金毘羅山・明王山・迫間山・八木山・双子山・愛宕山・陰平山・表平山~うぬまの森からアルプスコースを歩き、八木三山へ~

2020年4月23日(木) のち一時  
200423-myoouyama (32).JPG
ヤマイワカガミ(山岩鏡)【イワウメ科】
  草丈10~20cmの常緑の多年草。
  花は花茎の先に白色の花を5~10個付ける。花冠は径1~1.5cm。
  ヒメイワカガミに比べると鋸歯の数が多く、尖っている。
金毘羅山(こんぴらやま) 383m
  岐阜県各務原市・関市【岐阜/犬山】
  東海の百山、各務原(関南)アルプス
  山頂に、二等三角点(点名:鵜沼村) 383.0m
明王山(みょうおうざん) 384m
  岐阜県各務原市・関市・坂祝町【岐阜/犬山】
  各務原(関南)アルプス
迫間山(はざまやま) 309m
  岐阜県関市【岐阜/美濃関】
  各務原(関南)アルプス
  迫間城跡
八木山(やぎやま) 296m
  岐阜県各務原市【岐阜/犬山】
  東海の百山、八木三山
双子山(ふたごやま) 247m
  岐阜県各務原市【岐阜/犬山】
  八木三山
愛宕山(あたごやま) 268m
  岐阜県各務原市【岐阜/犬山】
  八木三山
  山頂に、四等三角点(点名:愛宕山) 268.5m
陰平山(かげひらやま) 241m
  岐阜県各務原市【岐阜/犬山】
  山頂東のピークに、四等三角点(点名:宝積寺) 237.6m
表平山(おもてひらやま) 157m
  岐阜県各務原市【岐阜/犬山】
👣今回のルート:新鵜沼駅(6:40)~合戸池(6:59)~眺望の丘(7:11)~展望塔広場(7:18-7:21)~陰平山(7:23)~四等三角点(7:26)~中山道・表平山分岐(7:52)~表平山(8:04)~アルプスハイキングコース合流(8:57)~金毘羅山分岐(8:28)~金毘羅山(8:59-9:03)~明王山(9:10-9:23)~迫間山(9:40)~多賀坂峠(9:54)~P300(10:07-10:10)~四ツ辻(10:16)~展望台(10:22)~各務野自然遺産の森入口(10:43)~八木山北登山口(10:45)~八木山(11:31-11:46)~双子山(11:56)~愛宕山(12:13)~愛宕山西登山口(12:35-12:38)~羽場駅(12:51)
🚌交通(行き):上飯田(6:01)==<名鉄>==(6:33)犬山(6:36)==<名鉄>==(6:40)新鵜沼
  (帰り):羽場(12:55)==<名鉄>==(13:03)犬山(13:12)==<名鉄>==(13:43)上飯田
  上飯田→新鵜沼 名鉄 510円
  羽場→上飯田 名鉄 570円

一週間ぶりに里山を歩いた。
新鵜沼駅からうぬまの森を目指して歩いて行き、合戸池からこれから目指す、金毘羅山・明王山を眺めた。
200423-myoouyama (1).JPG
アルプスコースに入る前に、うぬまの森を散策する為、すぐ山道に入った。
登って行くと、眺望の丘があり、東屋から伊木山方面を眺めた。
200423-myoouyama (5).JPG
平和の像を通り、展望塔広場に着いた。
200423-myoouyama (7).JPG
展望塔に上ったが、御嶽山は雲の中だった。
広場に降り、ツツジ越しに伊木山・木曽川方面を眺めた。
200423-myoouyama (9).JPG
緩やかな道を歩いて行くと、陰平山の標識があり、山頂のようだ。
200423-myoouyama (10).JPG
さらに東へ歩いて行くと、東端に四等三角点(点名:宝積寺)があった。
200423-myoouyama (12).JPG
谷へ下って行き、橋を渡ると、東海自然歩道に出た。
自然歩道を少し下ると、表平山への登り口があった。
200423-myoouyama (17).JPG
スミレなどの花を見ながら登って行くと、東屋があり、標識は無いが表平山山頂のようだ。
200423-myoouyama (25).JPG
西方面へ緩やかに下って行くと、アルプスコースに合流した。
200423-myoouyama (26).JPG
緩やかなアップダウンの道を歩いて行き、急坂手前で金毘羅山への未整備と書かれた山道へ入った。
途中に、ヤマイワカガミの群落があり、しばし鑑賞。
南尾根ルートに合流し、金毘羅山山頂に着いた。
200423-myoouyama (38).JPG
御嶽山は雲の中だったが、電波塔がある明王山は、すぐ前に見えた。
200423-myoouyama (41).JPG
金毘羅神社の前を通り、舗装路と並行している山道を歩いて行った。
200423-myoouyama (42).JPG
明王山山頂に着いた。
200423-myoouyama (43).JPG
山頂からの眺望が良いところだが、今日は霞んでいた。
アルプスコースを眺めると、金山の反射板が目に付いた。
200423-myoouyama (45).JPG
急坂を下り、舗装路を歩いて行くと、八方不動山頂の鳥居があった。
200423-myoouyama (49).JPG
鳥居を潜り、真っすぐ歩いて行くと、迫間城跡の迫間山山頂に着いた。
200423-myoouyama (51).JPG
北コースを歩いて行き、峠の辻手前でトラバースでなく、P300に立ち寄った。
200423-myoouyama (59).JPG
峠の辻へ下り、その先の四ツ辻から大岩見晴台はパスして、健脚の道で下ることにした。
200423-myoouyama (63).JPG
途中の展望台から八木三山方面を眺めた。
200423-myoouyama (64).JPG
各務野自然遺産の森へ下り、ひすい池に立ち寄って、入口へ。
200423-myoouyama (66).JPG
車道を少し歩くと、八木山北登山口に着いた。
200423-myoouyama (69).JPG
登山口には、これまで無かったが、手作りの立派な杖が常備されていた。
戻らないので、杖を借りなかったが、欲しくなるようなものだった。
急坂やアップダウンのある北尾根を歩いて行くと展望岩があり、岩の上から八木山を眺めた。
200423-myoouyama (74).JPG
ここから山頂までは、岩道の気持ち良い尾根歩きになった。
八木山山頂に到着した。
200423-myoouyama (78).JPG
山頂には、駒ヶ嶽大権現・御嶽大権現の石碑があった。
200423-myoouyama (79).JPG
空模様が怪しくなってきたが、ここで昼食タイムにした。
食べ終わるころ、パラパラと来たので、急いで出発した。
雨は傘をさすほどではなかったので、そのまま歩いて行き、双子山山頂を通過した。
200423-myoouyama (80).JPG
愛宕山手前の登り、下りが分かれた岩場の道に来た。
200423-myoouyama (81).JPG
岩場の道を登って行き、愛宕山山頂に着いた。
200423-myoouyama (83).JPG
休憩せず、西登山道を下って行った。
途中で、愛宕山北側ピークの岩場や、
200423-myoouyama (86).JPG
苧ヶ瀬池を眺め、
200423-myoouyama (87).JPG
登山道脇のモチツツジも眺めながら、
200423-myoouyama (88).JPG
西登山口に無事下山した。
200423-myoouyama (91).JPG

出会った花は、
ヤマイワカガミ(山岩鏡)【イワウメ科】
200423-myoouyama (31).JPG
イワカガミ(岩鏡)【イワウメ科】
200423-myoouyama (71).JPG
ジシバリ(地縛り)【キク科】
200423-myoouyama (23).JPG
シャガ(射千)【アヤメ科】
200423-myoouyama (16).JPG
ヒカゲツツジ(日陰躑躅)【ツツジ科】
200423-myoouyama (47).JPG
モチツツジ(餅躑躅)【ツツジ科】
200423-myoouyama (3).JPG
ヤマツツジ(山躑躅)【ツツジ科】
200423-myoouyama (56).JPG
ミツバツツジ(三葉躑躅)【ツツジ科】
200423-myoouyama (70).JPG
マルバアオダモ(丸葉あおだも)【モクセイ科】
200423-myoouyama (76).JPG
ガマズミ(がまずみ)【スイカズラ科】
200423-myoouyama (55).JPG





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント