横山岳~花の山、ホワイトロードを楽しむ~

2019年5月8日(水)   
画像

横山岳(よこやまだけ) 1,132m
  滋賀県長浜市【横山・美濃川上】
  関西百名山、近畿百名山、近江百山
  山頂に、二等三角点(点名:横山岳) 1,131.7m
  ピークは、山頂(西峰)と東峰(1,130m)
👣今回のルート:杉野農協前バス停(9:04-9:08)~白谷小屋(9:34-9:40)~太鼓橋(10:22)~経ノ滝(10:37-10:43)~五銚子ノ滝(11:19-11:47)~山頂まで30m標識(12:52)~横山岳(13:09)~東峰(13:34-13:41)~横山岳(13:59-14:06)~望横展望台(14:38-14:43)~鳥越峠(15:02)~コエチ谷分岐(15:03)~林道終点(15:20)~コエチ谷登山口(15:30)~杉野農協前バス停(15:56)
🚌交通(行き):平安通(6:04)=<地下鉄>=(6:20)金山・・金山(6:39)=<JR>=(7:18)大垣(7:25)=<JR>=(8:00)米原(8:03)=<JR>
  =(8:35)木ノ本・・木ノ本駅(8:38)-<湖国バス>-(9:04)杉野農協前
  (帰り):杉野農協前(16:25)-<湖国バス>-(16:52)木ノ本駅・・木ノ本(17:15)=<JR>=(17:42)米原(17:46)=<JR>=(18:18)大垣(18:23)=<JR>=(19:03)金山・・金山(19:07)=<地下鉄>=(19:24)平安通(19:29)=<地下鉄>=(19:30)上飯田
  金山 → 木ノ本 JR 1,940円
  木ノ本駅 → 杉野農協前 湖国バス 590円

今年も、花の横山岳に登ることにした。
花の多い白谷本流コースで登り、山頂稜線をピストンした後、三高尾根コースで下ることにした。
木ノ本駅からのバスで杉野農協前バス停で降りると、山開き登山会の看板が掲げられていた。
画像

網谷林道を歩いて行くと、前方に横山岳が見えて来た。
画像

コエチ谷登山口を過ぎると、すぐに白谷登山口の白谷小屋に着いた。
画像

白谷本流コースは、しばらく林道を歩いて行くが、オドリコソウ、ホウチャクソウ、カキドオシ、クサイチゴなど、登山口から沢山の花が迎えてくれた。
オドリコソウ(踊り子草)【シソ科オドリコソウ属】
画像

ホウチャクソウ(宝鐸草)【ユリ科チゴユリ属】
画像

カキドオシ(垣通し)【シソ科カキドオシ属】
画像

クサイチゴ(草苺)【バラ科キイチゴ属】
画像

ウマノアシガタやシャクも咲いていた。
林道から登山道に入り、沢沿いに花を楽しみながら登って行った。
エビネも見られたが、まだ咲き始めたところだった。
エビネ(海老根)【ラン科エビネ属】
画像

イチリンソウやヒメウツギは所々に見られた。
イチリンソウ(一輪草)【キンポウゲ科イチリンソウ属】
画像

ヒメウツギ(姫空木)【ユキノシタ科ウツギ属】
画像

シャクは一面に咲いていた。
シャク(杓)【セリ科シャク属】
画像

一旦林道に上がると、ヒメレンゲが山の斜面を覆っていた。
ヒメレンゲ(姫蓮華)【ベンケイソウ科マンネングサ属】
画像

林道を少し歩いて、太鼓橋からまた白谷へ入った。
画像

ラショウモンカズラが随所に見られた。
ラショウモンカズラ(羅生門蔓)【シソ科ラショウモンカズラ属】
画像

渡渉を繰り返して登って行くと、経ノ滝に着いた。
画像

少し休憩後、滝を高巻きし、登って行くと、ニリンソウの群落が見られるようになった。
ニリンソウ(二輪草)【キンポウゲ科イチリンソウ属】
画像

画像

ヤマブキソウもまだ残っていた。
ヤマブキ(山吹)【バラ科ヤマブキ属】
画像

五銚子ノ滝に着き、ここで昼食にした。
画像

すると、下から声が聞こえ、10名程の消防団員が登って来た。
新人の訓練だろうか?少し休憩して登って行かれた。
滝を高巻きして行くが、ここから急登が続いた。
滝の上には、ヤマルリソウやミヤマキケマン、クルマムグラが見られた。
ヤマルリソウ(山瑠璃草)【ムラサキ科ルリソウ属】
画像

ミヤマキケマン(深山黄華鬘)【ケシ科キケマン属】
画像

急坂を登って行くと、フデリンドウやトキワイカリソウが見られるようになった。
フデリンドウ(筆竜胆)【リンドウ科リンドウ属】
画像

トキワイカリソウ(常盤碇草)【メギ科イカリソウ属】
画像

ヤマシャクヤクは、登山道沿いに時々見られるようになったが、花が散ったものが多かった。
しかし、少し入ったところに群生している所があった。
ヤマシャクヤク(山芍薬)【ボタン科ボタン属】
画像

画像

画像

ユウシュンランは、見つけることが出来なかった。
頂上まで300m標識に着いた時は、かなり時間がかかってしまった。
画像

ここからは花も少なく、山頂まで一気に登って行った。
画像

山頂では休憩せず、東峰へ向かった。
東峰への稜線には、タムシバが見られた。
タムシバ(田虫葉)【モクレン科モクレン属】
画像

画像

もちろんイワナシもあった。
イワナシ(岩梨)【ツツジ科イワナシ属】
画像

稜線の途中で振り返り、西峰・余呉湖方面を眺めた。
画像

東峰に到着した。
画像

白山が見えた。
画像

イワウチワを探しに、東尾根方面へ少し下った。
ほとんど花が散っていたが、少し見られた。
イワウチワ(岩団扇)【イワウメ科イワウチワ属】
画像

以前は、トクワカソウと言われていたが、小屋の花一覧表は、イワウチワになっていた。
今日は、東尾根を下らないで、三高尾根で下山するため、西峰に戻った。
画像

三高尾根を下って行くと、チゴユリやムラサキヤシオが見られた。
チゴユリ(稚児百合)【ユリ科チゴユリ属】
画像

ムラサキヤシオツツジ(紫八汐躑躅)【ツツジ科ツツジ属】
画像

このツツジも、これまではユキグニミツバツツジ(雪国三葉躑躅)だと思っていたが、小屋の一覧表にはムラサキヤシオツツジになっていた。
展望台で休憩した。
画像

急坂を下って、鳥越峠に着くと、林道が整備されていた。
画像

鳥越峠から少し登り返し、コエチ谷分岐から下って行った。
急坂を下り、林道を歩いて、コエチ谷登山口から網谷林道へ出てバス停まで歩いた。

その他、見られたは、
ウマノアシガタ(馬之脚形)【キンポウゲ科キンポウゲ属】
ムラサキケマン(紫華鬘)【ケシ科キケマン属】
コンロンソウ(崑崙草)【アブラナ科タネツケバナ属】
ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)【シソ科オドリコソウ属】
ミヤマタネツケバナ(深山種漬花)【アブラナ科タネツケバナ属】
ワサビ(山葵)【アブラナ科ワサビ属】
エンレイソウ(延齢草)【ユリ科エンレイソウ属】
ホクリクネコノメ(北陸猫の目)【ユキノシタ科ネコノメソウ属】
クルマムグラ(車葎)【アカネ科ヤエムグラ属】
ユキザサ(雪笹)【ユリ科ユキザサ属】
ニシキゴロモ(錦衣)【シソ科キランソウ属】
ヒトリシズカ(一人静)【センリョウ科チャラン属】
ハクサンハタザオ(白山旗竿)【アブラナ科ヤマハタザオ属】
ミヤマハコベ(深山繁縷)【ナデシコ科ハコベ属】
タチツボスミレ(立坪菫)【スミレ科スミレ属】
ニョイスミレ(如意菫)【スミレ科スミレ属】
ヤブレガサ(破れ傘【キク科ヤブレガサ属】
ヤブヘビイチゴ(藪蛇苺)【バラ科ヘビイチゴ属】



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2019年05月20日 10:42
こんにちは!
一週間違いで花数も増えたようですが、やはり、ユウシュンランは無かったようですね。以前は、二か所に咲いていたんですが残念です。

この記事へのトラックバック