納古山~コアジサイ、シソバタツナミソウ~

2019年6月6日(木)   
画像

納古山(のこやま) 633m
  岐阜県川辺町・七宗町【金山・上麻生】
  東海の百山
  山頂に、二等三角点(点名:岩戸山) 633.0m
👣今回のルート:上麻生駅(7:52-7:57)~中級コース登山口(8:27)~最後の水場(8:52-8:55)~天空岩展望台(9:09)~第二展望台(9:21)~納古山(9:39-10:00)~塩の道分岐(10:27)~木作谷渡渉点(10:38)~塩の道分岐(10:56)~大牧谷方面分岐(11:18-11:22)~尾根コース登山口(11:42)~上麻生駅(12:08)
🚌交通(行き):上飯田(6:32)=<名鉄>=(7:03)犬山(7:08)=<名鉄>=(7:12)新鵜沼・・鵜沼(7:18)=<JR>=(7:52)上麻生 
  (帰り):上麻生(12:44)=<JR>=(13:07)美濃太田(13:30=<JR>=(13:41)鵜沼・・新鵜沼(13:48)=<名鉄>=(13:52)犬山(13:57)=<名鉄>=(14:28)上飯田
  上飯田 → 新鵜沼 名鉄 500円
  鵜沼 → 上麻生 JR 500円

明日にも梅雨入りしそうなので、天気が良いうちにと、手軽に登れる納古山へ出かけた。
上麻生駅から林道を歩いて行くと、ウツギやコアジサイが咲いていた。
ウツギ(空木)【ユキノシタ科ウツギ属】
画像

コアジサイ(小紫陽花)【ユキノシタ科アジサイ属】
画像

中級コースから登って行くと、塩の道までコアジサイが沢山見られた。
画像

画像

画像

天空岩展望台へ着いたが、御嶽山は霞んでいたし、恵那山も見えなかった。
画像

登って行くと、ホワイトロックミラー(白花岩鏡)の群生地があったが、花は終わっていた。
画像

第二展望台を過ぎ、初級コースとの合流点付近には、タカネママコナやモチツツジが咲いていた。
タカネママコナ(高嶺飯子菜)【ゴマノハグサ科ママコナ属】
画像

モチツツジ(餅躑躅)【ツツジ科ツツジ属】
画像

納古山山頂に到着した。
画像

画像

今日は天気は良いが、霞んでいて眺望は良くなかった。
しかし、御嶽山は、微かに見えた。
画像

日差しが強く、山頂の温度計は30度を示していた。
木陰で休憩し、展望も良くないので、早々に下山することにした。
初級コースを下って行くと、ツルアリドオシが咲いていた。
ツルアリドオシ(蔓蟻通し)【アカネ科ツルアリドオシ属】
画像

塩の道分岐から時間があったので木作谷方面へ沢まで散策に下った。
沢の付近には、タニギキョウ、コナスビ、シソバタツナミソウが咲いていた。
タニギキョウ(谷桔梗)【キキョウ科タニギキョウ属】
画像

コナスビ(小茄子)【サクラソウ科オカトラノオ属】
画像

シソバタツナミソウ(紫蘇葉立浪草)【シソ科タツナミソウ属】
画像

塩の道分岐に戻り、塩の道を歩いて行くと、シソバタツナミソウが沢山咲いていた。
画像

画像

その先は、コアジサイロードになり、両脇にコアジサイが咲いていた。
まだ、これからもっと沢山咲くでしょう。
画像

画像

塩の道から尾根コースで林道へ下り、上麻生駅まで歩いた。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック