納古山・遠見山~絶景とセリバオウレン、大牧谷で下麻生~

2020年2月28日(金)   
200228-nokoyama (34).JPG
納古山(のこやま) 633m
  岐阜県川辺町・七宗町【金山/上麻生】
  東海の百山、続・ぎふ百山、岐阜県の山
  山頂に、二等三角点(点名:岩戸山) 633.0m
遠見山(とおみやま) 260m
  岐阜県川辺町【金山/上麻生】
  下麻生城跡
  2019年2月登山道整備
  山頂に、秋葉神社の祠がある
👣今回のルート:上麻生駅(7:52)~中級コース登山口(8:13)~最後の水場(8:25-8:30)~天空岩展望台(8:44)~第二展望台(8:55)~納古山(9:11-9:30)~塩の道分岐(9:52)~木作谷(10:01)~塩の道分岐(10:36)~大牧谷方面分岐(10:55)~林道入口(11:30)~遠見山登山口(11:50)~見晴らし岩(12:03-12:35)~P246(12:42)~遠見山(12:51-12:54)~遠見岩(12:56)~中電66号鉄塔(13:08)~P323(13:18)~見晴らし岩(13:43-13:52)~遠見山登山口(14:02)~下麻生駅(14:14)
🚌交通(行き):上飯田(6:32)=<名鉄>=(7:03)犬山(7:08)=<名鉄>=(7:12)新鵜沼・・鵜沼(7:18)=<JR>=(7:52)上麻生 
  (帰り):下麻生(14:55)=<JR>=(15:09)美濃太田(15:30=<JR>=(15:41)鵜沼・・新鵜沼(15:48)=<名鉄>=(15:52)犬山(15:57)=<名鉄>=(16:28)上飯田
  上飯田 → 新鵜沼 名鉄 510円
  鵜沼 → 上麻生 JR 510円
  下麻生 → 鵜沼 JR 420円

セリバオウレンの開花の情報もあり、天気も良かったので納古山に登ることにした。
さらに、大牧谷コースを歩いて下麻生方面へ下山し、昨年登山道が整備された低山ながら岩山の遠見山に登ることにした。
中級コースを登って行き、天空岩に着くと、御嶽山の山頂部が見えていた。
200228-nokoyama (4).JPG
第二展望台まで来ると、
200228-nokoyama (9).JPG
御嶽山がハッキリ見えるようになった。
200228-nokoyama (11).JPG
順調に登って行き、山頂直下は回り込んで東側から山頂に着いた。
200228-nokoyama (21).JPG
山頂は、360度の展望地、白山は雲がかかっていたが、他は良く見えていた。
眺望を楽しみながらコーヒータイム。
    乗鞍岳・御嶽山
200228-nokoyama (22).JPG
    御嶽山
200228-nokoyama (31).JPG
    笠置山・恵那山
200228-nokoyama (35).JPG
    中央アルプス
200228-nokoyama (23).JPG
    伊吹山方面
200228-nokoyama (26).JPG
    飛騨川・南方面
200228-nokoyama (27).JPG
    白山方面
200228-nokoyama (20).JPG
下山は初級コースで下って行った。
途中で御嶽山を眺め、
200228-nokoyama (42).JPG
塩の道分岐から木作谷へ下った。
200228-nokoyama (44).JPG
木作谷の沢まで下ってから、塩の道分岐へ戻り、塩の道を歩いて行った。
200228-nokoyama (62).JPG
大牧谷方面分岐から、初めて大牧谷コースを歩いた。
林道終点の登山口までは、そんなに長くなかった。
200228-nokoyama (64).JPG
しかし、その後の林道歩きは長かった。
巨岩の脇も通り、
200228-nokoyama (66).JPG
舗装工事が終わったばかりの林道入口に着いた。
200228-nokoyama (67).JPG
右前方には、これから登る岩山の遠見山が見えた。
200228-nokoyama (69).JPG
途中でJR高山本線の踏切があった。
200228-nokoyama (72).JPG
踏切を渡ろうとしたら、電車通過の鐘がなり、特急「ひだ」が通過した。
200228-nokoyama (75).JPG
遠見山(P246・見晴らし岩・山頂)を下から眺めた。
200228-nokoyama (78).JPG
遠見山入口のトンネルが見えた。
200228-nokoyama (82).JPG
入口には、登山道案内図があった。
200228-nokoyama (81).JPG
狭いトンネルを潜り、整備された急坂の階段を登って行った。
200228-nokoyama (84).JPG
見晴らし岩に着き、ベンチで昼食タイムにした。
展望は、ここからが一番のようだ。
    東方面
200228-nokoyama (87).JPG
    南方面
200228-nokoyama (89).JPG
    山頂方面(奥に納古山)
200228-nokoyama (91).JPG
見晴らし岩に乗って。
200228-nokoyama (94).JPG
食事を終え、P246へ向かった。
200228-nokoyama (98).JPG
岩の道を歩いて行き振り返った。
200228-nokoyama (105).JPG
P246の先には、ロープと注意書きがあり、進入禁止になっていた。
200228-nokoyama (99).JPG
来た道を見晴らし岩方面へ戻って行った。
200228-nokoyama (104).JPG
見晴らし岩手前の分岐から山頂へ向かい、城池に着いた。
200228-nokoyama (106).JPG
小屋の横を通り、秋葉神社の祠がある山頂へ。
200228-nokoyama (107).JPG
山頂からは、東方面の眺望があった。
200228-nokoyama (110).JPG
木々の間から先ほど休憩していた、見晴らし岩が見えた。
200228-nokoyama (111).JPG
城池まで戻り、すぐ先の遠見岩へ。
200228-nokoyama (114).JPG
岩の下にベンチが置かれ、南方面が望めた。
登山道案内図には、ここまでだが、北方面へ巡視路が延びていたので、時間の許す限り行って見た。
少し先のピークから、
200228-nokoyama (117).JPG
納古山がよく見えた。
200228-nokoyama (118).JPG
さらに先へ進むと、中電の66号鉄塔に着いた。
200228-nokoyama (119).JPG
東方面に真っ白い山が見えた。
200228-nokoyama (120).JPG
後で確認したら、中央アルプスの熊沢岳から空木岳のようだ。
あと10分程先へ行けそうで、P323まで行けるかな?
巡視路標識から右折してしばらく進み、大きく下り始めたところで引き返したが、丁度そこがP323だった。
200228-nokoyama (121).JPG
来た道を引き返していき、少し時間があったので見晴らし岩に戻ってコーヒータイムにした。
そこへ単独女性が登って見え、P246へ向かわれた。
休憩後、一気にトンネルまで下った。
200228-nokoyama (126).JPG
駅へ向かう道路から見上げると、P246の南側が見えた。
200228-nokoyama (127).JPG
下麻生駅に着き、電車に乗って帰途。
200228-nokoyama (128).JPG

出会った花は、
セリバオウレン(芹葉黄連)【キンポウゲ科】
200228-nokoyama (56).JPG
200228-nokoyama (47).JPG
200228-nokoyama (52).JPG
200228-nokoyama (53).JPG
200228-nokoyama (59).JPG


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント