすぐだ。
画像

P1194に到着した。
画像

今日の一番乗りかと思いきや、トレースがあった。
東ボタンブチ方面からのもので、先行者がテーブルランドを周回したのだろう。
東ボタンブチへ向かうと、トレースは、東端峰方面から来ていて、東ボタンブチへのトレースは無かった。
東ボタンブチに行き、そこで昼食タイムにした。
画像

先月2日に来た時と同じように、風も無く日差しも暖かかった。
さらに今日は、遠望が楽しめた。
白山・乗鞍岳・御嶽山・中央アルプスが見えていた。
    能郷白山・白山
画像

    乗鞍岳・御嶽山
画像

    中央アルプス
画像

    藤原岳・竜ヶ岳方面
画像

    藤原岳をバックに
画像

眺望を楽しみながら休憩した後、テーブルランドを歩いて丸山へ向かった。
東端峰からも眺望を楽しみ。
画像

T字尾根下降点を通り。
画像

青のドリーネも立ち寄った。
画像

ボタン岩からT字尾根・天狗堂を眺め。
画像

凍っている幸助の池も立ち寄った。
画像

ボタンブチに着き。
画像

隣の亀の頭に似た、天狗の鼻を眺めて、
画像

奥の平へ登って行った。
画像

奥の平の東方面を少し散策し、
画像

御池岳山頂に着いた。
画像

今日は珍しく誰にも出会っていなかった。
登山者はトレースで数人確認できたが、見かけた人も無かった。
鈴北岳分岐まで、谷コースにトレースがあったので、トレースを追って下った。
画像

少し踏み抜きそうなところもあったが、分岐まで下った。
画像

後は、夏道でカタクリ峠まで下って行った。
画像

冷川岳への登り返しが少しきつかったが、冷川岳山頂に着いた。
画像

白瀬峠に戻って来た。
画像

R200鉄塔から坂本谷へ下って、福寿草を見て帰ることにした。
画像

日が陰っていたので、花も全開では無かったが、2週間前よりかなり多く、葉も出ていた。
画像

画像

画像

画像

雪の残る場所にも、沢山咲き始めていた。
画像

画像

画像

少し下っていたので、左岸へ渡る場所を探し、何とか渡った。
トラバース気味に登って行き、登山道に復帰した。
尾根分岐から谷道へ行かず、直進して子向井山を越えて行った。
画像

204号鉄塔、205号鉄塔を通り、巡視路入口に無事下山した。
用水路で靴の泥を洗い、藤原簡易Pに立ち寄ってから西藤原駅まで歩いた。














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック